映画

大ヒット映画「ロボコップ(1987)」の続編が準備進行中!

投稿日:

1: 名無しさん@涙目です。(茸) [GB]
 《 ポール・バーホーベン監督による大ヒット映画「ロボコップ(1987)」の続編が企画されているようだ。

 英エンパイアによれば、1987年のオリジナル版「ロボコップ」の脚本を手がけたエドワード・ニューマイヤーが、MGMと続編製作を模索していると語ったようだ。ニューマイヤーは、新作について「『ロボコップ』関連の作品はたくさんあって、数年前にはリメイク版も作られているけれど、今回は最初の映画に立ち返って、その続きを描くことになる」と明かしている。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

117742497_1300x1733
http://eiga.com/news/20180125/9/
引用元: ・http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1516862069/
続きを読む

続きを読む

-映画

執筆者:


関連記事

破壊神ゴジラに命を吹き込んだ男の汗だく昭和史! CGにはない重みと妙味を感じさせる『怪獣人生』

<p> 2017年8月7日、ゴジラ俳優が亡くなった。1954年に劇場公開された大ヒット映画『ゴジラ』で、怪獣ゴジラのぬいぐるみ役者(スーツアクター)を務めた中島春雄さんが88歳の生涯を終えた。14年に新書版が発売された中島さんの自伝『怪獣人生 元祖ゴジラ俳優・中島春雄』(洋泉社)を読むと、怪獣映画の金字塔となる第1作『ゴジラ』の撮影現場の熱気をありありと感じることができる。</p>

<p>「G作品」と表紙に書かれた奇妙な台本を、東宝撮影所で中島さんが渡されたのは25歳のとき。当時の東宝は所属俳優がおよそ200人いたが、スター級の「Aホーム」と大部屋俳優の「Bホーム」とに分かれていた。「Bホーム」はさらに2つに分かれ、東宝に入って5年目になる中島さんはエキストラや吹替え(スタント)もやるB2の役者だった。</p>

是枝監督の新作さえも侵蝕する黒沢清ワールド! 長澤まさみが観音菩薩化する『散歩する侵略者』

<p> 家の中に赤の他人がいる。かなり不気味なシチュエーションである。ただし、その他人との間に婚姻届が交わされていれば、他人同士は夫婦として世間から認められた当たり前の光景となる。でも、ときどき妻(夫)もしくは同棲中の恋人が、まったく見も知らぬ他人に感じる瞬間はないだろうか。紅茶に入れた角砂糖が溶け出していくように、当たり前だと思っていた日常風景が少しずつ壊れていき、やがては世界全体が崩壊へと向かっていく。黒沢清監督の最新作『散歩する侵略者』は、ありきたりな夫婦の関係の変化から世界の滅亡が始まるスケールの大きなSFサスペンスとなっている。</p>

映画「2001年宇宙の旅」が2週間限定でIMAXシアターで上映…製作50周年を記念!

1: casillas ★
 《 スタンリー・キューブリック監督作「2001年宇宙の旅」が、10月19日から2週間限定でIMAXシアター上映される。  これは1968年に製作された本作の50周年を記念したもの。謎の石板“モノリス”と人類の接触、そして人工知能を搭載したコンピューター“H…

ハリウッド版ゴジラ「キング・オブ・モンスターズ」新作PVが公開…モスラ、ラドン、キングギドラが登場!

1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [SK]
 《 ハリウッド版「ゴジラ」新作の邦題が「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」に決定し、公開日が全米と同じ2019年5月31日であることが明らかに。あわせてYouTubeで予告編が公開された。  ギャレス・エドワーズが監督を務めた…

何度も観ても傑作なSF映画傑作11選!

1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [US]
一度は観たけどやっぱり良かった。何度も観ても傑作なSF映画傑作11選をご紹介!! 01:スター・ウォーズ https://lrnc.cc/_ct/17129276引用元: ・http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1510928591/





まつ毛育毛剤通販