電気自動車

EV向け「ワイヤレス充電」実用化への動きが加速。駐車しておくだけで自動で充電できる時代へ

投稿日:

世界的に電気自動車の普及が加速する中、車体にケーブルをつなぐことなく無線で充電できる「ワイヤレス充電」の実用化に向けた動きが広がっているという。

このうち、大手機械メーカーのIHIが開発を進めているのは、駐車場の地面に設置し、車体の下側から電気を送るワイヤレス充電器です。7年前から研究を進めていますが、電気を送る量を当初の2倍以上に増やし、技術的な実用化のめどが立ったということです。

フル充電にかかる時間は6時間以上と、通常の充電器と変わらないものの、ケーブルを接続する手間が省け、駐車しておくだけで自動的に充電できるようになるとしています。

IHIの担当者の藤原栄一郎さんは「自動駐車機能と連動させて駐車から充電までを自動で行えるようになれば、ユーザーの利便性が向上する」と話しています。

このほか、ドイツの自動車メーカー、BMWも、来年からワイヤレス充電器と、これに対応したプラグインハイブリッド車の販売を始めることにしていて、「ワイヤレス充電」の実用化に向けた動きが広がっています。
続きはソース元から
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20171217/k10011261811000.html


続きを読む

続きを読む

-電気自動車

執筆者:


関連記事

ホンダ、中国IT大手「東軟集団」とEVの共同開発を発表

ホンダは11日、中国で2018年に発売する電気自動車(EV)を中国のIT大手、東軟集団(ニューソフト)と共同開発すると発表した。
バッテリー制御技術や車両データの管理、つながる車(コネクテッドカー)の分野で協力する。中国政府はEVの普及を進めている。ホンダは各…

イーロンマスク、Model 3の生産遅延にも「大局的に見れば比較的小さな変更に過ぎない」と楽観的

テスラの新型電気自動車「モデル3」の生産遅延が明らかになったが、イーロン・マスク氏は楽観的だという。
2017年第3四半期のモデル3の納車台数は、わずか222台だった。予定よりはるかに少なく、同社初の普及版となる小型セダンを購入するために1,000ドルの予約金を払った顧…

テスラの時価総額は高すぎる?「狂気の沙汰」との声も

2003年創業のテスラ。時価総額が大きすぎるのではないかとの懸念する声が上がっている。
販売規模100倍の「巨人」を抜く 17年4月10日、アメリカの株式市場に衝撃が走った。テスラの時価総額(株価に発行済み株式数を掛けたもの)が一時ゼネラル・モーターズ(GM…

テスラ「モデルS」、過去最大規模リコールへ。ボルトが腐食する恐れ

テスラは29日、主力車種「モデルS」のリコール(回収・無償修理)を始めたと明らかにした。
2016年4月以前に製造した12万3000台が対象となる。累計販売の4割強に相当する。新型車の量産に手間取るなど、同社の生産体制を不安視する声もある。リコールでブランドのさらな…

【悲報】オートパイロットで走行中のテスラ車、時速100キロで消防車に突っ込んでしまう

米テスラの電気自動車がカリフォルニア州の幹線道路を走行中に、消防車に衝突する事故を起こした。現地の消防団が明らかにした。
同州カルバー氏の消防団は、消防車の車体後部に突っ込んでフード部分が大きく損傷したテスラの「モデルS」の写真を22日のツイッターに掲載…



まつ毛育毛剤通販