電気自動車

トヨタ主導の日本EV連合にスズキ、スバル、日野、ダイハツが参加。7社に拡大へ

投稿日:

スズキやSUBARU(スバル)、日野自動車、ダイハツ工業はトヨタ自動車が主導する電気自動車(EV)の基盤技術の開発会社に合流することを決めたという。

新たに参加する4社は2018年1月から技術者を派遣する。最新のEV技術を共有し、小型車、中型車、商用車など各社が強みをもつ車種に必要なEVの技術開発を加速する。商品化で先行する欧米勢や中国勢に対抗する。

トヨタ、マツダ、デンソーが9月に設立した「EVシー・…
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25267430Q7A231C1MM8000/


関連:トヨタ、マツダ、デンソーの日本EV連合が誕生へ : IT速報


続きを読む

続きを読む

-電気自動車

執筆者:


関連記事

日産、中国に1兆円投資を発表。22年までにEVなどの電動車20種以上投入へ

日産自動車と中国の東風汽車集団の合弁会社は5日、中国で2022年までに600億元(約1兆円)を投資すると発表した。
22年までに電気自動車(EV)などの電動車を20車種以上投入し、同年に中国の総販売台数を17年実績比7割増の260万台に引き上げる。中国ではトヨタ自動車や…

トヨタ、マツダ、デンソーの日本EV連合が誕生へ

トヨタ自動車とマツダ、トヨタグループの部品大手デンソーが、電気自動車(EV)の開発に向け新会社を共同で設立するという。
世界的な環境規制の厳格化を背景にガソリン車からEVへ移行する流れが加速しており、連携して基盤技術の開発を急ぐ。 トヨタとマツダは8月、…

イーロンマスク、Model 3の生産遅延にも「大局的に見れば比較的小さな変更に過ぎない」と楽観的

テスラの新型電気自動車「モデル3」の生産遅延が明らかになったが、イーロン・マスク氏は楽観的だという。
2017年第3四半期のモデル3の納車台数は、わずか222台だった。予定よりはるかに少なく、同社初の普及版となる小型セダンを購入するために1,000ドルの予約金を払った顧…

テスラの時価総額は高すぎる?「狂気の沙汰」との声も

2003年創業のテスラ。時価総額が大きすぎるのではないかとの懸念する声が上がっている。
販売規模100倍の「巨人」を抜く 17年4月10日、アメリカの株式市場に衝撃が走った。テスラの時価総額(株価に発行済み株式数を掛けたもの)が一時ゼネラル・モーターズ(GM…

東芝、EV用のリチウムイオン電池を開発。6分充電で320キロ走行可能の超急速充電

東芝は6分間で充電できる電気自動車(EV)用のリチウムイオン電池を開発した。
負極の材料にチタンとニオブの酸化物を使い、結晶がきれいに並ぶように合成することで、体積あたりの容量を2倍に高めた。短時間の充電で実用的な水準の320キロメートルを走行でき、EVの利…





まつ毛育毛剤通販