電気自動車

現代自動車「ジェネシス」、米誌の満足度調査でテスラ、ポルシェに続く3位にランクイン

投稿日:

現代車ラグジュアリーブランド「ジェネシス」が米国消費者専門誌コンシューマーリポートの車所有者満足度調査で、テスラやポルシェに次いで3位になった。

21日(現地時間)のコンシューマーリポートによると、ジェネシスは100点満点で81点を受け、テスラ(90点)、ポルシェ(85点)に次いで3番目に高かった。今回の調査は2015-18年式モデルを対象に購買者の期待性能などを評価した。運転経験、乗り心地、価値、スタイリング、オーディオなどが評価基準に含まれた。

コンシューマーリポートで自動車テスティングを担当するジェイク・フィッシャー氏は「オーナー(所有者)満足度調査は、該当車両が購買者にした約束を守っているかどうかを測定することに焦点を合わせた」と説明した。テスラが唯一の90点台で圧倒的1位だった。

同誌は「テスラの購買者は大きな価値よりも購買を通じて得られる幸福感に左右される」と分析した。また「現代車の新ラグジュアリーブランドのジェネシスは好スタートを切り、高い順位に入った」と伝えた。
http://japanese.joins.com/article/855/236855.html


続きを読む

続きを読む

-電気自動車

執筆者:


関連記事

ウーバーの自動運転車が実験走行中に死亡事故。走行実験は中断

アメリカ西部のアリゾナ州で、配車大手のウーバーが自動運転の実験用の車を公道で走らせていて、歩行者が実験車にはねられて死亡した。
自動運転の車による全米初の歩行者の死亡事故だと大きく伝えられ、自動運転の安全性などが問われることになりそうです。アリゾナ州の州…

韓国「電気自動車は遅れたがバッテリー技術は世界レベルだ」

電気自動車の普及速度を左右するものの一つがバッテリー技術だが、この分野で韓国企業が頭角を現しているという。
電気自動車のバッテリーはセル(Cell)、モジュール(Module)、パック(Pack)で構成される。多くのバッテリーセルをモジュールとパックとい…

ヒュンダイのSUV、日産リーフ超え。EV航続500kmへ

2017年6月に発表された韓国ヒュンダイのクロスオーバーSUV『コナ』は、リーフの400kmを超える500kmの航続距離を可能にするという。
『コナEV』(仮称)は、エントリーグレードに39.2kwh、トップグレードに64.2kwhの2種の異なるバッテリーパックを搭載、航続距離は日産『リー…

EV向け「ワイヤレス充電」実用化への動きが加速。駐車しておくだけで自動で充電できる時代へ

世界的に電気自動車の普及が加速する中、車体にケーブルをつなぐことなく無線で充電できる「ワイヤレス充電」の実用化に向けた動きが広がっているという。
このうち、大手機械メーカーのIHIが開発を進めているのは、駐車場の地面に設置し、車体の下側から電気を送るワイ…

テスラ、過去最大の赤字に。7~9月期、700億円

米電気自動車メーカーのテスラが1日発表した2017年7~9月期決算は、販売費用や研究開発費が膨らみ、純損益が6億1937万ドル(約700億円)の赤字となった。ロイター通信によると、四半期決算で過去最大の赤字額という。
売上高は前年同期比29・9%増の29…




まつ毛育毛剤通販