電気自動車

フォード、EV開発に1兆2000億円投資を発表。世界中でEVシフトが加速中

投稿日:

43

フォードは2022年までに電気自動車の開発に日本円で1兆2000億円余りを投じると発表した。

アメリカ2位の自動車メーカー、フォードは14日、デトロイトで開いた新型車の発表会で、2022年までに電気自動車の開発に110億ドル(日本円で1兆2000億円余り)を投じる計画を明らかにしました。

フォードはこれまで、電気自動車に45億ドルを投じるとしてきましたが、去年以降、世界の大手メーカーがEVシフトを加速させる中、計画の変更を迫られた形です。

アメリカで去年販売された電気自動車は、充電施設が増えた効果もあって前の年より25%増えておよそ20万台となりました。

しかし、フォードの電気自動車の市場シェアは10%に満たず、テスラやGM=ゼネラル・モーターズに大きく引き離されています。

電気自動車をめぐっては、ドイツのフォルクスワーゲンが2025年までに50車種を、トヨタ自動車も2020年代前半までに10車種以上をそれぞれ投入するとしていて、本格的な普及を見据えた競争が激しくなっています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180115/k10011289501000.html


続きを読む

続きを読む

-電気自動車

執筆者:


関連記事

ランボルギーニ、次世代の電動スーパーカーを披露。車体そのものがバッテリー、小さな亀裂も自動修復

ランボルギーニが次世代の電動スーパーカー披露。車そのものが強力なバッテリーとなるほか、自らを修理することもできるという。
アウトモービリ・ランボルギーニは6日、米マサチューセッツ州ケンブリッジで開催された会議でコンセプトカー「テルツォ・ミッレニオ」を披露…

テスラ、パナソニックから幹部を引き抜いていた

大規模電池工場「ギガファクトリー」をテスラと共同運営しているパナソニック。両社の関係は良好とみられているが、パナの元幹部を突然引き抜かれるなど、熾烈な攻防が繰り広げられているという。
パナ側から見て引き抜かれた人物は、元副社長で直前まで常勤顧問だった山田…

EVは本当にエコなのか。火力発電のよるCO2排出に懸念も…

1:ノチラ ★ 2017/11/05(日) 23:53:06.81 ID:CAP_USER.net
EVが次世代の自動車として注目されるのは、ガソリンや軽油を燃料とせず、二酸化炭素(CO2)排出量が小さいからだ。しかしその電気を何からつくっているかさかのぼれば、必ずしも環境に優しいとは限らない。 …

テスラ、17年の新車販売台数を公表。10万台を超え記録を更新

米国のEVメーカー、テスラは1月3日、2017年第4四半期(10~12月)および2017年通年の世界新車販売(納車)台数を公表した。 通年で10万台を超え、販売記録を更新したという。
同社の発表によると、2017年第4四半期の世界販売(納車)台数は、2万9870台。前年同期比は34.5%…

イーロンマスク「我々の中に裏切り者がいる」

テスラのCEOであるイーロン・マスク氏は、「同社の運営を脅かす不正行為を行っている従業員が存在すること」と従業員宛にメールを送った。
テスラは問題の従業員を特定しており、不正行為に至った理由を調べているそうです。マスク氏によると、この従業員がテスラの製造シス…




まつ毛育毛剤通販