電気自動車

保守的すぎるトヨタ流の堅実経営。世界はイーロンマスク氏を支持へ

投稿日:

イーロンマスク

次々と新規事業を成功させる、イーロンマスク氏。脱石油・石炭に取り残される日本との「差」とは…。

世界の投資家が「脱石油・石炭」に舵を切った。安倍首相は「高効率石炭発電所」を世界に売り込み、非難を受けている。日本の考えるスピードでは高効率化も省エネルギーなのだが、世界の投資家の目先は、既に「自然エネルギー発電とEV」に向いている。その中で、テスラはEVを進めようとし、トヨタはPHVに留まっている。これはスピード間の遅れなのだろうか?

世界はイーロン・マスクのような「強引な展開を支持する」。投資家リードの世界であるからだ。トヨタ流の「堅実経営」では、投資家は納得しない。迷惑するユーザーを「気の毒」とする思慮は投資家にはない。「犠牲者になることは自己責任」としている。逆に、投資家の感じているほど技術的に日本は遅れてはいないのだが、意識はCo2「排出削減」ではなく「ゼロ」なのだ。投資家にとって、「展開技術」は「下々のやること」ぐらいに認識してるのだろう。実際には実現に向けて技術開発を行わねばならない。

イーロン・マスクが「大起業家」と騒がれているのは、昨年、一時GMを凌ぐ時価総額を記録したことなどからであろうか。また仕事の進め方などでは、アップル創業者のスティーブ・ジョブスに大変似た様子が見える。つまり無理な目標を掲げ、強引に達成していく手法で、他者の立場、つまり社員の立場などは「おかまいなし」ともとれる姿勢だ。

これは「起業家」には多い性格で…
続きはソース元で
http://www.zaikei.co.jp/article/20180101/418108.html


続きを読む

続きを読む

-電気自動車

執筆者:


関連記事

日産とNEC、リチウムイオン電池事業を中国企業に売却すると発表

日産自動車は3日、リチウムイオン電池を手掛ける子会社を2019年3月29日付で中国の再生可能エネルギー関連企業のエンビジョングループに売却すると発表した。
NEC(6701)グループとの共同出資会社であるオートモーティブエナジーサプライ(神奈川県座間市)について、…

テスラ、上海に米国外で初の電気自動車工場を建設へ。年間50万台の生産を目指す

米電気自動車大手テスラは、中国の上海にアメリカ国外では初となる工場を建設することで、地元当局と合意した。
テスラと上海当局の発表文によりますと、新工場は研究開発や生産、販売の拠点と位置付けられ、年間50万台の電気自動車の生産を目指します。テスラが、アメリ…

EV向け急速充電器を日中共同開発へ。充電時間を10分以下に短縮

電気自動車(EV)向けの急速充電器について、日本と中国の業界団体が、次世代規格を統一することで合意した。
2020年をめどに10分以下で充電できる機器の共同開発を目指す。日本と中国、欧州が、規格争いを繰り広げてきたが、日中が手を組むことで9割超の占有率(…

フォルクスワーゲン、バッテリー調達で中韓と2.6兆円規模の契約。EVでテスラへの攻勢強化

ドイツの自動車大手フォルクスワーゲンのミュラーCEOは13日、ベルリンで記者会見し、電気自動車の主要部品であるバッテリーについて、韓国、中国の大手企業と200億ユーロ(約2兆6000億円)規模の調達契約を交わしたことを発表した。
今後数年でEVに積極参入…

トヨタ、マツダ、デンソーの日本EV連合が誕生へ

トヨタ自動車とマツダ、トヨタグループの部品大手デンソーが、電気自動車(EV)の開発に向け新会社を共同で設立するという。
世界的な環境規制の厳格化を背景にガソリン車からEVへ移行する流れが加速しており、連携して基盤技術の開発を急ぐ。 トヨタとマツダは8月、…





まつ毛育毛剤通販