電気自動車

テスラに激震、トヨタとパナとEV提携。「日本連合」で巻き返しへ

投稿日:

TOYOTA-PHV

世界的にEVシフトが進む中、トヨタ自動車とパナソニックは、電気自動車の基幹部品となる電池の共同開発などを検討すると発表した。

トヨタの豊田章男社長は、2030年をめどに年間の販売台数のおよそ半分にあたる550万台を電気自動車などの電動車にする方針を明らかにしました。

それによりますと、トヨタとパナソニックは、電気自動車の基幹部品となるリチウムイオン電池のほか、走行距離が飛躍的に伸びるとされる次世代の電池、「全固体電池」の共同開発など新たな協業の可能性を検討するとしています。

両社はすでにハイブリッド車向けの電池の生産で提携していますが、トヨタは、電池の開発に強みを持つパナソニックとの関係をさらに強化し、出遅れが指摘されている電気自動車の量産に向けた体制づくりを急ぐ方針です。

トヨタ自動車の豊田章男社長は記者会見で、協業を検討する理由について、「自動車業界は100年に1度の大変革の時代に直面し、これまでの延長線上に未来はない。今後のカギを握るのは電池になるが、資源のない日本が競争力のある電池を安定供給するためには単独の努力では解決できない」と述べました。

トヨタとしては今回、EVの性能のカギを握る電池の分野でもパナソニックとの提携を強化することになり、日本メーカーの技術力を結集するいわば「日本連合」で巻き返しを図る方針です。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20171213/k10011257491000.html


続きを読む

続きを読む

-電気自動車

執筆者:


関連記事

EV時代が日本にも到来へ。もうガソリン車なんて乗ってたら老害と思われてもしかたないぞ

走行距離、充電設備のインフラなど、心配事はなくなりつつあり、世界的な“EVシフト”のうねりが、日本にも押し寄せてきているという。
日産が6日、開いた新型リーフの発表会。西川廣人社長は「実力のある車になった」と述べ、大きな自信をのぞかせました。 その根拠にな…

テスラ、パナソニックから幹部を引き抜いていた

大規模電池工場「ギガファクトリー」をテスラと共同運営しているパナソニック。両社の関係は良好とみられているが、パナの元幹部を突然引き抜かれるなど、熾烈な攻防が繰り広げられているという。
パナ側から見て引き抜かれた人物は、元副社長で直前まで常勤顧問だった山田…

テスラ、中間管理職など400人をいきなりクビに

米電気自動車テスラ<TSLA.O>が9日以降に中間管理職など約400人を解雇したという。
元社員が13日、ロイターに語った。 テスラは電子メールを通じて、解雇が年次の全社的な評価作業の結果だと説明したが、解雇人数がおよそ400人だったかどうかは明らかにしなかっ…

スペースX、世界最強の「ファルコンヘビー」の打ち上げに成功。テスラのロードスターが宇宙に

イーロンマスク氏の「スペースX」は、現存する中で最も打ち上げ能力が大きいロケットを試験的に打ち上げ、車を搭載した先端部分を火星に向けた軌道に乗せるために切り離すことに成功した。
「スペースX」は、6年後を目指して火星に有人宇宙船を送る計画で、現存する中で…

テスラ、EVのトラックを公開。イーロンマスク「ガソリン車を駆逐する」

テスラは、初の電気トラックを公開した。乗用車だけでなく、商用車でも電動化の動きが広がっている。
テスラは16日、アメリカ西部のカリフォルニア州ロサンゼルスで、初めてとなる電気トラックを公開しました。 このトラックはトレーラーを引っ張って最大で40トン程度…



まつ毛育毛剤通販