知る

サメと人間には4億4000万年前に共通の祖先が存在していた。3億8500万年前のサメから分岐時期が判明

投稿日:

0_e8

 サメと人間の共通点って何かあるのか?しいて言えば捕食上位者といったところだが、なんと4億4000万年前、サメと人間には共通祖先がいたようだ。

 この事実は、4億1600万年~3億5800万年前の4本足の動物が初めて陸上に進出し始めた時代、すなわちデボン紀に生きていたサメの化石化した骨の調査から判明した。

 3億8500万年前のサメの亡骸の研究から、サメとヒトはデボン紀の前の時代であるシルル紀(4億4300万年~4億1600万年前)に分岐したと推測された。菌類やクモ形類・ムカデ類を含む節足動物が初めて陸へ進出した時代のことだ。
  続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

こいつはうっかり騙される。たこ焼きだと思って食べるとスイーツ!市販のプチシューで簡単にできる偽装たこ焼き【ネトメシ】

 パッと見たこ焼きに見えるだろう。たこ焼きだと思って口に入れたら「思ってた味と違う!」ってなるやつ。

 そう、こいつは偽装たこ焼きだ。市販のプチシューを使って簡単に作れる。スイーツと知っていて食べれば十分おいしいんだけど、たこ焼きという先入観をもって…

ドローンは地球を救うか?ドローンで植林する新技術が注目される

 森林の減少は世界的な問題になっている。生態系全てにかかわってくるほどの大問題だ。ところが、森林を取り戻すために木を植えて回る作業は、育った木を切り倒すのよりずっと大変だ。急峻な日本の森林ではまた違うのかもしれないけれど。

 そこへ登場したのが、バイオカ…

自分のルーツが知りたくて。遺伝子検査が流行っているアメリカで人生が変わるほどの衝撃を受けた12人

 アメリカでは通販サイトなどで簡単に購入できることから、自分の人種的ルーツを調べたり、血縁関係を調べたり、健康に関する情報を調べたりと、様々な情報を知ることができるDNA検査が大流行中だ。

 googleが出資している遺伝子検査会社「23andMe」は、日本での翻訳サー…

似てるけど違ってた!漆黒の踊る鳥「カタカケフウチョウ」が1種類ではないことが判明(インドネシア)

 カタカケフウチョウは、ほぼすべての光を吸収してしまう漆黒の羽を進化させたことや、独特の求愛ダンスを踊ることで知られている。

 しかし、実はこの仲間には非常に姿が似ているが、実は別個の種がいることが明らかにされた。

悪いニュースを伝えるなら朝と夜どちらが良いのか?心理的ストレスは朝の方が大きい(日本研究)

 誰かに何か悪いニュースを伝えなければならないのとしたら、いつ話を切り出すのが良いだろうか?

 思い切って朝一番に伝えるのがいいだろうか?
 それとも仕事や学校がひと段落した夕方や夜の方がよいか?

 新たな研究によると、悪い話を聞かされた相手の心は朝の方…





まつ毛育毛剤通販