関連記事

出版社社員と“路チュー不倫”乃木坂46・松村沙友理 初写真集発売で「ふりんご」の汚名返上なるか?

 人気アイドルグループ「乃木坂46」の松村沙友理が、初の写真集を12月に発売することが判明。2014年の不倫騒動をいまだに引きずる松村に、いよいよファンからの審判が下される。

 出版不評もどこ吹く風で、出す写真集が軒並み売れているのが乃木坂だ。オリコンの2017年上半期写真集売り上げランキングでは、1位の白石麻衣を筆頭に、齋藤飛鳥、橋本奈々未(2月にグループを卒業)、衛藤美彩、秋元真夏、西野七瀬、桜井玲香と、上位7位までを乃木坂メンバーが独占。中でも白…

人気急上昇なのに……「欅坂46」にささやかれる“重大な不安要素”って!?

人気急上昇なのに……「欅坂46」にささやかれる重大な不安要素って!?の画像1
欅坂46公式サイトより

 昨年末の『NHK紅白歌合戦』にも出場するなど、順風満帆のアイドルグループ・欅坂46。しかし知名度の上昇とともに、ある問題が浮上している。

 欅坂46は、乃木坂46に続く“坂道シリーズ”の第2弾として誕生したアイドルグループ。2015年にオーディションが行われ、翌16年4月に発売されたデビュー曲「サイレントマジョリティ」(SML)は、女性アーティストの発売初週売り上げの新記録を作った。これまで発売したシングルはすべてチャート1位に輝き、現在初の全国ツアーを行っている彼女たちだが、どんな問題があるというのか? テレビ関係者が明かす。

「グループとして欅坂は極めて順調に成長しているだけに、バラエティ番組での活躍が期待されていますが、いわゆる“バラエティ班”のメンバーが見当たらないのが大きな課題です。AKBには、『少しでも画面に映ってやろう』『ちょっとでも爪痕を残してやろう』という上昇志向の強いメンバーが何人もいて、そういった子に話を振れば番組は成立しました。しかし、欅坂のメンバーは良くも悪くも非常にマジメで、前に出て積極的にしゃべったり、笑いを取ったりするようなタイプの子がいません。キャリアの浅い欅坂に多くを求めるのは酷ですが、トークに関しては素人感が際立っています」

 芸能界で名前を売るためには、バラエティ番組への出演は必須。“お姉さんグループ”の乃木坂では、生駒里奈、高山一実、秋元真夏らがバラエティ番組で頑張ってグループの知名度アップに奔走しているが、欅坂には誰か候補はいないのか?

「まず、不動のセンター・平手友理奈は、最年少にして抜群の存在感を誇りますが、バラエティでトークができるタイプではありません。それ以前に平手は、体調不良でツアーや握手会を欠席しており、体調を整えるのが先でしょう。キャプテンの菅井友香も優等生タイプで、乃木坂のキャプテンの桜井玲香と似たタイプ。ピンでバラエティで力を発揮するのは難しそうです。欅坂の冠番組を見ていると、最もバラエティに適性がありそうなのは織田奈那か齋藤冬優花あたりでしょう。ただ、2人ともシングルのフォーメーションでは後列を占めることが多いメンバーです。ファン以外にはまだまだ知名度が低い状況で後列メンバーがバラエティに出ると、『欅坂って、そんなにかわいくないじゃん』という評価が下されてしまう可能性があります」(同)

 今や乃木坂に追いつけ追い越せの勢いで、人気急上昇中の欅坂。しかし今後は「誰をバラエティに出すか」で頭を悩ませることになりそうだ。

【衝撃】幕張メッセがとんでもないことになるwwwww(※画像あり)

続きを読む

【炎上】乃木坂46佐々木琴子が醜態を晒す…ガンダムオタクに袋叩きにされるwwwwwww

続きを読む

絶対エース・平手友梨奈の体調不良離脱で見えた、欅坂46の“死角”とは?

絶対エース・平手友梨奈の体調不良離脱で見えた、欅坂46の死角とは?の画像1
『真っ白なものは汚したくなる』(SMR)

 8月2日から始まった欅坂46初の全国ツアー神戸公演で、メンバーの平手友梨奈がライブ途中に倒れて離脱してしまうという出来事が起きた。

 平手といえばデビュー以来、欅坂のすべてのシングル曲でセンターを務めてきたが、アンコール曲の「サイレントマジョリティー」では、彼女の姿が見られないという事態に。この出来事は、破竹の勢いで快進撃中の欅坂にとって、“死角”の存在を浮き彫りにしている。

「平手に負担がかかりすぎているということです。同じ坂道シリーズの乃木坂46や48グループに比べて、欅坂はメッセージ性の高い歌詞と激しいダンスパフォーマンスが特徴ですが、それを象徴するのが平手の存在。しかし、最近の彼女は体調不良が続き、イベントをいくつか休んでいるような状況でした。また、現在発売中のアルバムに収録されている楽曲『月曜日の朝、スカートを切られた』が、性犯罪の被害者に不快感を与えると槍玉に上がっていることも、心労になっているのかもしれません。彼女はまだ16歳の高校1年生。不動のセンターとして、すべてを背負うのは荷が重すぎます」(アイドルライター)

 実際、平手を欠いたほかのメンバーたちの動揺は尋常ではなく、困惑する姿や号泣する姿が観客席からもはっきり確認できたほどだった。

「平手を欠いた途端、グループとして体をなさなくなってしまったということでしょう。なまじ、コンセプトが強固であるがゆえの“弱味”と言えなくもない。たとえば、選りすぐりの美少女ぞろいという以外、確固たるコンセプトがない乃木坂は、テレビやライブ出演などでエースの白石麻衣や西野七瀬を欠いたとしても、代わりのメンバーがソツなく代役をこなすでしょう。しかし、欅坂には平手のポジションを務められる代役は、現状ではいません」(同)

 デビュー以来、アイドルらしからぬ鬼気迫るパフォーマンスで称賛を集めてきた平手だが、その存在感の大きさゆえに起きてしまったハプニングなのかもしれない。



まつ毛育毛剤通販