電気自動車

アウディ、 ハンドルから手を離した状態でも走行が可能な「レベル3」の実用化へ

投稿日:

世界の自動車メーカーが自動運転の開発を急いでいるが、ことしはドライバーがハンドルから手を離した状態でも走行が可能な「レベル3」と呼ばれる技術が海外で実用化される見通しだという。

自動運転の技術は5つの段階に分類され、このうち実用化されているのは衝突を回避する自動ブレーキや渋滞時に前の車に自動で追従する機能など、ドライバーの運転を支援する「レベル2」までの技術です。

ことしは、次の段階のレベル3の実用化が焦点となっていて、ドイツの「アウディ」は高速道路でドライバーがハンドルから完全に手を離した状態でも走行が可能な車をドイツで発売する方針です。会社によりますと、こうした走行はまだドイツ以外の国では認められておらず、レベル3の実用化は世界で初めてになるということです。

日本ではことし、「日産自動車」が高速道路で自動で車線変更できる車を発売する計画で、レベル2の中でもより高度な技術の実用化に注目が集まりそうです。
続きはソース元から
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180102/k10011277301000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_028


続きを読む

続きを読む

-電気自動車

執筆者:


関連記事

世界のEVシフトが加速、内燃エンジンは消滅か

世界的なEV移行で、内燃エンジンは廃止に向けて一直線の道のりをたどっているという。
世界的な電気自動車(EV)移行の流れに、英豪系資源大手BHPビリトン(BLT.L)(BHP.AX)と掃除機が有名な英家電大手ダイソンも新たに加わろうとしている。BHPのアーノルド・ボールハ…

トヨタ社長「ライバルはもはや自動車会社だけではなく、GoogleやApple、Facebookといった企業」

トヨタ自動車の豊田章男社長は、これからの自動車産業が激変することを指し、同社がその激変レースに参戦するという意思表示を示した。
「Start Your Impossible(不可能のチャレンジへ一歩踏み出そう)」。今年初めに、米ラスベガスで開かれた家電見本市「CES」の壇上で…

自動運転車で事故を起こした際の責任の所在、日本「運転者」、ドイツ「メーカー」

自動運転車で事故を起こした際の責任の所在について、日本人の多くは「運転者」にあると考えているのに対し、ドイツ人は「自動車メーカー」にあると考えていることが、損害保険ジャパン日本興亜が行った調査で分かった。
ドイツ人の方が自動運転技術に関する認知度も高く、…

Baidu、日本各地で自動運転の実証実験へ。ソフトバンク子会社と提携

IT企業のバイドゥが、日本で自動運転の実証実験を始めることを発表した。
発表によりますと、中国の検索サイト最大手の「バイドゥ」は、ソフトバンクグループの子会社で自動運転事業を展開している「SBドライブ」と提携したということです。 両社は今年度中に国内の各…

夏野剛「EVの登場はユーザーエクスペリエンスの革命なんです。スマホの登場で業界が一変したような」

EVについて、ドワンゴ夏野剛氏が語った。曰く、ユーザーエクスペリエンスの革命が起きているという。
「今起きているのは、ユーザーエクスペリエンスの革命なんです。スマートフォンの登場で携帯電話業界が一変したような」――。 そう力説するのは、NTTドコモ在籍時に「i…




まつ毛育毛剤通販