電気自動車

テスラに激震、トヨタとパナとEV提携。「日本連合」で巻き返しへ

投稿日:

TOYOTA-PHV

世界的にEVシフトが進む中、トヨタ自動車とパナソニックは、電気自動車の基幹部品となる電池の共同開発などを検討すると発表した。

トヨタの豊田章男社長は、2030年をめどに年間の販売台数のおよそ半分にあたる550万台を電気自動車などの電動車にする方針を明らかにしました。

それによりますと、トヨタとパナソニックは、電気自動車の基幹部品となるリチウムイオン電池のほか、走行距離が飛躍的に伸びるとされる次世代の電池、「全固体電池」の共同開発など新たな協業の可能性を検討するとしています。

両社はすでにハイブリッド車向けの電池の生産で提携していますが、トヨタは、電池の開発に強みを持つパナソニックとの関係をさらに強化し、出遅れが指摘されている電気自動車の量産に向けた体制づくりを急ぐ方針です。

トヨタ自動車の豊田章男社長は記者会見で、協業を検討する理由について、「自動車業界は100年に1度の大変革の時代に直面し、これまでの延長線上に未来はない。今後のカギを握るのは電池になるが、資源のない日本が競争力のある電池を安定供給するためには単独の努力では解決できない」と述べました。

トヨタとしては今回、EVの性能のカギを握る電池の分野でもパナソニックとの提携を強化することになり、日本メーカーの技術力を結集するいわば「日本連合」で巻き返しを図る方針です。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20171213/k10011257491000.html


続きを読む

続きを読む

-電気自動車

執筆者:


関連記事

2018年は真の電気自動車元年に。テスラ「モデル3」などかつてないほどの選択肢

世界中が脱ガソリン車・ディーゼル車を加速させており、2018年は真のEV元年になるという。
電気自動車(EV)が大きな盛り上がりをみせているが、世界のクルマの売り上げでEVが占める割合はほんの少し。1パーセント以下というわずかなシェアだ。 しかし、いま世界各地で、内…

テスラ、資金不足がかなり深刻か「きわめて重大な局面」

テスラは、15年に及ぶ同社の歴史上、きわめて重大な局面を迎えており、資金不足を懸念する声が相次いでいる。
新しい「モデル3」の製造の遅れは、マスクCEOの約束や判断に影を落としている。セミトレーラーからSUVまで、進行中の多くの新プロジェクトはライバル自動車メーカ…

NEC、中国系ファンドにEV電池部品子会社の売却を発表

NECは4日、電気自動車(EV)向けにリチウムイオン電池の部品を手掛ける完全子会社「NECエナジーデバイス」(相模原市)を中国系の投資ファンド「GSRキャピタル」に売却すると発表した。
来年3月30日に全株式を譲渡し、2018年3月期連結決算の営業利益に約60億円を計上する見…

FBIがテスラを捜査か。「モデル3」の生産台数目標に関する虚偽の疑い

ウォール・ストリート・ジャーナルは、テスラが「モデル3」の生産目標に関して虚偽の発表を行ったという容疑で、アメリカの連邦捜査局(FBI)が捜査していると報じた。
この件を報じたウォール・ストリート・ジャーナルによると、FBIは、テスラが達成不可能な生産予測である…

ジャガー、初のEV「I-PACE」の国内受注を開始。航続400キロのSUV、スポーツカー級の加速性能、 価格は959万円から

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは26日、同社初の電気自動車(EV)「I―PACE」の受注を始めたと発表した。
航続距離400キロメートル以上を実現した多目的スポーツ車(SUV)で、エンジン機構が不要なEVの利点を生かし、広い収納スペースも確保した。スポーツ…





まつ毛育毛剤通販