電気自動車

アウディ、 ハンドルから手を離した状態でも走行が可能な「レベル3」の実用化へ

投稿日:

世界の自動車メーカーが自動運転の開発を急いでいるが、ことしはドライバーがハンドルから手を離した状態でも走行が可能な「レベル3」と呼ばれる技術が海外で実用化される見通しだという。

自動運転の技術は5つの段階に分類され、このうち実用化されているのは衝突を回避する自動ブレーキや渋滞時に前の車に自動で追従する機能など、ドライバーの運転を支援する「レベル2」までの技術です。

ことしは、次の段階のレベル3の実用化が焦点となっていて、ドイツの「アウディ」は高速道路でドライバーがハンドルから完全に手を離した状態でも走行が可能な車をドイツで発売する方針です。会社によりますと、こうした走行はまだドイツ以外の国では認められておらず、レベル3の実用化は世界で初めてになるということです。

日本ではことし、「日産自動車」が高速道路で自動で車線変更できる車を発売する計画で、レベル2の中でもより高度な技術の実用化に注目が集まりそうです。
続きはソース元から
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180102/k10011277301000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_028


続きを読む

続きを読む

-電気自動車

執筆者:


関連記事

日本人「テスラは潰れる!イーロンマスクは詐欺師!自動運転なんて絶対無理ww」←これ

1:風吹けば名無し 2018/04/01(日) 10:23:44.50 ID:13S/yVBPdUSO.net
確かに今はテスラやばいけど、たぶん乗り切って世界のEV車や自動運転技術をリードする未来が見えるわ 新しいことやるときはそりゃあ大損害も出るわ かつてアップルが倒産寸前だった頃、日本企業が余…

中国、EVへの移行を促す新規制を公表。日本は出遅れてるけど大丈夫なの…

中国政府が、電気自動車(EV)への移行を従来以上に強く促す規制を打ち出したという。
中国はかねてEVの奨励策を進め、生産・輸入の一定割合をEVなどにするよう求める新規制も、2018年に始める予定だった。内外のメーカーの反発で1年ずれ込んだが「少し時間に余…

EV時代が日本にも到来へ。もうガソリン車なんて乗ってたら老害と思われてもしかたないぞ

走行距離、充電設備のインフラなど、心配事はなくなりつつあり、世界的な“EVシフト”のうねりが、日本にも押し寄せてきているという。
日産が6日、開いた新型リーフの発表会。西川廣人社長は「実力のある車になった」と述べ、大きな自信をのぞかせました。 その根拠にな…

ホリエモンとひろゆき「日本はEVで置いてきぼり。大丈夫なのかね、この国は」

ホリエモンとひろゆき氏は、世界から遅れている感が否めない日本のEVシフトについて語った。曰く、日本だけ置いてきぼりって状況がEVでも起きるという。
ホリ EVはアメリカの「テスラ」がかなり先行しているよね。それにヨーロッパの自動車メーカーもEVへのシフトが加…

フォード、EV開発に1兆2000億円投資を発表。世界中でEVシフトが加速中

フォードは2022年までに電気自動車の開発に日本円で1兆2000億円余りを投じると発表した。
アメリカ2位の自動車メーカー、フォードは14日、デトロイトで開いた新型車の発表会で、2022年までに電気自動車の開発に110億ドル(日本円で1兆2000億円余り)…





まつ毛育毛剤通販