仮想通貨

三菱UFJやビックカメラなど19社、ビットコインなどのデジタル通貨の取引所やサービスで連携へ

投稿日:

国内の通信会社や金融、小売りなど、業種の垣根を越えた19の有力企業が連携し、ビットコインをはじめとするデジタル通貨の取引所や決済などのサービスを包括的に提供するという。

発表によりますと、通信会社のインターネットイニシアティブが今月10日に設立した新会社に、三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行、それに、ビックカメラやヤマトホールディングスなど幅広い業種の有力企業が出資して、合わせて19社でデジタル通貨の事業に乗り出します。

新会社は、ビットコインに代表される発行主体のない仮想通貨や、銀行が開発を進める独自の通貨といったいわゆるデジタル通貨と日本円との交換を仲介する取引所を、ことし10月から運営します。

幅広い業種の有力企業が手を組んで、デジタル通貨に関する包括的なサービスに乗り出す今回の動きが、“現金文化”が根強い日本でデジタル通貨が普及するきっかけになるか注目されます。

発表の記者会見で、新会社の旗振り役の通信会社、インターネットイニシアティブの鈴木幸一会長は「すでに中国では、現金のない社会ができている。日本が世界に遅れないため、私たちの技術でさまざまなデジタル通貨が使える中立的なプラットフォーム=土台を作っていく。あらゆる分野の企業が集まることで、取り組みの推進力が高まる」と述べました。
続きはソース元から
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180125/k10011302141000.html?utm_int=nsearch_contents_search-items_001


続きを読む

続きを読む

-仮想通貨

執筆者:


関連記事

【悲報】bitFlyerさん、価格乖離縮小のための「SFD」が価格差を助長しているポンコツであることに今更気付いて慌てる

チャート by bitFlyer
bitFlyerが現物とFXの価格差縮小を目指して導入した「Swap For Difference(以下SFD)」のルール変更を匂わせており、界隈でプチ炎上。そして、Lightning FXでは暴落が始まっています。SFDは、現物とLightning FXの価格差乖離是正を目的としたもの。例…

金融庁、バイナンスに警告。ユーザーからは島国体質に失望の声

金融庁は23日、世界最大とされる仮想通貨交換業者のバイナンス(本社・香港)に改正資金決済法に基づく警告を出したと発表した。
同社は無登録で日本での営業をしており、投資家が損害を被る恐れがあると判断した。無登録業者の監視で違法行為を摘発し、健全な取引環境を整…

ビットフライヤーに業務改善命令、新規顧客受け入れを停止へ

仮想通貨交換業者の最大手ビットフライヤーは、マネーロンダリング対策などの内部の管理体制が不十分だとして、22日午前、金融庁から業務改善命令を受けた。これを受けて会社は、当面、新規顧客の受け入れを停止して経営体制の改善を急ぐ異例の方針を固めたという。
関係者…

コインチェックが記者会見で謝罪。なんと、盗まれた580億円分のNEM全てがホットウォレット上のものだった

23時30分より、コインチェックの記者会見が行われた。ハッキング及び不正アクセスされ580億円が盗まれたとのこと。以下記者会見の簡易まとめ。
コインチェックのNEMアドレスから5億3千万XEM、日本円にして580億円が送金された。これを検知し、NEMの送金、売買、全部のを禁止…

【悲報】Visa幹部「ビットコインを使っているのはペテン師と汚い政治家」

Visaの最高財務責任者(CFO)は、ビットコインと仮想通貨を使っているのは「ペテン師や汚い政治家」であると述べた。
バサント・プラブフCFOはインタビューで仮想通貨と犯罪を直接結びつけ、ビットコインの投資家について「何も根拠がなく」、「本当にショックだ…




まつ毛育毛剤通販