電気自動車

テスラ、17年の新車販売台数を公表。10万台を超え記録を更新

投稿日:

イーロンマスク

米国のEVメーカー、テスラは1月3日、2017年第4四半期(10~12月)および2017年通年の世界新車販売(納車)台数を公表した。 通年で10万台を超え、販売記録を更新したという。

同社の発表によると、2017年第4四半期の世界販売(納車)台数は、2万9870台。前年同期比は34.5%増と大きく伸びた。

全販売台数2万9870台のうち、『モデルS』が1万5200台。前年同期比は19.7%増だった。新型クロスオーバー車、『モデルX』は1万3120台。前年比は38.1%増と大幅増を達成する。新型コンパクトEVセダンの『モデル3」は1550台。

また、2017年第4四半期の生産台数は、2万4565台。前年同期比は1.3%減と後退した。

テスラは2016年通年、7万6230台と過去最高の世界販売台数を達成。2017年は、これを上回る10万1312台と、販売記録を更新した。前年比は33%増と、大きく伸びている。
https://response.jp/article/2018/01/05/304371.html


続きを読む

続きを読む

-電気自動車

執筆者:


関連記事

イーロンマスクが「水素は愚か」と強がる理由とは

米テスラのイーロン・マスク社長は「水素はバカだ」と公言し、燃料電池車(FCV)を攻撃する。しかしモータージャーナリストの清水和夫氏は「攻撃するのはテスラにとって一番厄介な敵だから」という。
テスラにとって一番厄介な敵は水素 【安井】ZEV規制がテスラの業績を下…

東京都、2040年までにガソリン車販売ゼロを目指すと発表。EV乗ってないとダサい時代来てるね

東京都は2040年代までに都内でのガソリン車販売ゼロを目指し、マンションなどでの充電設備設置の無償化などを行う方針を固めた。
新年度予算案に関連予算約10億円を盛り込む。脱ガソリン車の動きは世界的潮流で、都は国内での取り組みをリードしたい考えだ。国際エネ…

東芝、EV用のリチウムイオン電池を開発。6分充電で320キロ走行可能の超急速充電

東芝は6分間で充電できる電気自動車(EV)用のリチウムイオン電池を開発した。
負極の材料にチタンとニオブの酸化物を使い、結晶がきれいに並ぶように合成することで、体積あたりの容量を2倍に高めた。短時間の充電で実用的な水準の320キロメートルを走行でき、EVの利…

テスラ、資金不足がかなり深刻か「きわめて重大な局面」

テスラは、15年に及ぶ同社の歴史上、きわめて重大な局面を迎えており、資金不足を懸念する声が相次いでいる。
新しい「モデル3」の製造の遅れは、マスクCEOの約束や判断に影を落としている。セミトレーラーからSUVまで、進行中の多くの新プロジェクトはライバル自動車メーカ…

テスラ、過去最大の赤字に。7~9月期、700億円

米電気自動車メーカーのテスラが1日発表した2017年7~9月期決算は、販売費用や研究開発費が膨らみ、純損益が6億1937万ドル(約700億円)の赤字となった。ロイター通信によると、四半期決算で過去最大の赤字額という。
売上高は前年同期比29・9%増の29…



まつ毛育毛剤通販