沖縄問題

尖閣諸島の地名を「登野城尖閣」に字名変更へ…対中牽制、日本領土の決意示す!

投稿日:

1: らむちゃん ★
 《 尖閣諸島を行政区とする沖縄県石垣市は29日、同諸島の字名を従来の「登野城(とのしろ)」から「登野城尖閣」に変更する方針を固めた。

 複数の市関係者が明らかにした。議案は12月4日開会の市議会定例会に提出され、同月15日まで予定されている会期中に賛成多数で可決される見通しだ。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

ss03_01_1_02
http://news.livedoor.com/article/detail/13961213/ 
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1512049149/
続きを読む

続きを読む

-沖縄問題

執筆者:


関連記事

テリー伊藤「ローラの辺野古発言は勇気ある!そこが大事!」→ 西川史子「普天間どうするの?」→ Dスペクター「対案が全くない」→ 堀江「発言に責任を持て」www

【動画】
ローラ辺野古署名呼びかけデーブ・スペクター「立場を考えると必然性を感じない。工事止めてその後どうするの?普天間返還は?対案が全くない」西川史子「沖縄の問題は環境問題だけではない。普天間どうするの。『沖縄の海を綺麗に』は誰だって思ってる」堀江貴…

アフガンゲリラはスティンガーでソ連軍機を撃墜した、世界最強の米軍機はレーザーや、風船で墜落するほど脆弱なのか!

1: クソ茨城とは別人です ◆mZB81pkM/el0 (茨城県) [US]
 《 (略) 1980年代、アフガニスタンのゲリラはソ連軍の侵攻に抵抗するため、米国製のスティンガーミサイルでソ連軍機を撃墜した。世界最強の米軍の機体はレーザーや、風船で墜落するほど脆弱(ぜいじゃく)…

沖縄返還時の核再持ち込み密約、米国務省が内部文書を公開!

1: ばーど ★
 《 1972年の沖縄返還にあたって、沖縄から核兵器を撤去するものの、有事の際には再び持ち込むことを日本が容認したとされる密約について、当時のアメリカ軍統合参謀本部が核兵器の再持ち込みを強く求め、日本の容認を歓迎したことなどが記された内部文書が…

小沢一郎、玉城デニー当選に「翁長知事の心をしっかりと受け継ぎ、沖縄のあるべき姿を訴えかけた姿勢が多くの県民に理解された!」と指摘…

玉城氏所属の自由党・小沢一郎代表「沖縄のあるべき姿訴えた」#沖縄県知事選 https://t.co/lais00ba1P— 産経ニュース (@Sankei_news) 2018年9月30日

 

反基地派、防衛局職員に体当たりし「軍隊は暴力だから、それに反対するのは暴力ではない!」などと怒号…

辺野古反対派が政府庁舎で座り込みhttps://t.co/ZXEJOdpBwH →沖縄防衛局長と反対派全員との面会を申し込んだところ、防衛局側が代表者5人に絞るよう求めたことに反発 →立ち退きを求める職員らに対し「小役人に用はない」「軍隊は暴力だから、それに反対するのは暴…





まつ毛育毛剤通販