科学

世界初の深海探査レースの第1ラウンドが28日から開始、日本チーム「KUROSHIO」が最終点検…優勝賞金は4億円!

投稿日:

1: プティフランスパン ★
 《 深さ数千メートルの深海に眠る貴重な海底資源の開発につなげようと開かれる、世界初の深海探査レースの第1ラウンドが28日始まるのを前に、日本のチーム「KUROSHIO」がレース用に開発した水中探査ロボットの最終点検の様子を報道陣に公開しました。

 世界初の深海探査レースは、アメリカの財団「Xプライズ」が開いているもので、ことし10月、水深4000メートルの深海で、24時間以内に東京ドーム5000個分を超える広さの海底地図を作る性能を競い合い、優勝チームには4億円を超える賞金が贈られます。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

3fb8db87
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180126/k10011304381000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_005 
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1516969406/
続きを読む

続きを読む

-科学

執筆者:


関連記事

バク転ロボットを開発したボストン・ダイナミクスの新型はひとりでドアを開けられる!

1: 岩海苔ジョニー ★
 《 いつかこの日が来ることはわかっていた。Boston DynamicのスリムになったSpot Miniが、今度はドアの開け方を覚えた —— 使っているのが腕なのか顔なのかは、見る人次第。  チームがGoogleからSoftbankに代わったあともバイラルなロボットマ…

2070年までに、人類の身体はすべてロボットパーツで代替可能に…ロボット工学専門家が予測!

1: ニライカナイφ ★
 《 ロボット工学専門家のクリス・ミドルトン氏がこのほど大胆な未来予測を発表。氏はその中で「早くとも2070年までに我々の身体はすべてロボットパーツで代替可能になるだろう」と言及。我々人類にとってこれが明るい未来になり得るのか、注目を集…

これがコンピューターのインターフェース?プログラム可能な液体をMITが開発!

1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [SE]
 《 雨のしずくにも似た、鮮やかな泡。これがコンピューターのインターフェースだなんて、誰が信じられるだろうか。MIT Media LabのTangible Media Groupが開発したのは、プログラム可能な液体。  泡状の物体の本質はプリント回…

傷口を縫い合わせるのはもう古い、手早く装着できる次世代の絆創膏「microMend」!

1: しじみ ★
 《 手術後などのタイミングで傷口をふさぐ際には、縫合や医療用ステープラーといった手法が使われますが、同じような作用ながら絆創膏のように簡単につけられ、メリットも多い革新的な器具が開発されました。microMendと呼ばれるこの器具は、 すでに臨床研…

原子層鉄系高温超伝導体で有効質量ゼロのディラック電子を発見…東北大学!

1: 名無しさん@涙目です。(禿) [JP]
 《 東北大学大学院理学研究科の中山耕輔助教、佐藤宇史教授、同大学材料科学高等研究所の高橋隆教授らの研究グループは、原子層鉄系高温超伝導体において、質量ゼロの性質を持つ「ディラック電子」を発見しました。  この成果は、…



まつ毛育毛剤通販