科学

「常温核融合」初観測から約30年…「ニセ」覆せ、発熱確認相次ぐ!

投稿日:

1: ばーど ★
 《 室温で水素原子が核融合反応を起こしてエネルギーを生み出す「常温核融合」。この現象を初めて観測したという1989年の発表で世界の研究者の参入が相次いだが、実験結果は再現されずにブームは急速にしぼんだ。それから約30年。 》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

32120950
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO25613590S8A110C1MY1000/
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1516030204/
続きを読む

続きを読む

-科学

執筆者:


関連記事

準天頂衛星「みちびき」の位置情報を受信して無人コンバインを自動走行!

1: ハンバーグタイカレー ★
  《 準天頂衛星「みちびき」の位置情報を受信してコンバインを自動走行させる実験が22日、京都大付属農場(京都府木津川市)であった。センチメートル単位の精度で走行させられるのが特徴。  無駄な走行や稲の刈り残しなどが少なく作業…

量子コンピューターとは何か?ニュースを読む前に押さえたい基礎知識!

1: しじみ ★
 《 超強力なスーパーコンピューターの処理能力をはるかに凌ぎ、産業界全体に変革をもたらす可能性があるとして、量子コンピューターの研究・開発に多額の資金が投入されている。日々報じられる関連ニュースを読み解くために押さえておきたい基礎知識を説明…

次世代原子炉開発、経済産業省が原子力ベンチャー育成へ、開発費の50~90%を税金で援助!

1: ガーディス ★
 《 経済産業省は、原子力分野の新興企業(ベンチャー)の育成に乗り出す。有望な技術を持つ研究者らの事業化を資金・人材面で支援するほか、国が保有する原子力関連施設などを提供する。安価で安全性が高いとされる小型モジュール炉(SMR)など、次…

SF映画で見る、生き物のようなソフトマシン開発の重要な手がかりに…アメーバのように変化する物質の合成に成功!

1: しじみ ★
 《 東京大学大学院工学系研究科の吉田亮教授と小野田実真大学院生らの研究グループは、流動性を大きく振動させながらひとりでに液体(ゾル)になったり擬固体(ゲル)になったりする、アメーバのような液体の創製に世界で初めて成功しました。  将来的には…

観測距離250万kmの「LISAパスファインダー」、蚊による重力変化さえも検知!

1: Sunset Shimmer ★
 《 2016年、米国の物理実験施設・LIGOで史上初めて重力波が観測されました。「実験施設」とサラッと言ってますが、LIGOは2つの観測所を3000kmも離れた場所に設置してお互いに連携させるという壮大な仕組みです。でも今、もっと壮大な構想が実現に向…





まつ毛育毛剤通販