電気自動車

アウディ、 ハンドルから手を離した状態でも走行が可能な「レベル3」の実用化へ

投稿日:

世界の自動車メーカーが自動運転の開発を急いでいるが、ことしはドライバーがハンドルから手を離した状態でも走行が可能な「レベル3」と呼ばれる技術が海外で実用化される見通しだという。

自動運転の技術は5つの段階に分類され、このうち実用化されているのは衝突を回避する自動ブレーキや渋滞時に前の車に自動で追従する機能など、ドライバーの運転を支援する「レベル2」までの技術です。

ことしは、次の段階のレベル3の実用化が焦点となっていて、ドイツの「アウディ」は高速道路でドライバーがハンドルから完全に手を離した状態でも走行が可能な車をドイツで発売する方針です。会社によりますと、こうした走行はまだドイツ以外の国では認められておらず、レベル3の実用化は世界で初めてになるということです。

日本ではことし、「日産自動車」が高速道路で自動で車線変更できる車を発売する計画で、レベル2の中でもより高度な技術の実用化に注目が集まりそうです。
続きはソース元から
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180102/k10011277301000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_028


続きを読む

続きを読む

-電気自動車

執筆者:


関連記事

テスラに激震、トヨタとパナとEV提携。「日本連合」で巻き返しへ

世界的にEVシフトが進む中、トヨタ自動車とパナソニックは、電気自動車の基幹部品となる電池の共同開発などを検討すると発表した。
トヨタの豊田章男社長は、2030年をめどに年間の販売台数のおよそ半分にあたる550万台を電気自動車などの電動車にする方針を明ら…

テスラのEVトラック、価格は15万ドル(約1670万円)から。これまじでガソリン車は駆逐されそうだな

米テスラが2019年発売を目指す電気自動車(EV)トレーラーの価格を15万ドル(約1670万円)からにすると公表した。
競合車種のディーゼル車との価格差を1割程度に抑えた。運用コストは2割以上安くなる見通しで、車体の差額は数年あれば回収できる計算。EVトラック全体…

トヨタ、東京五輪に向けレベル4の自動運転の実験開始へ

トヨタ自動車は23日、2020年の東京五輪・パラリンピックに合わせて、東京臨海部などで自動運転(レベル4相当)の実証実験を行うと発表した。
実験する自動運転は5段階の分類のうち「レベル4」と呼ばれるもので、天気など特定の条件を満たせば人の手を介さずにシス…

完全自動運転、米国ドライバーの7割超が「怖くて乗れない」

完全自動運転車について、米国のドライバーの73%が「怖くて乗れない」と考えていることが、米国自動車協会(AAA)が4月に実施した調査で分かった。
2017年末時点の調査では63%で、完全自動運転車に対する不信感が急激に高まった。 今年3月、公道試験中の米…

2040年までにガソリン車の販売を禁止する方針の英政府、HVも対象へ

2040年までにガソリン車とディーゼル車の販売を禁止する方針の英政府が、対象にハイブリッド車(HV)も含める案を検討していると複数の英メディアが報じた。
複数の英メディアが4日報じた。トヨタ自動車の「プリウス」など、現行のHVは将来売れなくなる恐れがある。現…





まつ毛育毛剤通販