韓国

韓国の被害者商法が『遂に韓国自身に牙を剥く』自業自得の展開に。やり方はNHKと酷似している模様

投稿日:

1:ばーど ★:2017/11/23(木) 01:05:28.24 ID:CAP_USER9.net

【ソウル=鈴木壮太郎】韓国の人権派弁護士や研究者、市民活動家らでつくる「市民平和法廷準備委員会」は21日、ベトナム戦争に参戦した韓国軍がベトナムの民間人を虐殺した事件を巡る「市民平和法廷」を来年4月に開くと発表した。事件の被害者や遺族を原告、韓国政府を被告とし、国家の責任を問うとしている。

 韓国は南ベトナム支援のため1964年から73年までベトナム戦争に参戦した。同委によると、韓国軍は68年、中部クアンナム省フォンニ・フォンニャット村で民間人74人を殺害。同省ハミ村では135人を殺害。米軍の調査報告書などの証拠が比較的そろっており、生存する目撃者も多いとして、この2件を中心に扱う。

 韓国政府はこれまで、ベトナム戦争で韓国軍による民間人への加害についての立場を表明していない。文在寅(ムン・ジェイン)大統領は6月、国家に貢献した人を追悼する記念日「顕忠日」の式典で「ベトナム参戦勇士の献身と犠牲によって祖国の経済が息を吹き返した」と発言。ベトナム政府が抗議したことがある。

 ベトナム戦争への参戦の是非を巡っては保守派と進歩勢力とで意見が分かれている。「市民平和法廷」の開催は保守派の反発を呼びそうだ。

配信2017/11/21 19:15
日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23752140R21C17A1FF1000/



続きを読む

続きを読む

-韓国

執筆者:


関連記事

「モルゲッソヨ」の最終進化版が『予想以上にダメすぎて』失望の声が殺到。作者の才能の無さが浮き彫りに

1:名無しさん@涙目です。(庭) [US]:2018/02/10(土) 11:37:08.05 ID:E5xD+JGf0 BE:887141976-PLT(15001)
平昌五輪のメインプレスセンター前に立てられていた謎のオブジェ。このオブジェは彫刻家キム・ジヒョンが作った「弾丸マン(Bullet Men)」という作品(一部メディア…

韓国の対日不買運動が『初っ端から醜態を曝け出す』アレすぎる展開に。関係者の本音がダダ漏れ中

1:蚯蚓φ ★:2017/12/19(火) 00:49:23.98 ID:CAP_USER.net
第二次世界大戦当時、慰安婦に提供した衛生用品で軍納企業に選ばれ大成功したオカモト製品の消費者不買運動が展開されている。 該当製品がGS25、CU、セブンイレブンなど大型コンビニ3社で販売1位を記録したこと…

制裁違反を犯した韓国に『北朝鮮がドタキャンで追い打ちする』無様な展開に。合意を守れ!と韓国側は激怒

1:動物園φ ★:2018/01/30(火) 00:48:25.13 ID:CAP_USER
記事入力 : 2018/01/29 23:52 / 記事修正 : 2018/01/30 00:08 北朝鮮、金剛山での合同文化公演の中止を通告 「韓国メディアが北朝鮮を冒とく」 夜中に一方的な通知 ▲金剛山での南北合同文化行事の事前点…

合意白紙化の裏で『文在寅が犯罪者を多数解き放つ』最悪の事態が進行中。異常な数字に日本側絶句

1:たんぽぽ ★:2017/12/29(金) 15:36:07.16 ID:CAP_USER.net
http://www.sankei.com/smp/world/news/171229/wor1712290024-s1.html 2017.12.29 14:5  【ソウル=桜井紀雄】韓国政府は29日、新年を前に6444人に対する特赦を決定した。特赦は文在寅(ムン・ジェイ…

「リアリティを高めるため」と弁明も……韓国映画界の鬼才キム・ギドクに暴行&ベットシーン強要疑惑

「リアリティを高めるため」と弁明も……韓国映画界の鬼才キム・ギドクに暴行&ベットシーン強要疑惑の画像1
『メビウス』(キングレコード)

 韓国映画界の鬼才と呼ばれるキム・ギドク監督が、女優に告訴された。彼女は、2013年公開のキム監督作品『メビウス』で当初主演を務める予定だったAで、この映画の撮影中、キム監督から暴行およびベッドシーンを強要されたという。

 韓国メディアの報道によると、Aはキム監督から「感情移入のため」と頬を平手打ちされ、当初の台本にはなかったベッドシーンの撮影を強要されたと主張している。さらに、息子役の俳優の性器を触るよう強要されたという。問題となったのは夫の不倫に怒った妻が息子の性器を切るというシーンで、当初の台本では模型の性器を使う予定だったが、キム監督は事前の打ち合わせもなく、直接触ることを強要。Aが戸惑っていると、ほかのスタッフを現場の外へ追い出し、「早くしろ!」と恫喝。Aに対し、侮辱的な言葉も放ったという。Aは一連の出来事にショックを受け、映画を降板している。

 キム監督は韓国人映画監督として初めてカンヌ、ベルリン、ベネチアの「3大国際映画祭」に招かれ、12年にはベネチア国際映画祭で最高賞の金獅子賞を受賞しており、韓国のみならず世界でも名が知られている人物だ。それだけに、韓国メディアも驚きを隠せないでいる。

 もっとも、キム監督が起こしたトラブルは今回が初めてではない。

 2008年には、キム監督が演出し、オダギリジョー主演で話題を集めた『悲夢』の撮影中、女優のイ・ナヨンが自分の首を絞めて自殺を図るシーンで気絶してしまったことがあった。幸い彼女は意識を取り戻したが、あわや最悪の結末を迎える危険性すらあった場面だった。

 また05年、キム監督演出のMV(イ・ジヘ「あなたなしに私は」)に出演したシン・ジュアは、メディアのインタビューに対し「(キム監督は)スタッフを“異物”、女優を“おばさん”と呼ぶ」と暴露している。

 今回の告訴についてキム監督は「演出者の立場から映画のリアリティを高めるために集中して起きた状況」としながら、「暴力以外の主張については理解しがたい」と弁明。「当時の状況を正確に証言するスタッフがいたら」責任を負うとしている。Aに対しては「私に『どんな役でもベストを尽くす』と言って、複数回売り込まれたので、キャスティングを決めた。一緒にいい映画をつくりたかったが、このような状況になり、残念だ」としている。

 ちなみに今回の暴行疑惑は、今年7月に韓国で公開されたシン・ジンウ監督作品『Beastie Girls』の、女優が打ち合わせなしに全裸撮影を強要されるストーリーと似ている、という皮肉も出ている。製作会社によれば、キム監督がモデルではないというが……。

 果たして鬼才と呼ばれる監督にどのような審判が下されるのか、注目だ。
(文=S-KOREA)

●参考記事
・最低賃金は月給5万円!? 韓国映画界の過酷すぎる“労働環境”の実態
http://s-korea.jp/archives/17782?zo

・ベルリン映画祭主演女優と有名監督との恋は「韓国版ゲス不倫」なのか
http://s-korea.jp/archives/13737?zo



まつ毛育毛剤通販