第二次世界大戦

「軍艦よりも飛行機だ」早期退職したエンジニア(70)が旧陸軍の四式戦闘機「疾風」を復元中!

投稿日:

1: 泥ン ★
 《 群馬県南東部に位置し、北関東随一の工業都市である太田市。このまちは、飛躍的な発展を遂げた自動車大手、SUBARU(スバル)の本拠地だ。同社のルーツは中島飛行機。元海軍機関将校の中島知久平(明治17年~昭和24年)が「飛行機報国」を念じて大正6年12月に創設した。

 同市宝町に居を構える黒田郁夫さん(70)は、大戦中に中島飛行機が製造した戦闘機の復元を進めている。機体は陸軍の四式戦闘機「疾風(はやて)」(キ84)。米国から「日本最優秀戦闘機」として恐れられた戦闘機だ。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

70_edited-3
http://www.sankei.com/premium/news/171231/prm1712310007-n1.html
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1514699715/ 
引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/:Nakajima_Ki84_Hayate_N3385G_ONT_18.10.70_edited-3.jpg
続きを読む

続きを読む

-第二次世界大戦

執筆者:


関連記事

破壊筒を持って敵陣で自爆「肉弾(爆弾)三勇士」が戦時中、熱狂的なブームに…軍神とあがめられた若者たち!

1: 記憶たどり。 ★
 《 戦時中、福岡県久留米市にあった旧陸軍の工兵隊に所属していた無名の若者たちが「肉弾三勇士(爆弾三勇士)」として軍神とあがめられ、熱狂的なブームとなって国威発揚に利用された。本紙の前身である福岡日日新聞も、プロパガンダに一役買った。…

特攻隊員は「志願して死んでいった」のか?上官は「必ず死んでこい」と言った!

1: 泥ン ★
 《 「9回特攻に出撃して、9回生きて帰ってきた」人がいます。名前は佐々木友次。作家・演出家の鴻上尚史さんは、92歳の佐々木さんに5回会い、その証言を著書『不死身の特攻兵』(講談社現代新書)にまとめました。鴻上さんは取材を通じ、「志願して死んでいっ…

「間違いなく世界一の艦だった」「15.5cm副砲も優れていた」…戦艦「大和」の元副砲長(104)が当時を振り返る!

1: Toy Soldiers ★
 《 深井氏は戦前、海軍の通信技術者だった父親の影響から海軍兵学校に入り、終戦まで戦艦乗組員として活動した。そして、いくつかの艦を乗り継ぎ、昭和19年3月、少佐として世界最大と謳われた戦艦「大和」の副砲長を命じられた。  (略) 『大和』…

太平洋戦争の激戦地、硫黄島で日米合同慰霊式…生還者や遺族など約230人が参列!

1: 孤高の旅人 ★
 《 日本とアメリカ合同の慰霊式には、双方の遺族や硫黄島の戦いからの生還者のほか、小野寺防衛大臣など閣僚らおよそ230人が参列し、戦没者を追悼しました。参列した人たちは、戦争の記憶を風化させず、次の世代に引き継いで行くことの重要性を訴え…

世界最大の戦艦「大和」元乗組員が見た当時の南京の町…「虐殺は絶対にない」!

1: きつねうどん ★
 《 日本軍が誇った“世界最大の戦艦”大和は戦後、無謀な特攻との批判を受け、無用の長物とまで揶揄された。このままその歴史観が定着することは耐えられない──声を上げたのは、他ならぬ大和の元乗組員、現在104歳である。  (略) 11月下旬には…




まつ毛育毛剤通販