画像

帰省ミステリアス&サスペンス・実家に帰ったら変なものが置いてあった。

投稿日:

no title

 この年末年始、実家に里帰りした人も多いだろう。

 「実家」という場所には、突如として珍妙な「お宝」が現れることがある、これは日本に限ったことではなく、実家に帰ったら思わぬ珍品を発見することもある。

 アメリカでは正月というより、毎年11月末、感謝祭で家族と食事をするために実家に帰る人が多いのだが、その時にツイッター上で「実家で発見した変な物見せて?」という投稿があった。これが拡散すると、それに呼応して、たくさんの写真が寄せられたのである。

 うん、確かに珍品ぞろいだ。
続きを読む

続きを読む

-画像

執筆者:


関連記事

猫を巨大化させて都市景観に溶け込ませてみた。ちょっとアリだと思った。

 インドネシア在住のフランスディダ・ムアフィジン氏は、世界の観光名所や都市空間の画像に、ネットで人気の猫画像を巨大化して埋め込むコラ画像をインスタグラムに公開している。

 もし現実だったら何人かは踏みつぶされているのかもしれないが、それでも巨大な猫がいた…

(注目動画)衝撃!!世界中がこの日本人の為に集まった!ライバルのハーレーを救った理由に驚愕!さすが世界のHONDAと感動!びっくり仰天【すごい日本】

ご視聴頂きありがとうございます。 チャンネル登録をお願いします!⇒http://goo.gl/5rekjM 衝撃!!世界中がこの日本人の為に集まった!ライバルのハーレーを救った理由に驚愕!さすが世界の …

33歳童貞が描いた理想の嫁がこちらww.ww.ww.ww.これは共感できるww.ww.ww.ww.ww.ww

1:風吹けば名無し:2018/02/18(日) 09:08:50.13 ID:XmlAWdi00.net

最近疲れてるせいかこういう嫁がちょっと欲しい 励まし嫁 pic.twitter.com/iFuwhcaWKy— たっくる (@bb35893589) 2017年11月18日

もしロシアに行くのなら、チェックすべきソビエト時代の芸術的、近未来的バス停の数々

 ロシアがまだの社会主義国家、ソビエト連邦(1922年 – 1991年)だった時代に作られたというバスの停留所は、芸術性を帯びていた、時に近未来的だったりと、国家の繁栄を誇示するかのようなシンボリックなものが多かった。

 特にアメリカと冷戦状態にあった時には、芸術…

胸にドクロを宿した猫があまりにもかっこよすぎるのでコラ職人頑張る

 マジかよ?コラじゃないのかよ!と疑ってしまいたくなるレベルのくっきりドクロ。これまでも、白黒のマーブル模様やアライグマ風など個性的な柄を持つ猫の個体は確認していたが、ここまで見事なのはすごい。なんかロックだし黒魔術もはかどりそうである。

 そんな無敵素…



まつ毛育毛剤通販