知る

サメと人間には4億4000万年前に共通の祖先が存在していた。3億8500万年前のサメから分岐時期が判明

投稿日:

0_e8

 サメと人間の共通点って何かあるのか?しいて言えば捕食上位者といったところだが、なんと4億4000万年前、サメと人間には共通祖先がいたようだ。

 この事実は、4億1600万年~3億5800万年前の4本足の動物が初めて陸上に進出し始めた時代、すなわちデボン紀に生きていたサメの化石化した骨の調査から判明した。

 3億8500万年前のサメの亡骸の研究から、サメとヒトはデボン紀の前の時代であるシルル紀(4億4300万年~4億1600万年前)に分岐したと推測された。菌類やクモ形類・ムカデ類を含む節足動物が初めて陸へ進出した時代のことだ。
  続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

死者の脳から記憶を取り出すことが可能に?経験をコード化して記憶する遺伝子マーカーの存在(イスラエル研究)

 記憶は脳にはっきりと独特な遺伝子マーカーを残すそうだ。

 これはイスラエルの研究者が発見した驚きの事実で、その遺伝子マーカーを使えば人が死んだ後でも記憶を取り出すことができるかもしれないという。

 この技術は、警察が犯罪の犠牲者の記憶を記録・再生させる…

アメリカで蔓延する「孤独」 アメリカ人の半数が常日頃から孤独を感じており、特に若い世代の方に顕著(米研究)

 アメリカ人の半数以上が孤独感を抱えているようだ。しかも特にこの傾向にあるのは十代後半の若者であるという。
 
 医療保険会社シグナと世論調査会社イプソスが2万人を対象に実施した調査から、アメリカ人のほぼ50パーセントが常日頃から孤独感や疎外感を抱えているこ…

偽物でも神秘体験を得たという人が続出。「神のヘルメット」実験で強力なプラセボ効果が照明される(オランダ研究)

 被って電気を流せば神秘体験が得られるという触れ込みの「神のヘルメット」だが、実はスケボーのヘルメットにコードを取り付けただけのもので、その配線は繋がっていない。

 にもかかわらず神秘体験を得たという。それは強力なプラセボ効果だったことが判明した。特に自…

何がフュージョンしたのか?「半獣半人」っぽい謎の巨大生物が目撃され波紋を呼ぶ(アルゼンチン)

 アルゼンチン・サンタフェで謎の巨大生物が目撃されたとして注目を集めてる。

 報道によると、その生き物は「半獣半人」っぽくて、まるでファンタジーの世界から抜け出してきたかのような姿をしていたそうだ。

 だがとてもアグレッシブなタイプで、これまでに2匹の犬…

人体冷凍保存技術がまた一歩前進。脳と人体を人工冬眠状態で保存できることを証明(米研究)

 アメリカの専門家は脳と人体を人工冬眠状態で保存できることを証明した。

 これまでのところ、ゼブラフィッシュでしか実施されていないが、同様の実験に60年間失敗してきたことを考えれば偉大なブレイクスルーである。




まつ毛育毛剤通販