知る

1930年代のニュージーランドで頻繁に起きた突然ズボンが自然発火し爆発するという奇妙な現象。その謎を探る。

投稿日:

0_e0

 1930年代のニュージーランドの農業従事者の間で、はいているズボンが突然自然発火する現象が相次いで起きたという。

 一体なぜこのようなことが起きたのだろう?
 当時ズボンに使用されていた繊維に何か問題があったのだろうか?

 その鍵は、ある雑草が握っていたという。
続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

科学者が猫の為に作った、猫を心地よくする完璧な音楽

 音楽は人の心を癒す。昔から人は音楽と共に生きていて、好きなメロディーを聴くだけで元気がでてくる。

 動物も音楽を聴くことで癒し効果が得られることは、これまでの研究でわかっているが、かといって人間の聴く音楽を好むわけではない。

 2015年、ウィスコンシン大…

地球をまるごと観察することができる5つの便利な無料オンラインツール

 地球という惑星の健康状態についての情報はますます増えており、さらにそうしたデータを無料で利用できるオンラインツールも次々と登場している。

 地球全体のリアルタイムの高画質衛生画像や、風力発電やソーラー発電の世界的トレンド、あるいは森林減少の詳細など、温…

霧の街ロンドン、雨の国イギリス。たまの晴れの日、彼らは何をしてすごすのだろう?イギリス人あるある(ユーモア)

 イギリスといえば、紅茶、サンドイッチ、そして雨。毎日のように雨が降るのである。

 降るといっても小雨か霧雨程度なので、現地の人は傘もささずパーカーのフードをかぶって終わらせるくらいではあるのだが、「毎日が雨、さもなきゃ曇り」なのだ。そして年間の日照時間…

政府からの補償金を得るため。高齢者をトラの餌にしたインドの村

 日本ではかつて、口減らしなどのために高齢の親を山に捨てるといった棄老(キロウ)習俗が民間伝承などで伝えられている。だが、姥捨て(うばすて)の実際については、はっきりしたことは分かっていない。

 だがこれに近い行為が現代において行われているそうだ。インド…

アメリカで致死的ウイルスの開発が解禁される

 アメリカ合衆国では3年前から病原菌を改変して致死率を上げる研究に対して補助金を交付することを禁じていたが、この度それが解禁となった。

 そのリスクを正当化できるメリットがある場合のみに限るが、今後は恐ろしいウイルスを生み出し、その研究も行うことができる…



まつ毛育毛剤通販