電気自動車

フォード、EV開発に1兆2000億円投資を発表。世界中でEVシフトが加速中

投稿日:

43

フォードは2022年までに電気自動車の開発に日本円で1兆2000億円余りを投じると発表した。

アメリカ2位の自動車メーカー、フォードは14日、デトロイトで開いた新型車の発表会で、2022年までに電気自動車の開発に110億ドル(日本円で1兆2000億円余り)を投じる計画を明らかにしました。

フォードはこれまで、電気自動車に45億ドルを投じるとしてきましたが、去年以降、世界の大手メーカーがEVシフトを加速させる中、計画の変更を迫られた形です。

アメリカで去年販売された電気自動車は、充電施設が増えた効果もあって前の年より25%増えておよそ20万台となりました。

しかし、フォードの電気自動車の市場シェアは10%に満たず、テスラやGM=ゼネラル・モーターズに大きく引き離されています。

電気自動車をめぐっては、ドイツのフォルクスワーゲンが2025年までに50車種を、トヨタ自動車も2020年代前半までに10車種以上をそれぞれ投入するとしていて、本格的な普及を見据えた競争が激しくなっています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180115/k10011289501000.html


続きを読む

続きを読む

-電気自動車

執筆者:


関連記事

テスラ、モデル3生産を一時停止

テスラは、量産車「モデル3」生産の一時休止を発表した。予定されていた措置という。
これより先、米ニュースサイトのバズフィードは、テスラがカリフォルニア州フレモント工場でのモデル3の生産を予告なく一時停止したと報じていた。バズフィードは従業員の話として、生…

フォルクスワーゲン、バッテリー調達で中韓と2.6兆円規模の契約。EVでテスラへの攻勢強化

ドイツの自動車大手フォルクスワーゲンのミュラーCEOは13日、ベルリンで記者会見し、電気自動車の主要部品であるバッテリーについて、韓国、中国の大手企業と200億ユーロ(約2兆6000億円)規模の調達契約を交わしたことを発表した。
今後数年でEVに積極参入…

【悲報】日本、自動運転技術で出遅れ、欧米のカモに。戦犯はトヨタ

自動運転において、日本は世界からかなり遅れており、その結果、日本企業が「カモ」にされる恐れがあるという。
業界では、この技術開発で最も遅れているのがトヨタと言われている。 トヨタは「現地現物」を企業哲学の一つとして掲げている。実車で確認しないと不具合が発生…

元テスラ幹部「トヨタとホンダがなぜ水素に力を入れているのか理解できない。非効率だし環境にもよくない」

パナソニックに15年間勤務した後にテスラに入社し、電池部門のトップを務めたカート・ケルティ氏が、今後のEV市場について語った。
中略 ――EVの航続距離を決める大きな要因が車載電池です。電池の進化による航続距離の長距離化はどこまで進むと考えていますか。 現行のEV…

スペースX、世界最強の「ファルコンヘビー」の打ち上げに成功。テスラのロードスターが宇宙に

イーロンマスク氏の「スペースX」は、現存する中で最も打ち上げ能力が大きいロケットを試験的に打ち上げ、車を搭載した先端部分を火星に向けた軌道に乗せるために切り離すことに成功した。
「スペースX」は、6年後を目指して火星に有人宇宙船を送る計画で、現存する中で…



まつ毛育毛剤通販