電気自動車

2018年は真の電気自動車元年に。テスラ「モデル3」などかつてないほどの選択肢

投稿日:

イーロンマスク

世界中が脱ガソリン車・ディーゼル車を加速させており、2018年は真のEV元年になるという。

電気自動車(EV)が大きな盛り上がりをみせているが、世界のクルマの売り上げでEVが占める割合はほんの少し。1パーセント以下というわずかなシェアだ。

しかし、いま世界各地で、内燃機関に終止符を打とうとする動きが加速している。2017年だけでもさまざまな州や都市に加え、インド、英国、ノルウェー、オランダ、フランスが、今後数十年のうちにガソリン車やディーゼル車を段階的に廃止することを表明した。この惑星で最大のクルマ市場、中国も同じ方向に向かおうとしている。

政府の奨励策がクルマの購入者たちの行動に与える影響は大きい。その証拠に、いまではノルウェーの自動車販売の30パーセントをEVが占めている。

化石燃料で走るクルマの将来が脅かされるなか、自動車メーカーは世の流れに適応する以外の選択肢を失った。GMはEVへの完全移行を目指している[日本語版記事]。英国のジャガーランドローバーは、20年までに全車種にEVのオプションをつけるとしている。スウェーデンのボルボも19年までに同様の施策を行う予定だ。

つまり18年にEVを買おうと思っている人には、かつてないほど多くの選択肢が広がっているのだ。

テスラの“手の届く”セダンである「モデル3」はようやく生産台数を拡大し…
続きはソース元で
https://wired.jp/2018/01/20/2018-year-electric-car/


続きを読む

続きを読む

-電気自動車

執筆者:


関連記事

経産省、「日本版EV戦略」夏をメドに策定へ。世界的な電気自動車シフトへ対応

経済産業省は、電気自動車などの次世代自動車について、初めてとなる総合的な政策づくりに向け、「日本版EV戦略」を策定する方針を固めたという。
「EVシフト」を巡っては、世界最大の自動車市場の中国のほか、イギリス、フランスが政策を相次いで打ち出すなど世界的に…

テスラ、パナソニックから幹部を引き抜いていた

大規模電池工場「ギガファクトリー」をテスラと共同運営しているパナソニック。両社の関係は良好とみられているが、パナの元幹部を突然引き抜かれるなど、熾烈な攻防が繰り広げられているという。
パナ側から見て引き抜かれた人物は、元副社長で直前まで常勤顧問だった山田…

テスラ初のEVトラック、発表を10月に延期。セミトラックについてイーロンマスクは、「普通じゃない、野獣だ」

テスラとって、初となるEVトラックの発表が、当初の計画よりも1か月遅れることが分かった。
これは9月13日、テスラのイーロン・マスクCEOが、公式Twitterページで明らかにしたもの。「テスラのセミトラックの発表会と試乗会を、10月26日に開催する予定」と公表している。 …

イーロンマスク「テスラは破産した」

テスラのイーロンマスク氏は「テスラ破産 カリフォルニア州パロアルト、2018年4月1日」とツイートした。エイプリルフールのネタとしての投稿だが、自虐的な発言に驚きの声が上がっている。
米テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は1日、ツイッター上に同…

VW、EVなど電動化の分野に5年で3.8兆円投資へ

独フォルクスワーゲン(VW)は16日、2023年までの5年間でEVなど電動化の分野に300億ユーロ(約3兆8500億円)を投資する計画を発表した。
電池の自社生産にも乗り出し、25年までに欧州生産の2割をEVに転換する。VWの賭けは成功するのか。 「VWをeモビリティーのナンバーワ…





まつ毛育毛剤通販