電気自動車

EV向け「ワイヤレス充電」実用化への動きが加速。駐車しておくだけで自動で充電できる時代へ

投稿日:

世界的に電気自動車の普及が加速する中、車体にケーブルをつなぐことなく無線で充電できる「ワイヤレス充電」の実用化に向けた動きが広がっているという。

このうち、大手機械メーカーのIHIが開発を進めているのは、駐車場の地面に設置し、車体の下側から電気を送るワイヤレス充電器です。7年前から研究を進めていますが、電気を送る量を当初の2倍以上に増やし、技術的な実用化のめどが立ったということです。

フル充電にかかる時間は6時間以上と、通常の充電器と変わらないものの、ケーブルを接続する手間が省け、駐車しておくだけで自動的に充電できるようになるとしています。

IHIの担当者の藤原栄一郎さんは「自動駐車機能と連動させて駐車から充電までを自動で行えるようになれば、ユーザーの利便性が向上する」と話しています。

このほか、ドイツの自動車メーカー、BMWも、来年からワイヤレス充電器と、これに対応したプラグインハイブリッド車の販売を始めることにしていて、「ワイヤレス充電」の実用化に向けた動きが広がっています。
続きはソース元から
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20171217/k10011261811000.html


続きを読む

続きを読む

-電気自動車

執筆者:


関連記事

【朗報】トヨタ、2020年前半に一般道の自動運転を実用化。いよいよ人間の運転が不要になるぞ

トヨタ自動車は2020年代前半に一般道で自動運転できる車の販売を目指していることを公表した。
ドライバーの監視下において一般道でも車線変更や車間維持などが自動でできるようにする。同社が27日発表した自動運転に関する考え方をまとめた「自動運転白書」の中で一…

テスラ、全従業員の9%にあたる3000人以上をリストラへ。「難しいが、必要な組織の再編」

米電気自動車メーカーのテスラは、コストの削減と利益の確保に向けて、全従業員の9%にあたる3000人以上の人員削減を行うことを明らかにした。
テスラのイーロン・マスクCEOは12日、従業員に宛てた電子メールを公開する形で、全従業員の9%を削減することを明らかにしま…

フォルクスワーゲン、バッテリー調達で中韓と2.6兆円規模の契約。EVでテスラへの攻勢強化

ドイツの自動車大手フォルクスワーゲンのミュラーCEOは13日、ベルリンで記者会見し、電気自動車の主要部品であるバッテリーについて、韓国、中国の大手企業と200億ユーロ(約2兆6000億円)規模の調達契約を交わしたことを発表した。
今後数年でEVに積極参入…

【悲報】トヨタ、Uberの事故にビビって自動運転車の公道テストを休止

トヨタは、Uberの自動運転テスト車の事故を受けて、同社の自動運転システム‘Chauffeur’のアメリカにおける公道試験を一時休止する。
警察が発表した最初の所見では、被害者が道路の横断歩道以外の場所を急いで横断しようとしたため、人間運転者でも事故を避けることはきわ…

世界初、一般客を乗せた自動運転タクシーの実証実験を都内で開始

ZMPと日の丸交通は27日、一般客を乗せた自動運転タクシーの実証実験を東京都内で始めた。
タクシーが自動運転で公道を営業走行するのは世界で初めてという。平成32年をめどに無人の完全自動運転での商用化を狙う。 自動運転タクシーをめぐっては、米国企業が公道で…





まつ毛育毛剤通販