電気自動車

テスラ、17年の新車販売台数を公表。10万台を超え記録を更新

投稿日:

イーロンマスク

米国のEVメーカー、テスラは1月3日、2017年第4四半期(10~12月)および2017年通年の世界新車販売(納車)台数を公表した。 通年で10万台を超え、販売記録を更新したという。

同社の発表によると、2017年第4四半期の世界販売(納車)台数は、2万9870台。前年同期比は34.5%増と大きく伸びた。

全販売台数2万9870台のうち、『モデルS』が1万5200台。前年同期比は19.7%増だった。新型クロスオーバー車、『モデルX』は1万3120台。前年比は38.1%増と大幅増を達成する。新型コンパクトEVセダンの『モデル3」は1550台。

また、2017年第4四半期の生産台数は、2万4565台。前年同期比は1.3%減と後退した。

テスラは2016年通年、7万6230台と過去最高の世界販売台数を達成。2017年は、これを上回る10万1312台と、販売記録を更新した。前年比は33%増と、大きく伸びている。
https://response.jp/article/2018/01/05/304371.html


続きを読む

続きを読む

-電気自動車

執筆者:


関連記事

トヨタ社長「ライバルはもはや自動車会社だけではなく、GoogleやApple、Facebookといった企業」

トヨタ自動車の豊田章男社長は、これからの自動車産業が激変することを指し、同社がその激変レースに参戦するという意思表示を示した。
「Start Your Impossible(不可能のチャレンジへ一歩踏み出そう)」。今年初めに、米ラスベガスで開かれた家電見本市「CES」の壇上で…

テスラ、パナソニックから幹部を引き抜いていた

大規模電池工場「ギガファクトリー」をテスラと共同運営しているパナソニック。両社の関係は良好とみられているが、パナの元幹部を突然引き抜かれるなど、熾烈な攻防が繰り広げられているという。
パナ側から見て引き抜かれた人物は、元副社長で直前まで常勤顧問だった山田…

2020年にEV市場に参入するダイソン、「日本が最初の市場になる可能性もある」

英家電大手ダイソンは20日、開発を進めている電気自動車(EV)について、日本が最初の発売国になる可能性があることを明らかにした。
同社は2020年にEV市場に参入する方針。今後、市場拡大が進むEVに自動車メーカー以外からの参入が相次ぎ、競争が激しくなりそうだ。 …

テスラの時価総額は高すぎる?「狂気の沙汰」との声も

2003年創業のテスラ。時価総額が大きすぎるのではないかとの懸念する声が上がっている。
販売規模100倍の「巨人」を抜く 17年4月10日、アメリカの株式市場に衝撃が走った。テスラの時価総額(株価に発行済み株式数を掛けたもの)が一時ゼネラル・モーターズ(GM…

経産省、「日本版EV戦略」夏をメドに策定へ。世界的な電気自動車シフトへ対応

経済産業省は、電気自動車などの次世代自動車について、初めてとなる総合的な政策づくりに向け、「日本版EV戦略」を策定する方針を固めたという。
「EVシフト」を巡っては、世界最大の自動車市場の中国のほか、イギリス、フランスが政策を相次いで打ち出すなど世界的に…




まつ毛育毛剤通販