電気自動車

保守的すぎるトヨタ流の堅実経営。世界はイーロンマスク氏を支持へ

投稿日:

イーロンマスク

次々と新規事業を成功させる、イーロンマスク氏。脱石油・石炭に取り残される日本との「差」とは…。

世界の投資家が「脱石油・石炭」に舵を切った。安倍首相は「高効率石炭発電所」を世界に売り込み、非難を受けている。日本の考えるスピードでは高効率化も省エネルギーなのだが、世界の投資家の目先は、既に「自然エネルギー発電とEV」に向いている。その中で、テスラはEVを進めようとし、トヨタはPHVに留まっている。これはスピード間の遅れなのだろうか?

世界はイーロン・マスクのような「強引な展開を支持する」。投資家リードの世界であるからだ。トヨタ流の「堅実経営」では、投資家は納得しない。迷惑するユーザーを「気の毒」とする思慮は投資家にはない。「犠牲者になることは自己責任」としている。逆に、投資家の感じているほど技術的に日本は遅れてはいないのだが、意識はCo2「排出削減」ではなく「ゼロ」なのだ。投資家にとって、「展開技術」は「下々のやること」ぐらいに認識してるのだろう。実際には実現に向けて技術開発を行わねばならない。

イーロン・マスクが「大起業家」と騒がれているのは、昨年、一時GMを凌ぐ時価総額を記録したことなどからであろうか。また仕事の進め方などでは、アップル創業者のスティーブ・ジョブスに大変似た様子が見える。つまり無理な目標を掲げ、強引に達成していく手法で、他者の立場、つまり社員の立場などは「おかまいなし」ともとれる姿勢だ。

これは「起業家」には多い性格で…
続きはソース元で
http://www.zaikei.co.jp/article/20180101/418108.html


続きを読む

続きを読む

-電気自動車

執筆者:


関連記事

トヨタ、2025年までに全車種にHVやEVなど電動モデルを設定すると発表。エンジン車のみの車種ゼロへ

トヨタ自動車は18日、2025年ごろまでに世界で販売する全車種にハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)など電動モデルを設定すると発表した。
エンジン車のみの車種はなくし、どの車種でもさまざまな環境対応車を選べるようにする。今後量産するEVは20年代前…

テスラ車の死亡事故、オートパイロット中だったことが判明

テスラは30日、米西部カリフォルニア州で発生した死亡事故を巡り、事故当時、事故車に搭載された半自動運転機能が作動していたと発表した。
テスラによると、事故は23日午前9時半ごろに発生。半自動運転機能が作動中だったのは、事故車に残された記録を分析して判明し…

経産省、「日本版EV戦略」夏をメドに策定へ。世界的な電気自動車シフトへ対応

経済産業省は、電気自動車などの次世代自動車について、初めてとなる総合的な政策づくりに向け、「日本版EV戦略」を策定する方針を固めたという。
「EVシフト」を巡っては、世界最大の自動車市場の中国のほか、イギリス、フランスが政策を相次いで打ち出すなど世界的に…

アウディ、 ハンドルから手を離した状態でも走行が可能な「レベル3」の実用化へ

世界の自動車メーカーが自動運転の開発を急いでいるが、ことしはドライバーがハンドルから手を離した状態でも走行が可能な「レベル3」と呼ばれる技術が海外で実用化される見通しだという。
自動運転の技術は5つの段階に分類され、このうち実用化されているのは衝突を回避…

テスラ、上海に工場建設することで中国政府と合意

米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)は22日、米電気自動車(EV)メーカーのテスラが中国・上海市の自由貿易試験区に自社工場を建設することで上海市と合意したと報じた。
関係者の話としている。現在は発表時期などの詳細を詰めているという。 中国では大気…




まつ毛育毛剤通販