知る

サメと人間には4億4000万年前に共通の祖先が存在していた。3億8500万年前のサメから分岐時期が判明

投稿日:

0_e8

 サメと人間の共通点って何かあるのか?しいて言えば捕食上位者といったところだが、なんと4億4000万年前、サメと人間には共通祖先がいたようだ。

 この事実は、4億1600万年~3億5800万年前の4本足の動物が初めて陸上に進出し始めた時代、すなわちデボン紀に生きていたサメの化石化した骨の調査から判明した。

 3億8500万年前のサメの亡骸の研究から、サメとヒトはデボン紀の前の時代であるシルル紀(4億4300万年~4億1600万年前)に分岐したと推測された。菌類やクモ形類・ムカデ類を含む節足動物が初めて陸へ進出した時代のことだ。
  続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

かつての囚人たちに数々の残虐行為を行っていた記録をそのまま再現。ベトナム、コンダオ刑務所博物館

 ベトナム沖の熱帯の海に浮かぶコンソン島にコンダオ刑務所という博物館がある。かつての抑圧的政権から受け継がれた博物館の見所は、美しいコロニアル様式の建築とそこに収容されていた囚人の実物大人形だ。
 
 コンダオ刑務所は1861年フランスの植民地政権によって政…

記憶を消去し、病気と闘ってくれる脳チップ。15年後、超人類誕生の予感。

 脳にマイクロチップを移植することで人体の潜在能力を一気に解き放つ――まるでSF映画のような話だ。だが、こうした技術を研究しているカーネル社の創業者ブライアン・ジョンソン氏によると、この夢のテクノロジーは15年以内に実現するかもしれないそうだ。

 先日ポルト…

陰謀論者がザワつきはじめた。2017年9月23日、ニビルが地球に衝突するという噂

 謎の巨大惑星ニビルが地球に迫っているらしいという噂は前からまことしやかにささやかれていたが、キリスト教系数秘術師のデビッド・ミード氏によると、8月21日に訪れる皆既日食はニビルが地球に衝突する前兆なのだという。彼はこのことは聖書で予言されている事実である…

身をもって不死を証明しようとしたラマ僧、30年後に掘り起こされた遺体の謎(閲覧注意)

 古来から多くの人々が不死を夢見てきた。だが人体は自然に老いさらばえるもので、死の訪れを止めることはできない。少なくとも現時点では。

 だがその常識を覆すような出来事があったようだ。

  ロシア、ブリヤート出身のラマ僧ダシ=ドルジョ・イチゲロフは、年老い…

プレゼントを買いに来た?ギフトショップに入ってきたのは鹿だった。下見した後、家族を連れてやってきた!(アメリカ)

 この時期、クリスマスプレゼントを買うためにギフトショップを訪れる客は多いだろう。アメリカ、コロラド州のホテルに併設されたギフトショップでも、ホリデーシーズンのこの時期、プレゼントやお土産を求めるお客さんがひっきりなしに訪れる。

 すると店のドアから新た…



まつ毛育毛剤通販