電気自動車

東京都、2040年までにガソリン車販売ゼロを目指すと発表。EV乗ってないとダサい時代来てるね

投稿日:

no title

東京都は2040年代までに都内でのガソリン車販売ゼロを目指し、マンションなどでの充電設備設置の無償化などを行う方針を固めた。

新年度予算案に関連予算約10億円を盛り込む。脱ガソリン車の動きは世界的潮流で、都は国内での取り組みをリードしたい考えだ。

国際エネルギー機関(IEA)によると、EVなどの累計販売台数は20年には最大2000万台に達すると予測される。英仏両国は昨年7月、40年までにガソリン・ディーゼル車の販売を禁止すると発表。世界最大の自動車市場である中国も同9月、次世代車を一定割合生産するよう義務付ける「EVシフト」を国策とする考えを示した。
http://www.yomiuri.co.jp/eco/20180106-OYT1T50057.html


続きを読む

続きを読む

-電気自動車

執筆者:


関連記事

テスラ、過去最大の赤字に。7~9月期、700億円

米電気自動車メーカーのテスラが1日発表した2017年7~9月期決算は、販売費用や研究開発費が膨らみ、純損益が6億1937万ドル(約700億円)の赤字となった。ロイター通信によると、四半期決算で過去最大の赤字額という。
売上高は前年同期比29・9%増の29…

2020年にEV市場に参入するダイソン、「日本が最初の市場になる可能性もある」

英家電大手ダイソンは20日、開発を進めている電気自動車(EV)について、日本が最初の発売国になる可能性があることを明らかにした。
同社は2020年にEV市場に参入する方針。今後、市場拡大が進むEVに自動車メーカー以外からの参入が相次ぎ、競争が激しくなりそうだ。 …

揺らぐテスラへの信頼。タイムリミットはいよいよか

「モデル3」の量産に苦戦しているテスラ。ここにきて、信頼が揺らぎつつあるという。
シリコンバレーは常に、他の事業のまねと機能の向上によって動かされてきた。本当に突発的にでてくるアイデアは少ない。大抵は、ほかの誰かがすでに試したものを完璧にすることが勝負どこ…

テスラ、上海に工場建設することで中国政府と合意

米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)は22日、米電気自動車(EV)メーカーのテスラが中国・上海市の自由貿易試験区に自社工場を建設することで上海市と合意したと報じた。
関係者の話としている。現在は発表時期などの詳細を詰めているという。 中国では大気…

テスラの新型EV「ロードスター」が凄すぎる件。1.9秒で時速100kmに到達、史上最速を実現へ

電気自動車(EV)メーカーのテスラが、新型EVスポーツカー「ロードスター」を発表した。
小さめのボディに強力なモーターを3基搭載するこのモデルは最高速度が時速400kmを超え、わずか1.9秒で時速96kmに達するなど、地球で市販されてきた自動車の全てを凌駕する「史上最速の…



まつ毛育毛剤通販