電気自動車

EV向け「ワイヤレス充電」実用化への動きが加速。駐車しておくだけで自動で充電できる時代へ

投稿日:

世界的に電気自動車の普及が加速する中、車体にケーブルをつなぐことなく無線で充電できる「ワイヤレス充電」の実用化に向けた動きが広がっているという。

このうち、大手機械メーカーのIHIが開発を進めているのは、駐車場の地面に設置し、車体の下側から電気を送るワイヤレス充電器です。7年前から研究を進めていますが、電気を送る量を当初の2倍以上に増やし、技術的な実用化のめどが立ったということです。

フル充電にかかる時間は6時間以上と、通常の充電器と変わらないものの、ケーブルを接続する手間が省け、駐車しておくだけで自動的に充電できるようになるとしています。

IHIの担当者の藤原栄一郎さんは「自動駐車機能と連動させて駐車から充電までを自動で行えるようになれば、ユーザーの利便性が向上する」と話しています。

このほか、ドイツの自動車メーカー、BMWも、来年からワイヤレス充電器と、これに対応したプラグインハイブリッド車の販売を始めることにしていて、「ワイヤレス充電」の実用化に向けた動きが広がっています。
続きはソース元から
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20171217/k10011261811000.html


続きを読む

続きを読む

-電気自動車

執筆者:


関連記事

現代自動車「ジェネシス」、米誌の満足度調査でテスラ、ポルシェに続く3位にランクイン

現代車ラグジュアリーブランド「ジェネシス」が米国消費者専門誌コンシューマーリポートの車所有者満足度調査で、テスラやポルシェに次いで3位になった。
21日(現地時間)のコンシューマーリポートによると、ジェネシスは100点満点で81点を受け、テスラ(90点)、…

タイ政府、全てのトゥクトゥクを電動化すると発表。世界が電気自動車への流れ

タイ政府は観光地で人気の三輪タクシー「トゥクトゥク」を5年後の2022年までにすべて電動化する計画を発表した
三輪タクシーのトゥクトゥクは、タイの市民の足として、また観光地での移動手段としてタイ国内で幅広く利用されています。 このトゥクトゥクについてタイ…

EVは本当にエコなのか。火力発電のよるCO2排出に懸念も…

1:ノチラ ★ 2017/11/05(日) 23:53:06.81 ID:CAP_USER.net
EVが次世代の自動車として注目されるのは、ガソリンや軽油を燃料とせず、二酸化炭素(CO2)排出量が小さいからだ。しかしその電気を何からつくっているかさかのぼれば、必ずしも環境に優しいとは限らない。 …

イーロンマスクの無茶振りに嫌気、テスラからエンジニアの離反相次ぐ

多くの技術者が「イーロンマスクの下で働きたい」と考えていたが、現在では無茶振りの過ぎるイーロンマスクに嫌気が差し、エンジニアの離反が相次いでいるという。
米電気自動車(EV)メーカー、テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は昨年10月、今後生産する全て…

テスラ、過去最大の赤字に。7~9月期、700億円

米電気自動車メーカーのテスラが1日発表した2017年7~9月期決算は、販売費用や研究開発費が膨らみ、純損益が6億1937万ドル(約700億円)の赤字となった。ロイター通信によると、四半期決算で過去最大の赤字額という。
売上高は前年同期比29・9%増の29…



まつ毛育毛剤通販