電気自動車

東京都、2040年までにガソリン車販売ゼロを目指すと発表。EV乗ってないとダサい時代来てるね

投稿日:

no title

東京都は2040年代までに都内でのガソリン車販売ゼロを目指し、マンションなどでの充電設備設置の無償化などを行う方針を固めた。

新年度予算案に関連予算約10億円を盛り込む。脱ガソリン車の動きは世界的潮流で、都は国内での取り組みをリードしたい考えだ。

国際エネルギー機関(IEA)によると、EVなどの累計販売台数は20年には最大2000万台に達すると予測される。英仏両国は昨年7月、40年までにガソリン・ディーゼル車の販売を禁止すると発表。世界最大の自動車市場である中国も同9月、次世代車を一定割合生産するよう義務付ける「EVシフト」を国策とする考えを示した。
http://www.yomiuri.co.jp/eco/20180106-OYT1T50057.html


続きを読む

続きを読む

-電気自動車

執筆者:


関連記事

ランボルギーニ、次世代の電動スーパーカーを披露。車体そのものがバッテリー、小さな亀裂も自動修復

ランボルギーニが次世代の電動スーパーカー披露。車そのものが強力なバッテリーとなるほか、自らを修理することもできるという。
アウトモービリ・ランボルギーニは6日、米マサチューセッツ州ケンブリッジで開催された会議でコンセプトカー「テルツォ・ミッレニオ」を披露…

テスラの新型EV「ロードスター」が凄すぎる件。1.9秒で時速100kmに到達、史上最速を実現へ

電気自動車(EV)メーカーのテスラが、新型EVスポーツカー「ロードスター」を発表した。
小さめのボディに強力なモーターを3基搭載するこのモデルは最高速度が時速400kmを超え、わずか1.9秒で時速96kmに達するなど、地球で市販されてきた自動車の全てを凌駕する「史上最速の…

イーロンマスク、Model 3の生産遅延にも「大局的に見れば比較的小さな変更に過ぎない」と楽観的

テスラの新型電気自動車「モデル3」の生産遅延が明らかになったが、イーロン・マスク氏は楽観的だという。
2017年第3四半期のモデル3の納車台数は、わずか222台だった。予定よりはるかに少なく、同社初の普及版となる小型セダンを購入するために1,000ドルの予約金を払った顧…

三菱ふそう、世界初の量産型電気トラックを発表。年内に一部の企業向けに販売へ

三菱ふそうトラック・バスは14日、アメリカのニューヨークで新たに開発した電動トラックを公開した。これまでに電動トラックを専門に製造する企業はありましたが、自動車メーカーが量産タイプを販売するのは世界で初めてだという。
電動トラックは、積載できる荷物が最大…

現代自動車「ジェネシス」、米誌の満足度調査でテスラ、ポルシェに続く3位にランクイン

現代車ラグジュアリーブランド「ジェネシス」が米国消費者専門誌コンシューマーリポートの車所有者満足度調査で、テスラやポルシェに次いで3位になった。
21日(現地時間)のコンシューマーリポートによると、ジェネシスは100点満点で81点を受け、テスラ(90点)、…



まつ毛育毛剤通販