知る

遺伝子組み換え生物の漏洩を破壊する為の”キルスイッチ”が開発される(米研究)

投稿日:

puzzle-2500333_640_e

  遺伝子組換え生物(GMO)の技術は、さまざまな状況への耐性を身につけた作物や成長が早い魚を作り出せるなど、使い方次第では有用な技術である。しかし同時に脅威でもある。

 万が一、素早く繁殖し、しかも強い細菌が研究室から漏れ出してしまったら、それを食い止める手立てはあるのだろうか?

 これに対する解決策が「自己破壊DNA」だ。
続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

海外で過ごす時間が長いほど、自信や自己が確立される(米研究)

 「自分探しの旅」はしばしば嘲笑されることがある。だがそれが長期間であるのなら見つかるかもしれない。

 新たなる研究によると。海外で過ごす時間が長いほど、自己概念が明確になるという。

 米ライス大学のハジョ・アダム氏らによれば、海外暮らしが「自己概念の明…

湯婆婆、ソフィー・ハッターなどなど、年相応のコスプレを楽しんだ結果、大人気となったコスプレおばあちゃん(ブラジル)

 いくつになってもなりたいものがある。夢だって希望だってずっと持ち続けていた方が若く見える。衣装を用意しヘアメイクすれば、自分以外の誰にでも、なんにでもなれるコスプレは、仮装と呼ばれていた時代から世界中の人々から愛され続けている楽しみの1つである。

 だ…

立ち退きを拒否した結果、自宅周辺がとんでもないことになってしまった世界の15の家

 苦労して建てた自分の家、長年そこに住み思い入れのあるものであれば手放したくはないだろう。だがそこが区画整備事業の対象になってしまったりすると、立ち退かざるを得ない状況となる。

 立ち退きする際に、新たな家を持てるほどの補償があればよいが、そうじゃない場…

ノーベル賞受賞者たちが語る世界の終わり。人類滅亡の4つのシナリオと生き残る方法

 英タイムズ紙は毎年、高等教育情報誌「タイムズ・ハイアー・エデュケーション」を発行している。

 その調査の一環として、化学、物理学、生理学、医学、経済学の各分野を代表する50余名のノーベル賞受賞者に人類滅亡のシナリオについて意見を求めた。

 その結果、世界…

7000年前の人類に起きた奇妙な出来事。子孫を残せる男性が激減、女性17人に対してたった1人。その理由とは?

image credit:asunow
 およそ7000年前の新石器時代、人間の遺伝子の多様性に奇妙なことが起こった。

 それから2000年以上、アフリカ、ヨーロッパ、アジアで、Y染色体遺伝子の多様性が減少し、子孫を残せる男性が女性17人に対してたったひとりという状態になったという。



まつ毛育毛剤通販