関連記事

【警告文】乃木坂46・欅坂46のファンが“暴走”した理由wwwwww

続きを読む

卒業後は凋落必至! 乃木坂46の“真の勝ち組”は「選抜入り経験ゼロ」のメンバーか?

卒業後は凋落必至! 乃木坂46の真の勝ち組は「選抜入り経験ゼロ」のメンバーか?の画像1
乃木坂46公式サイトより

 飛ぶ鳥を落とす勢いのアイドルグループといえば、乃木坂46。今年8月にはシングル売り上げ累計が1,000万枚に到達し(女性グループとして5組目)、過去の伝説的なアイドルグループに肩を並べる存在となっている。

 モデルとして活動し、同性にも抜群の人気を誇る白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥や、バラエティ番組で活躍する生駒里奈、高山一実、秋元真夏。音大に通い、抜群のピアノ演奏力を持つ生田絵梨花など、まさに多士済々。しかし、おニャン子クラブの時代からアイドルを見続けてきた古参の芸能誌記者は、アイドルグループには、ある“宿命”が存在すると指摘する。

「アイドルグループに所属していると、グループ単位での露出があるため、ブレークする確率は1人で活動するより飛躍的に高くなりますが、卒業すると必ずファンが減るというデメリットがあります。AKBを見ても、前田敦子、篠田麻里子、大島優子、高橋みなみなど、卒業組は軒並み話題になる機会が減っている。25歳の白石や23歳の西野は、年齢的にもそろそろ卒業の時期。人気は今がピークと見られても仕方ないでしょう」

 確かにAKBを卒業したメンバーの“その後”を見れば、Xデーは近づいているといえる。しかし、そういった動きとは無縁のメンバーが、2期生の伊藤かりんだ。グループでは一度も選抜メンバーに選ばれたことがない彼女は、なぜ将来安泰なのか? 将棋に詳しい週刊誌記者が語る。

「伊藤は2015年にEテレの将棋番組『将棋フォーカス』に、“将棋が好きなアイドル”として出演。その後、同番組の総合司会に抜擢されました。伊藤が強運だったのは、藤井聡太四段の登場により、世間ががぜん、将棋に注目し始めたこと。その前から“趣味=将棋”をアピールしていた彼女は、『ブームに乗った』という目で見られることもなく、将棋ファンから好意的な目で見られています。この4月からは、第一生命のCMにも起用されました」

 これまで将棋が趣味の芸能人といえば、渡辺徹やつるの剛士、元プロ野球選手の古田敦也など、男性ばかりだった。そのため、やはり現役アイドルという肩書は強いのだという。

「実際、伊藤は引っ張りだこの存在です。特に競合しそうな相手はいませんし、彼女の将棋の実力もめきめきと上がっているようですから、将棋関連のイベントで当分、彼女の活動は安泰でしょう」(同)

“芸が物を言う”のは、どの世界でも同じことのよう。5年後、10年後、乃木坂から生き残っているのは果たして誰か?

【炎上】白石麻衣、性格悪い天狗な態度の映像流出→ 炎上し運営が隠蔽工作(動画あり)

続きを読む

【悲報】白石麻衣さん終了のお知らせ・・・

続きを読む

人気急上昇なのに……「欅坂46」にささやかれる“重大な不安要素”って!?

人気急上昇なのに……「欅坂46」にささやかれる重大な不安要素って!?の画像1
欅坂46公式サイトより

 昨年末の『NHK紅白歌合戦』にも出場するなど、順風満帆のアイドルグループ・欅坂46。しかし知名度の上昇とともに、ある問題が浮上している。

 欅坂46は、乃木坂46に続く“坂道シリーズ”の第2弾として誕生したアイドルグループ。2015年にオーディションが行われ、翌16年4月に発売されたデビュー曲「サイレントマジョリティ」(SML)は、女性アーティストの発売初週売り上げの新記録を作った。これまで発売したシングルはすべてチャート1位に輝き、現在初の全国ツアーを行っている彼女たちだが、どんな問題があるというのか? テレビ関係者が明かす。

「グループとして欅坂は極めて順調に成長しているだけに、バラエティ番組での活躍が期待されていますが、いわゆる“バラエティ班”のメンバーが見当たらないのが大きな課題です。AKBには、『少しでも画面に映ってやろう』『ちょっとでも爪痕を残してやろう』という上昇志向の強いメンバーが何人もいて、そういった子に話を振れば番組は成立しました。しかし、欅坂のメンバーは良くも悪くも非常にマジメで、前に出て積極的にしゃべったり、笑いを取ったりするようなタイプの子がいません。キャリアの浅い欅坂に多くを求めるのは酷ですが、トークに関しては素人感が際立っています」

 芸能界で名前を売るためには、バラエティ番組への出演は必須。“お姉さんグループ”の乃木坂では、生駒里奈、高山一実、秋元真夏らがバラエティ番組で頑張ってグループの知名度アップに奔走しているが、欅坂には誰か候補はいないのか?

「まず、不動のセンター・平手友理奈は、最年少にして抜群の存在感を誇りますが、バラエティでトークができるタイプではありません。それ以前に平手は、体調不良でツアーや握手会を欠席しており、体調を整えるのが先でしょう。キャプテンの菅井友香も優等生タイプで、乃木坂のキャプテンの桜井玲香と似たタイプ。ピンでバラエティで力を発揮するのは難しそうです。欅坂の冠番組を見ていると、最もバラエティに適性がありそうなのは織田奈那か齋藤冬優花あたりでしょう。ただ、2人ともシングルのフォーメーションでは後列を占めることが多いメンバーです。ファン以外にはまだまだ知名度が低い状況で後列メンバーがバラエティに出ると、『欅坂って、そんなにかわいくないじゃん』という評価が下されてしまう可能性があります」(同)

 今や乃木坂に追いつけ追い越せの勢いで、人気急上昇中の欅坂。しかし今後は「誰をバラエティに出すか」で頭を悩ませることになりそうだ。



まつ毛育毛剤通販