科学

「常温核融合」初観測から約30年…「ニセ」覆せ、発熱確認相次ぐ!

投稿日:

1: ばーど ★
 《 室温で水素原子が核融合反応を起こしてエネルギーを生み出す「常温核融合」。この現象を初めて観測したという1989年の発表で世界の研究者の参入が相次いだが、実験結果は再現されずにブームは急速にしぼんだ。それから約30年。 》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

32120950
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO25613590S8A110C1MY1000/
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1516030204/
続きを読む

続きを読む

-科学

執筆者:


関連記事

ホンダが人型ロボット「アシモ(ASIMO)」の開発をとりやめ…研究開発チームも解散!

1: みつを ★
 《 大手自動車メーカーのホンダは、開発を続けていた2足歩行の人型ロボット「アシモ」の開発をとりやめていたことがわかりました。今後は介護支援などより実用的なロボット技術の開発に力を入れる方針です。  アシモはホンダが開発した人型ロボットで、平…

ヘリカル型核融合実験炉「ヴェンデルシュタイン7-X」が高温・高密度プラズマの世界記録を達成!

1: ガーディス ★
 《 マックスプランク・プラズマ物理学研究所が開発するヘリカル型核融合実験炉「Wendelstein 7-X(ヴェンデルシュタイン7-X)」が、より高温でより高密度のプラズマ生成し、より長いパルス長を実現した点でテラレーター型核融合炉の世界記録を達成しまし…

筋肉と機械でできたハイブリッドロボットの開発に成功…東京大学!

1: ガーディス ★
 《 筋肉と機械でできたハイブリッドロボットの開発に東京大学の研究チームが成功しました。腕の筋肉の構造を持ったロボットは世界で初です。  東京大学・竹内昌治教授:「まだ極めて初期的な段階だけど、大きなファーストステップだと思っている」…

空気中の酸素と化学反応してエネルギーを生成する「リチウム空気電池」開発へ!

1: ニライカナイφ ★
 《 ソフトバンクと物質・材料研究機構(NIMS)は4月11日、IoT機器向けに、空気中の酸素と化学反応してエネルギーを生成する「リチウム空気電池」を共同開発すると発表した。実現すれば、従来のリチウムイオン電池と比べて、重量エネルギー密度(重…

民間企業が開発したロケット打ち上げ失敗、発射直後に落下し炎上…ホリエモンロケット!

1: みつを ★
     《    北海道のベンチャー企業が開発した全長10メートルのロケットが30日午前5時30分ごろに、北海道の大樹町から宇宙空間を目指し、打ち上げられましたが、直後に落下して炎上しました。現在、会社が原因を調べています。      北海道のベンチ…



まつ毛育毛剤通販