知る

ネコの多様性を堪能しよう。魅力に溢れる10種のネコ科動物

投稿日:

0_e

 ネコ科と一口に言っても36以上の種がおり、みんな違ったみんな生粋のハンターである。嗅覚や視覚が鋭く、強靭な後ろ足と鎖骨を備えるために非常に俊敏。身を隠すことも得意で、接近を悟られぬまま獲物に近づくことができる。

 通常群れは作らないものの、時に仲間と助け合うこともある。

 イエネコはもちろん、トラやライオンやチーターなどはよく知られているが、あまり知られていない仲間もいる。カラパイアには登場しているものも含まれるが、一般的には知名度は低いものの、魅力に溢れた10種のネコ科動物をまとめてみていくことにしよう。
続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

日本はカニだけどオーストラリアはエビだから。建物の上に鎮座する巨大エビのオブジェに関するトリビア

image credit:cn2480.com.au
 日本で甲殻類のオブジェと言えばやっぱカニだろう。かに道楽の看板には巨大なカニがはりついていて「食べにおいでよ」と手招きしている。

 ところ変われば何とやらで、オーストラリア・バリナのランドマークとして親しまれているのは「The Bi…

人類は食べることに前向きだった。世界10の古代食

 昔から人類は身の回りの食材から美味しい料理を創り出す努力を惜しまなかった。それはあまり食材が豊富でなかった古代でも同様だったようである。

 日本ではすでに縄文時代、木の実を石ですりつぶして粉にし、それに水を加えてパンやクッキーのようなものを作っていたと…

ナチスがUFOの開発に成功していた?機密解除されたCIA文書で明らかになった事実とは?

  UFOとは正確には何だろうか?「Unidentified flying object」の略語であり日本語に訳すと未確認飛行物体である。

 つまりUFOは地球外文明からやってきた乗り物だけを意味するわけではなさそうだ。その定義が指し示すように、正体が特定されておらず、したがって人類の…

名画の登場人物たちを現実世界に降臨させてみた究極のコラ画像

 古い絵画に描かれた人々が突然現実世界に現れたら?

 まずモナリザには本当に微笑んでいるのか聞きたいし、ヌード絵画に出てくる人たちには寒くないのかどうか聞いてみたくなる。

 ウクライナのアーティスト、アレクセイ・コンダコフ(Alexey Kondakov)がフォトショ…

2018年、異星人が地球を攻撃するだとぅ!?自称タイムトラベラーの酔っ払いが逮捕時に激白とかいう近未来SFサスペンス(アメリカ)

 たびたびささやかれる人類滅亡説。異常気象だったりウイルスだったり核戦争だったり描かれるシナリオはさまざまだが、もしかしたらもしかして“宇宙人の侵略”の線が濃厚なのか!?

 アメリカ・ワイオミング州のキャスパー警察署は、公共の場で泥酔したとしてワイオミン…





まつ毛育毛剤通販