中国

文在寅冷遇を批判した韓国が『中国に逆に殴り返される』凄絶な展開に。中国は幼稚さに配慮も許しもしない

投稿日:

1:Egg ★:2017/12/15(金) 00:07:15.67 ID:CAP_USER.net

中国国営英字紙・環球時報が14日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の中国国賓訪問に関する韓国メディアの報道について「韓国メディアはオウンゴールをやめよ」という表現を用いて批判した。

同紙は14日付の社説で「中国は文大統領の訪中に向けて最善の準備をした」「しかし一部の韓国メディアは、中国側の礼遇レベルが低いことや、韓中首脳会談後の共同声明発表と共同記者会見がないことを批判的に報じている」と主張した。

さらに同紙は、終末高高度防衛ミサイル(THAAD)をめぐって韓国が表明したいわゆる「三不(三つのノー)」の履行を中国が韓国に強調していることについても、「韓国メディアは不満をあらわにし、『中国は偏狭だ』『外交的慣例にそぐわない』などと報じた」と指摘した。「三不」とは▲THAADの追加配備をしない▲米国のミサイル防衛〈MD〉に参加しない▲韓米日軍事同盟はない-の三つを指す。

同紙は、偏狭なのは中国ではなく韓国メディアだとして「このような報道は文大統領の訪中を成功させる上で何の役にも立たず、両国関係の改善をいっそう困難にしている」と主張した。

THAAD問題について同紙は、依然として韓中間に摩擦があると指摘した。同紙は「THAAD問題は韓中関係の最大の障害物」だとして「両政府は部分的には意見が一致したが、依然として摩擦がある。首脳会談後に共同声明を発表しないのは、このような不一致が依然として存在しているからだ」と主張した。さらに「このような時期に韓国メディアが文大統領の訪中成果を否定的に解釈するのは、『国益のゴール』にオウンゴールを決めるようなものだ」とつづった。

同紙は「韓国メディアは事実に基づいて報道すべき。韓国のTHAAD配備に反対する中国の立場が変わらないことを認識し、複雑な状況下でようやく改善した韓中関係を大切に考えなければならない」と主張。さらに、韓国メディアの報道には自分たちの気づかない傲慢さが表れているとして「文大統領訪中に対する韓国保守勢力の不満の表れともみられる」と指摘した。

同紙はまた「中国はこのような幼稚さに配慮もしないし許すこともないだろう」と強調。続けて「文大統領の訪中を機に、韓中の指導者たちは今まで以上に意思疎通を図るだろうし、両国の信頼も高まるはずだ」「複雑な情勢の中で、両国が関係をいかにして築いていくかが重大な課題であり、文大統領の訪中がいい答えを生み出すのだとすれば、重要な意味があるだろう」と主張した。

12/14(木) 23:03配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171214-00003007-chosun-kr



続きを読む

続きを読む

-中国

執筆者:


関連記事

日本のアショア導入に中国人が日本製品ボイコットの可能性を示唆 我々もTHAADを購入しよう

1:名無しさん@涙目です。(秋田県) [JP]:2018/08/05(日) 09:02:41.37 ID:1XAR7Z1e0 BE:194767121-PLT(12001)
2018年8月3日、新浪軍事は、日本政府が4000億円かけてイージス・アショアを導入すると伝えた。 記事は、日本政府が導入を決定した地上配備型迎撃システム「イ…

ユーチューバー「中国はピンチになると日本にすり寄ってくる!一貫して反日姿勢は変わらない!もう騙されてはいけない!」

中国はピンチになると日本にすり寄ってくる。文化大革命でボロボロになった中国を支援し、天安門事件で国際的評価がズタボロになった後に天皇訪中で風向きを変えるなど散々支援したが、一貫して反日姿勢は変わらない。今は米中対立でピンチだから日本にすり寄ってきた。…

没落する日韓家電メーカー、中国が世界のリーダーに…中国メディア!

1: たんぽぽ ★
 《 中国誌・中外管理雑誌によると、家電でかつて世界に君臨した日本や韓国は没落し、中国が新たなリーダーになると、中国の業界ウォッチャーが予想している。  「世界の家電産業は、1980年より前は欧米が、2000年以前は日本が、2015年以前は韓国がリ…

報酬2倍で、香港で働く家政婦の大量流出も? 中国がフィリピン人ベビーシッターの爆買いへ

報酬2倍で、香港で働く家政婦の大量流出も? 中国がフィリピン人ベビーシッターの爆買いへの画像1
イメージ画像(Thinkstockより)

 昨年、中国は1979年から続けてきた一人っ子政策を廃止し、二人っ子政策へとかじを切った。現在生まれてくる新生児の約半数は「二人目」といわれており、限定的ではあるが、官製ベビーブームが起こっている。

 そんな中、不足しているのがベビーシッターだ。中国事情に詳しいフリーライターの吉井透氏は、次のように話す。

「共働きが一般的な中国では、祖父母に育児を手伝ってもらうことは当たり前。しかし、二人目となると、一人目よりも祖父母が高齢化していたり、子ども二人分の育児はさすがにキャパシティーオーバーということで、中流以上ではベビーシッターを雇う家庭が多いんです。そのベビーシッターが、今年に入って不足している。報酬の相場も上昇していて、上海では月に2万元(約32万円)は出さなければ見つからない状況になっている。ベビーシッターを予約してから子作りを開始するという夫婦もいるほどです」

 そんな状況下、中国ではこれまで外国人に認められなかったベビーシッター業務の担い手として、フィリピン人労働者の受け入れを検討しているという。

 フィリピン労働雇用省(DOLE)の副部長が明らかにしたところでは、北京、上海、アモイなどの主要都市が、フィリピン人労働者に対し、ベビーシッター業務を近く解禁。ベビーシッターへの報酬は、月額1万3,000元(約21万円)に達すると見込まれている。

 ベビーシッターとしてフィリピン人労働者が特例的に選ばれた背景には、フィリピン人の英語力があるという。英語が堪能なフィリピン人をベビーシッターとして雇うことで、子どもに英語を学ばせようというわけだ。

 しかし、こうした中国の動きに、香港人は警戒感を強めている。香港では、中流家庭でも家政婦を雇うことが一般的だ。

 現在、約30万人の外国人家政婦が働いているというが、そのうち最も多いのがフィリピン人なのである。しかし、香港紙「アップルデイリー」によると、月額1万3,000元というのは、香港でフルタイムの住み込み家政婦に支払われる月額の約2倍。中国のフィリピン人ベビーシッター受け入れが実現すれば、香港で働くフィリピン人が、こぞって中国に移動してしまう危惧があるのだ。 

 紙おむつや粉ミルクなど、ベビー関連用品の数々を大陸からの爆買い客に買い占められたことで、香港人の反中国感情が高まったという前例もある。その上、家政婦まで奪われるとなれば、彼らの不満をさらに刺激することとなりそうだ。 

 また、日本でも4月からフィリピン人家政婦の受け入れが開始されたが、報酬の改善などを余儀なくされることになるかもしれない。

韓国企業のサプライチェーンが瓦解寸前だと経済専門家が警鐘を鳴らす 米国の追加関税で輸出計画が崩壊

1:荒波φ ★ :2018/09/19(水) 09:30:54.75 ID:CAP_USER
米トランプ政権が24日から関税を課すことにした2000億ドル相当の中国製輸入品にサムスン電子とLGエレクトロニクスなどが中国で生産した冷蔵庫やテレビなどの家電製品と一部メモリー半導体が含まれ、韓国企業…





まつ毛育毛剤通販