電気自動車

EV向け「ワイヤレス充電」実用化への動きが加速。駐車しておくだけで自動で充電できる時代へ

投稿日:

世界的に電気自動車の普及が加速する中、車体にケーブルをつなぐことなく無線で充電できる「ワイヤレス充電」の実用化に向けた動きが広がっているという。

このうち、大手機械メーカーのIHIが開発を進めているのは、駐車場の地面に設置し、車体の下側から電気を送るワイヤレス充電器です。7年前から研究を進めていますが、電気を送る量を当初の2倍以上に増やし、技術的な実用化のめどが立ったということです。

フル充電にかかる時間は6時間以上と、通常の充電器と変わらないものの、ケーブルを接続する手間が省け、駐車しておくだけで自動的に充電できるようになるとしています。

IHIの担当者の藤原栄一郎さんは「自動駐車機能と連動させて駐車から充電までを自動で行えるようになれば、ユーザーの利便性が向上する」と話しています。

このほか、ドイツの自動車メーカー、BMWも、来年からワイヤレス充電器と、これに対応したプラグインハイブリッド車の販売を始めることにしていて、「ワイヤレス充電」の実用化に向けた動きが広がっています。
続きはソース元から
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20171217/k10011261811000.html


続きを読む

続きを読む

-電気自動車

執筆者:


関連記事

スペースX、世界最強の「ファルコンヘビー」の打ち上げに成功。テスラのロードスターが宇宙に

イーロンマスク氏の「スペースX」は、現存する中で最も打ち上げ能力が大きいロケットを試験的に打ち上げ、車を搭載した先端部分を火星に向けた軌道に乗せるために切り離すことに成功した。
「スペースX」は、6年後を目指して火星に有人宇宙船を送る計画で、現存する中で…

EVで出遅れてるトヨタ、全固体電池を20年代前半に実用化へ

トヨタ自動車のディディエ・ルロワ副社長は25日、電気自動車(EV)の航続距離を伸ばせるとされる次世代電池「全固体電池」を2020年代前半に実用化する方針を明らかにした。
EV投入で出遅れが指摘されるトヨタだが、実用化できれば競争力は一気に高まりそうだ。 …

トヨタ主導の日本EV連合にスズキ、スバル、日野、ダイハツが参加。7社に拡大へ

スズキやSUBARU(スバル)、日野自動車、ダイハツ工業はトヨタ自動車が主導する電気自動車(EV)の基盤技術の開発会社に合流することを決めたという。
新たに参加する4社は2018年1月から技術者を派遣する。最新のEV技術を共有し、小型車、中型車、商用車など各…

テスラの新型EV「ロードスター」が凄すぎる件。1.9秒で時速100kmに到達、史上最速を実現へ

電気自動車(EV)メーカーのテスラが、新型EVスポーツカー「ロードスター」を発表した。
小さめのボディに強力なモーターを3基搭載するこのモデルは最高速度が時速400kmを超え、わずか1.9秒で時速96kmに達するなど、地球で市販されてきた自動車の全てを凌駕する「史上最速の…

Panasonic、完全自動運転EVを公開。2021年度にも実用化へ

パナソニックが完全自動運転の電気自動車(EV)のコンセプトカーを公開した。早ければ2021年度のサービス実用化を目指すという。
パナソニックは30日、完全自動運転の電気自動車(EV)のコンセプトカーを報道陣に公開した。ディスプレーや自動運転関連の技術を結集したコン…





まつ毛育毛剤通販