電気自動車

テスラ、17年の新車販売台数を公表。10万台を超え記録を更新

投稿日:

イーロンマスク

米国のEVメーカー、テスラは1月3日、2017年第4四半期(10~12月)および2017年通年の世界新車販売(納車)台数を公表した。 通年で10万台を超え、販売記録を更新したという。

同社の発表によると、2017年第4四半期の世界販売(納車)台数は、2万9870台。前年同期比は34.5%増と大きく伸びた。

全販売台数2万9870台のうち、『モデルS』が1万5200台。前年同期比は19.7%増だった。新型クロスオーバー車、『モデルX』は1万3120台。前年比は38.1%増と大幅増を達成する。新型コンパクトEVセダンの『モデル3」は1550台。

また、2017年第4四半期の生産台数は、2万4565台。前年同期比は1.3%減と後退した。

テスラは2016年通年、7万6230台と過去最高の世界販売台数を達成。2017年は、これを上回る10万1312台と、販売記録を更新した。前年比は33%増と、大きく伸びている。
https://response.jp/article/2018/01/05/304371.html


続きを読む

続きを読む

-電気自動車

執筆者:


関連記事

イーロンマスク「テスラ株空売りしてる奴は大やけどするぞ」

米テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は、同社株をショート(売り持ち)にしている投資家が「大やけど」することになると宣言した。
また、先日の電話会議でのやりとりが原因で株価が急落したことに関連し、一部アナリストと自分に対する批判を展開した。 …

怒声に週末稼動、モデル3の生産目標を達成したテスラの舞台裏

米電気自動車大手テスラは、週5000台という「モデル3」の生産目標を達成したが、組立工場では、怒声が飛び交い、従業員は週末もシフトに入ることが義務付けられてたという。
米カリフォルニア州フレモントにある米電気自動車(EV)大手テスラ(TSLA.O)の組立工場では…

ヤマダ電機が電気自動車事業に参入。2020年までに低価格EVを発売へ

家電量販最大手のヤマダ電機が電気自動車(EV)事業に参入する。
EV開発のベンチャー企業に出資し、部品は中国の自動車大手からの調達を見込む。生産は船井電機に委託し、2020年までに低価格のEVを発売する。EVはガソリン車より参入障壁が低く、自動車以外のメーカーも発売…

自動車業界の重鎮が予言「自動車の時代は終わりに近付いている。20年後に車を所有している人はいない」

自動車業界で長きにわたり幹部を務めてきたボブ・ラッツ氏は、自家用車の歴史が終わる日は近いと語った。大規模な自動運転車による交通網が、現在の自動車に取って代わり、自動車の歴史は、今後20年で幕を閉じる可能性があるという。
ラッツ氏は既にセミリタイアしているが…

テスラ、EVのトラックを公開。イーロンマスク「ガソリン車を駆逐する」

テスラは、初の電気トラックを公開した。乗用車だけでなく、商用車でも電動化の動きが広がっている。
テスラは16日、アメリカ西部のカリフォルニア州ロサンゼルスで、初めてとなる電気トラックを公開しました。 このトラックはトレーラーを引っ張って最大で40トン程度…





まつ毛育毛剤通販