電気自動車

トヨタ、2025年までに全車種にHVやEVなど電動モデルを設定すると発表。エンジン車のみの車種ゼロへ

投稿日:

TOYOTA-PHV

トヨタ自動車は18日、2025年ごろまでに世界で販売する全車種にハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)など電動モデルを設定すると発表した。

エンジン車のみの車種はなくし、どの車種でもさまざまな環境対応車を選べるようにする。今後量産するEVは20年代前半に世界で10車種以上を投入する。

主要部品となる電池の研究開発費と設備投資には30年までに計1兆5千億円を投資する。EVは20年以降、中国で販売を始め日本やインド、米国、欧州に順次導入する。東京都内で同日開いた説明会で明らかにした。
https://www.sankeibiz.jp/business/news/171218/bsa1712181411002-n1.htm


続きを読む

続きを読む

-電気自動車

執筆者:


関連記事

2020年にEV市場に参入するダイソン、「日本が最初の市場になる可能性もある」

英家電大手ダイソンは20日、開発を進めている電気自動車(EV)について、日本が最初の発売国になる可能性があることを明らかにした。
同社は2020年にEV市場に参入する方針。今後、市場拡大が進むEVに自動車メーカー以外からの参入が相次ぎ、競争が激しくなりそうだ。 …

EVで出遅れてるトヨタ、全固体電池を20年代前半に実用化へ

トヨタ自動車のディディエ・ルロワ副社長は25日、電気自動車(EV)の航続距離を伸ばせるとされる次世代電池「全固体電池」を2020年代前半に実用化する方針を明らかにした。
EV投入で出遅れが指摘されるトヨタだが、実用化できれば競争力は一気に高まりそうだ。 …

トヨタがIT企業の下請けになる日はくるのか

自動運転、カーシェアなど、変革の波が押し寄せている自動車業界は今後どこへ向かうのか、ジャーナリストの井上久男氏が語った。
――自動車業界にどんな地殻変動が起きているのでしょうか。 井上久男氏(以下、井上) メーカーがつくってディーラーを通して売るという従来…

【悲報】日本、自動運転技術で出遅れ、欧米のカモに。戦犯はトヨタ

自動運転において、日本は世界からかなり遅れており、その結果、日本企業が「カモ」にされる恐れがあるという。
業界では、この技術開発で最も遅れているのがトヨタと言われている。 トヨタは「現地現物」を企業哲学の一つとして掲げている。実車で確認しないと不具合が発生…

トヨタ主導の日本EV連合にスズキ、スバル、日野、ダイハツが参加。7社に拡大へ

スズキやSUBARU(スバル)、日野自動車、ダイハツ工業はトヨタ自動車が主導する電気自動車(EV)の基盤技術の開発会社に合流することを決めたという。
新たに参加する4社は2018年1月から技術者を派遣する。最新のEV技術を共有し、小型車、中型車、商用車など各…



まつ毛育毛剤通販