科学

世界初の深海探査レースの第1ラウンドが28日から開始、日本チーム「KUROSHIO」が最終点検…優勝賞金は4億円!

投稿日:

1: プティフランスパン ★
 《 深さ数千メートルの深海に眠る貴重な海底資源の開発につなげようと開かれる、世界初の深海探査レースの第1ラウンドが28日始まるのを前に、日本のチーム「KUROSHIO」がレース用に開発した水中探査ロボットの最終点検の様子を報道陣に公開しました。

 世界初の深海探査レースは、アメリカの財団「Xプライズ」が開いているもので、ことし10月、水深4000メートルの深海で、24時間以内に東京ドーム5000個分を超える広さの海底地図を作る性能を競い合い、優勝チームには4億円を超える賞金が贈られます。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

3fb8db87
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180126/k10011304381000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_005 
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1516969406/
続きを読む

続きを読む

-科学

執筆者:


関連記事

米粒よりも小さい世界最小のコンピュータが製造される…幅はわずか0.3ミリ!

1: しじみ ★
 《 米ミシガン大学の学者たちが、米粒よりも小さいコンピュータを製造した。同コンピュータの幅はわずか0.3ミリ。これまで世界最小とされていたIBMが製造したコンピュータの大きさは1ミリ。  新コンピュータは今のところ電源が切れた際にプログラ…

図書館にサイバーダイン社製のロボットスーツ「HAL」を試験導入へ…腰への負担を軽減!

1: ガーディス ★
 《 毎日大量の本を運ぶ職員の腰への負担を軽減しようと、茨城県つくば市立中央図書館(つくば市吾妻2)が今月から、動作を補助するロボットスーツを試験導入した。職員からは「作業が楽になった」と好評で、来年度以降の本格導入も検討する。  導…

SF映画で見る、生き物のようなソフトマシン開発の重要な手がかりに…アメーバのように変化する物質の合成に成功!

1: しじみ ★
 《 東京大学大学院工学系研究科の吉田亮教授と小野田実真大学院生らの研究グループは、流動性を大きく振動させながらひとりでに液体(ゾル)になったり擬固体(ゲル)になったりする、アメーバのような液体の創製に世界で初めて成功しました。  将来的には…

これがコンピューターのインターフェース?プログラム可能な液体をMITが開発!

1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [SE]
 《 雨のしずくにも似た、鮮やかな泡。これがコンピューターのインターフェースだなんて、誰が信じられるだろうか。MIT Media LabのTangible Media Groupが開発したのは、プログラム可能な液体。  泡状の物体の本質はプリント回…

トヨタが第3世代のヒューマノイドロボット「T-HR3」を発表…分身のように遠隔操作が可能!

1: ばーど ★
 《 トヨタ自動車株式会社は、第3世代のヒューマノイドロボットT-HR3を公表した。トルク(力)を制御するトルクサーボモジュールと、全身を自在に操るマスター操縦システムなどにより、操縦者はT-HR3にかかる外からの力を感じながら、操縦者と同じ動きをT-HR…





まつ毛育毛剤通販