電気自動車

2018年は真の電気自動車元年に。テスラ「モデル3」などかつてないほどの選択肢

投稿日:

イーロンマスク

世界中が脱ガソリン車・ディーゼル車を加速させており、2018年は真のEV元年になるという。

電気自動車(EV)が大きな盛り上がりをみせているが、世界のクルマの売り上げでEVが占める割合はほんの少し。1パーセント以下というわずかなシェアだ。

しかし、いま世界各地で、内燃機関に終止符を打とうとする動きが加速している。2017年だけでもさまざまな州や都市に加え、インド、英国、ノルウェー、オランダ、フランスが、今後数十年のうちにガソリン車やディーゼル車を段階的に廃止することを表明した。この惑星で最大のクルマ市場、中国も同じ方向に向かおうとしている。

政府の奨励策がクルマの購入者たちの行動に与える影響は大きい。その証拠に、いまではノルウェーの自動車販売の30パーセントをEVが占めている。

化石燃料で走るクルマの将来が脅かされるなか、自動車メーカーは世の流れに適応する以外の選択肢を失った。GMはEVへの完全移行を目指している[日本語版記事]。英国のジャガーランドローバーは、20年までに全車種にEVのオプションをつけるとしている。スウェーデンのボルボも19年までに同様の施策を行う予定だ。

つまり18年にEVを買おうと思っている人には、かつてないほど多くの選択肢が広がっているのだ。

テスラの“手の届く”セダンである「モデル3」はようやく生産台数を拡大し…
続きはソース元で
https://wired.jp/2018/01/20/2018-year-electric-car/


続きを読む

続きを読む

-電気自動車

執筆者:


関連記事

「モデル3」の量産に苦戦するテスラ。生産地獄の実態とは

EV「モデル3」の量産に苦戦しているテスラ。なかなか軌道に乗らないのはなぜなのだろうか。
ボトルネックは大きく2つある。電池パックと車体の組み立て工程だ。モデル3の電池生産は2017年1月、米ネバダ州に開所した世界最大の電池工場、ギガファクトリーで行われている。作…

三菱ふそう、世界初の量産型電気トラックを発表。年内に一部の企業向けに販売へ

三菱ふそうトラック・バスは14日、アメリカのニューヨークで新たに開発した電動トラックを公開した。これまでに電動トラックを専門に製造する企業はありましたが、自動車メーカーが量産タイプを販売するのは世界で初めてだという。
電動トラックは、積載できる荷物が最大…

自動運転車で事故を起こした際の責任の所在、日本「運転者」、ドイツ「メーカー」

自動運転車で事故を起こした際の責任の所在について、日本人の多くは「運転者」にあると考えているのに対し、ドイツ人は「自動車メーカー」にあると考えていることが、損害保険ジャパン日本興亜が行った調査で分かった。
ドイツ人の方が自動運転技術に関する認知度も高く、…

テスラのEVトラック、価格は15万ドル(約1670万円)から。これまじでガソリン車は駆逐されそうだな

米テスラが2019年発売を目指す電気自動車(EV)トレーラーの価格を15万ドル(約1670万円)からにすると公表した。
競合車種のディーゼル車との価格差を1割程度に抑えた。運用コストは2割以上安くなる見通しで、車体の差額は数年あれば回収できる計算。EVトラック全体…

イーロンマスク「テスラは破産した」

テスラのイーロンマスク氏は「テスラ破産 カリフォルニア州パロアルト、2018年4月1日」とツイートした。エイプリルフールのネタとしての投稿だが、自虐的な発言に驚きの声が上がっている。
米テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は1日、ツイッター上に同…



まつ毛育毛剤通販