電気自動車

【悲報】オートパイロットで走行中のテスラ車、時速100キロで消防車に突っ込んでしまう

投稿日:

米テスラの電気自動車がカリフォルニア州の幹線道路を走行中に、消防車に衝突する事故を起こした。現地の消防団が明らかにした。

同州カルバー氏の消防団は、消防車の車体後部に突っ込んでフード部分が大きく損傷したテスラの「モデルS」の写真を22日のツイッターに掲載した。

テスラ車のスピードは時速100キロを超えていたといい、運転手の話では「オートパイロット」の機能を使って走行していた。けが人はいなかった。

テスラはマニュアルの中で繰り返し、オートパイロットを使用中も道路の状況に十分な注意を払うよう促している。同社はオートパイロットを「運転支援システム」と位置付けていて、「自動運転」機能とは位置付けていない。

テスラ広報はオートパイロット機能について、運転手が十分な注意を払ったうえで使うことを想定していると説明した。
https://www.cnn.co.jp/tech/35113629.html



続きを読む

続きを読む

-電気自動車

執筆者:


関連記事

EV向け「ワイヤレス充電」実用化への動きが加速。駐車しておくだけで自動で充電できる時代へ

世界的に電気自動車の普及が加速する中、車体にケーブルをつなぐことなく無線で充電できる「ワイヤレス充電」の実用化に向けた動きが広がっているという。
このうち、大手機械メーカーのIHIが開発を進めているのは、駐車場の地面に設置し、車体の下側から電気を送るワイ…

EVの普及で自動車メーカーは10年後に消滅か

世界がEVシフトする中、現在の自動車メーカーはどうなってしまうのだろうか。10年後には消えている可能性もあるという。
EV化によって10年後には自動車メーカーが消える!? 一方で、世界で加速するこのEVシフトの動きに対して「10年後には自動車はEV化によって、自動車…

EV時代が日本にも到来へ。もうガソリン車なんて乗ってたら老害と思われてもしかたないぞ

走行距離、充電設備のインフラなど、心配事はなくなりつつあり、世界的な“EVシフト”のうねりが、日本にも押し寄せてきているという。
日産が6日、開いた新型リーフの発表会。西川廣人社長は「実力のある車になった」と述べ、大きな自信をのぞかせました。 その根拠にな…

パナソニックが自動運転システムを開発。22年に実用化へ

パナソニックは10日、開発中の自動運転システムを搭載した試作車を報道陣に公開した。
テレビやデジタルカメラで培った画像処理技術を生かし、歩行者が多い場所でも中低速で走行できるシステムの開発を急いでおり、2022年ごろに実用化したい考えだ。 横浜市の実験場で公開…

ヒュンダイのSUV、日産リーフ超え。EV航続500kmへ

2017年6月に発表された韓国ヒュンダイのクロスオーバーSUV『コナ』は、リーフの400kmを超える500kmの航続距離を可能にするという。
『コナEV』(仮称)は、エントリーグレードに39.2kwh、トップグレードに64.2kwhの2種の異なるバッテリーパックを搭載、航続距離は日産『リー…



まつ毛育毛剤通販