日本

しばき隊・菅野完の『人類最底辺の無様な現状』が暴露された模様。最悪な言い分で慰謝料を減額要求

投稿日:

1:動物園φ ★:2017/12/03(日) 10:31:01.53 ID:CAP_USER.net

菅野完氏の控訴審が即日結審 加害行為の軽視主張、慰謝料減額求める
12/1(金) 17:57配信

週刊金曜日

 初対面の女性に性的暴行を働いたとして、一審で慰謝料100万円を含む損害賠償110万円の支払い命令を受けた『日本会議の研究』著者・菅野完氏の控訴審が11月7日、東京高裁で始まった。一審で性的暴行の事実について大きな争いはなかったが、菅野氏は8月12日付で控訴。「(性的暴行の)回数が1回であり、かつ短時間のうちに終わっている」など自らの加害行為を軽視する主張のもと、慰謝料の減額を求めている。

 菅野氏は2012年初夏、同氏主催の運動に賛同する被害者と初めて対面し、「公安に追われている」「パソコン作業の必要がある」と説明し被害者宅に移動。被害者をベッドに押し倒し、キスをしようとしたほか、「抱っこ」を要求した。体を離した後も性的欲望を伝え続けた。被害者は15年末に民事訴訟を提起し、一審は、性的暴行により被害者がカウンセリングを受けるようになったことも認めた。

 控訴した菅野氏は、控訴提起から50日以内の提出と定められている控訴理由書を、期限が過ぎた10月10日になって提出。冒頭の主張のほか、「押し倒し、キスをしようとしたにとどまる」「胸部や臀部、股間等、女性の身体の中でも特に性的自由侵害の程度が高い部位には触れていない」などと弁明した。また、「慰謝料は5万円を超えることはない」と一審と同様の主張も展開した。

 これに対し被害者は、一審判決が認定したように、拒絶されていることを認識した後も菅野氏はしばらくの間、押し倒した体勢を続け、その後も性行為を求める言動を繰り返しており、「相当悪質」だと指摘。7月13日に施行された改正刑法では「強制性交等罪」に性交類似行為が含まれるようになったことを挙げ、一審判決は維持されるべきだとした。さらに、判決日に、菅野氏側の三浦義隆弁護士が事実でないことや一方的な解釈に基づく裁判についてのブログ記事を公開したことで、誹謗中傷にさらされ、二次加害(セカンドレイプ)にも苦しんでいるとした。

 東京高裁は両者の主張を受け、11月7日に即日結審した。判決は来年2月8日15時半。一方、被害者側は8月24日付で千葉県弁護士会に三浦弁護士の懲戒請求をした。弁護士会は三浦氏に答弁書の提出を求めているが、まだ提出されていないという。

(本誌取材班、11月17日号)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171201-00010000-kinyobi-soci



続きを読む

続きを読む

-日本

執筆者:


関連記事

今年の流行語大賞で『朝日新聞が”最悪のマッチポンプ”をやらかした』と露呈した模様。ツッコミ所満載すぎる

1:(^ェ^) ★:2017/12/02(土) 12:43:23.73 ID:CAP_USER9.net
http://netgeek.biz/archives/107637 流行語大賞トップ10入りを果たした「フェイクニュース」で賞を受賞した明治大学の清原聖子准教授(情報コミュニケーション学部)のコメントに奇妙な紹介が混じって…

韓国嫌いを公言した歌手が『韓国の猛抗議で脱退を迫られる』嫌すぎる情勢に。謝罪に追い込まれた模様

1:影のたけし軍団ρ ★:2018/02/05(月) 23:35:57.22 ID:CAP_USER
2018年2月4日、インスタライブで韓国好きの日本人を侮辱する発言をしたとして物議を醸したAKB48のメンバー、田野優花が謝罪した。スポーツソウルなど複数の韓国メディアが「嫌韓発言だ」と批判的に伝えてい…

韓国政府が『日韓合意をめぐる後続措置』を日本に公式要求する模様。姑息にも再交渉や破棄とは言わず

1:たんぽぽ ★:2018/01/08(月) 17:50:45.83 ID:CAP_USER
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180108-00000032-jij-pol 時事通信1/8(月) 17:38配信  【ソウル時事】聯合ニュースは8日、韓国政府が9日、慰安婦問題をめぐる日韓政府合意をめぐる後続の措置を発表する…

選挙プランナーの議席予測が『パヨク絶望の推定値』を出した模様。与党の圧勝は現時点でほぼ確定

1:(^ェ^) ★:2017/10/09(月) 14:10:43.62 ID:CAP_USER9.net
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171008-00000343-sph-soci  希望の党、大失速―。堅調な予測で定評のある選挙プランナーの三浦博史氏(66)と松田馨氏(36)が各党の獲得議席を分析した。小選…

『こんな時に解散なんて安倍首相は卑怯だ』とパヨクが”予定を潰され”発狂。本来なら責め立てるはずだった

1:マスター・ネシトル・カ ★:2017/10/17(火) 11:58:20.41 ID:CAP_USER9.net
PRESIDENT Online 2017.10.16 http://president.jp/articles/-/23308 これぐらい卑怯な解散は憲政史上初めて 今回の解散総選挙は安倍晋三首相の卑怯な本性がよく表れている。民主党から政権を…



まつ毛育毛剤通販