電気自動車

トヨタなど、「水素ステーション」80カ所設置へ。イーロンマスクに愚かと言われた水素で大丈夫なのかこれ

投稿日:

TOYOTA-PHV

トヨタ自動車や日産自動車、JXTGエネルギーなど11社は、2022年3月末までに水素ステーションを国内都市部の80カ所に共同で建設するという。

来春に共同出資会社を設立し、消費者の燃料切れの懸念を払拭できるよう、水素ステーションの効率的な配置計画をつくる。日本の自動車メーカーが先行する燃料電池車(FCV)の普及を後押しする。

新会社にはホンダや出光興産、東京ガス、岩谷産業、豊田通商、日本政策…
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24492280R11C17A2TJ2000/


関連:【悲報】トヨタを嘲笑うテスラ。イーロンマスク「水素社会など来ないよ笑」 : IT速報


続きを読む

続きを読む

-電気自動車

執筆者:


関連記事

イーロンマスク「3年あれば280万円の小型EVを作れる」

テスラのイーロン・マスクCEOが、将来的にModel 3よりもさらに小型かつ安価なEV開発の構想を、YouTuber マルケス・ブラウンリー氏によるインタビューで明らかにした。曰く、テスラは今後「約3年」で2万5000ドル(約278万円)の電気自動車を作れるという。
動画の中で、ブラウ…

トヨタ主導の日本EV連合にスズキ、スバル、日野、ダイハツが参加。7社に拡大へ

スズキやSUBARU(スバル)、日野自動車、ダイハツ工業はトヨタ自動車が主導する電気自動車(EV)の基盤技術の開発会社に合流することを決めたという。
新たに参加する4社は2018年1月から技術者を派遣する。最新のEV技術を共有し、小型車、中型車、商用車など各…

テスラ、モデル3の量産計画をまた先送りに。客の前払い予約金でなんとか食いつないでる状態か

テスラは、「モデル3」量産計画を再度先送りした。週産5千台の目標をさらに3カ月延期にするという。
米テスラが7日発表した2017年10~12月期決算は最終損益は6億7535万ドル(約740億円)の赤字(前年同期は1億2133万ドルの赤字)となった。新型電気自動車(EV)「モデ…

イーロンマスクの無茶振りに嫌気、テスラからエンジニアの離反相次ぐ

多くの技術者が「イーロンマスクの下で働きたい」と考えていたが、現在では無茶振りの過ぎるイーロンマスクに嫌気が差し、エンジニアの離反が相次いでいるという。
米電気自動車(EV)メーカー、テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は昨年10月、今後生産する全て…

経産省、「日本版EV戦略」夏をメドに策定へ。世界的な電気自動車シフトへ対応

経済産業省は、電気自動車などの次世代自動車について、初めてとなる総合的な政策づくりに向け、「日本版EV戦略」を策定する方針を固めたという。
「EVシフト」を巡っては、世界最大の自動車市場の中国のほか、イギリス、フランスが政策を相次いで打ち出すなど世界的に…





まつ毛育毛剤通販