電気自動車

トヨタ主導の日本EV連合にスズキ、スバル、日野、ダイハツが参加。7社に拡大へ

投稿日:

スズキやSUBARU(スバル)、日野自動車、ダイハツ工業はトヨタ自動車が主導する電気自動車(EV)の基盤技術の開発会社に合流することを決めたという。

新たに参加する4社は2018年1月から技術者を派遣する。最新のEV技術を共有し、小型車、中型車、商用車など各社が強みをもつ車種に必要なEVの技術開発を加速する。商品化で先行する欧米勢や中国勢に対抗する。

トヨタ、マツダ、デンソーが9月に設立した「EVシー・…
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25267430Q7A231C1MM8000/


関連:トヨタ、マツダ、デンソーの日本EV連合が誕生へ : IT速報


続きを読む

続きを読む

-電気自動車

執筆者:


関連記事

EVは本当にエコなのか。火力発電のよるCO2排出に懸念も…

1:ノチラ ★ 2017/11/05(日) 23:53:06.81 ID:CAP_USER.net
EVが次世代の自動車として注目されるのは、ガソリンや軽油を燃料とせず、二酸化炭素(CO2)排出量が小さいからだ。しかしその電気を何からつくっているかさかのぼれば、必ずしも環境に優しいとは限らない。 …

中国、ガソリンなど化石燃料車を完全販売禁止を計画。世界のEVシフトが止まらないけど日本大丈夫なのかな…

ブルームバーグによると、中国は化石燃料車の販売を全面的に終了する予定だという。
中国は世界最大の自動車市場であり、昨年販売された自動車は2803万台で、2015年の販売台数に対して13.7%需要が増加した。同国は既に、自動車メーカーに対して電気自動車の製造と販売を奨…

保守的すぎるトヨタ流の堅実経営。世界はイーロンマスク氏を支持へ

次々と新規事業を成功させる、イーロンマスク氏。脱石油・石炭に取り残される日本との「差」とは…。
世界の投資家が「脱石油・石炭」に舵を切った。安倍首相は「高効率石炭発電所」を世界に売り込み、非難を受けている。日本の考えるスピードでは高効率化も省エネルギーな…

イーロンマスクの無茶振りに嫌気、テスラからエンジニアの離反相次ぐ

多くの技術者が「イーロンマスクの下で働きたい」と考えていたが、現在では無茶振りの過ぎるイーロンマスクに嫌気が差し、エンジニアの離反が相次いでいるという。
米電気自動車(EV)メーカー、テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は昨年10月、今後生産する全て…

テスラ、17年の新車販売台数を公表。10万台を超え記録を更新

米国のEVメーカー、テスラは1月3日、2017年第4四半期(10~12月)および2017年通年の世界新車販売(納車)台数を公表した。 通年で10万台を超え、販売記録を更新したという。
同社の発表によると、2017年第4四半期の世界販売(納車)台数は、2万9870台。前年同期比は34.5%…




まつ毛育毛剤通販