知る

遺伝子組み換え生物の漏洩を破壊する為の”キルスイッチ”が開発される(米研究)

投稿日:

puzzle-2500333_640_e

  遺伝子組換え生物(GMO)の技術は、さまざまな状況への耐性を身につけた作物や成長が早い魚を作り出せるなど、使い方次第では有用な技術である。しかし同時に脅威でもある。

 万が一、素早く繁殖し、しかも強い細菌が研究室から漏れ出してしまったら、それを食い止める手立てはあるのだろうか?

 これに対する解決策が「自己破壊DNA」だ。
続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

深海のエイリアン、腹面に無数の発光器を持つ希少種、ワニグチツノザメの生体が引き揚げらられる(台湾)

 漆黒の体に、乱杭歯とガラスのように目と光る目、今にも飛び出してきそうな顎。まさにエイリアンのような5匹のサメが深海から引き揚げらた。

 これらは台湾沖の定期調査でとらえられたもので、ワニグチツノザメ(Trigonognathus kabeyai)であることが判明した。

 4匹…

2050年までにチョコレートがなくなる?地球温暖化や栽培法、消費量の増加が影響(米海洋大気庁)

 こんなに寒くてアメリカあたりじゃ寒波で大変なことになっているというのに、温暖化なの?と思うかもしれない。だがその寒波も実は温暖化が影響しているという。

 北極の海水面の温度が高いことで温帯低気圧の発生する。この低気圧がジェット気流の流れを大きく変え、北…

生まれつき顔が変形していた犬。里親の元を転々とし、ようやく運命の飼い主と巡り合うまで

 ラブラドール・レトリバーのボー・トックス(Beaux Tox)は、ご覧のようにかなり個性的な顔立ちをしている。眉間に深いシワがよっているのだ。

 関係者によると、どうやら母親の胎内できょうだいたちと押し合いへしあいしている内にこうなってしまったらしい。

 要は生…

ディストピアとユートピアが同居する、シンメトリーな構図で撮影した香港・マカオの未来感的であり未来の香港・マカオの写真「未来の記憶」

 ポルトガル人の写真家ヌーノ・アシスは、香港・マカオに出向き、その街並みや建物を撮影した。シンメトリーな構図を使うことで、都市に同居する過去・現在・未来の様々な一面が一つにつながっている。

動物も自殺をするのか?自殺をしないという科学的根拠は得られず(米研究)

 2011年、中国メディアで、熊農場の熊がその拷問のような状況を終わらせるため、子供を殺め、それから自分の命を絶ったと伝えられた。

 2012年、心理学の専門誌に、子供が死んだために入水自殺をしたロバについての記事が掲載された。さらに昨年、ある愛犬家は、犬のルー…





まつ毛育毛剤通販