科学

国産量子コンピューターの試作機を無償公開へ、改良目指す…国立情報学研究所!

投稿日:

1: 孤高の旅人 ★
 《 スーパーコンピューターをはるかに超える高速計算を実現する「量子コンピューター」の試作機を、国立情報学研究所などが開発し、27日から無償の利用サービスを始める。世界的な開発競争が進むなか、試作段階で公開して改良につなげ、2019年度末までに国産での実用化を目指す。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

Quantum_Computing;_Ion_Trapping_(5941055642)
http://www.asahi.com/articles/ASKCD13LMKCCULBJ00D.html 
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1511126937/ 
引用元:https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Quantum_Computing;_Ion_Trapping_(5941055642).jpg
続きを読む

続きを読む

-科学

執筆者:


関連記事

大気中の水蒸気を収集し、1日最大38リットルの水を生成する「DG-10」を開発!

1: ニライカナイφ ★
 《 米ロサンゼルスで2017年5月に創設されたスタートアップ企業「DewGood(デュー・グッド)」は、世界で初めて、Bluetooth制御により、大気中の水を収集して貯蔵する独自の水生成システム「DG-10」を開発した。  20インチ(約50.8センチ)の立方…

「旅客機よりも速い」減圧した巨大なチューブの中をカプセル型の乗り物で移動する大会…最高は時速460キロ!

1: 記憶たどり。 ★
 《 減圧した巨大なチューブの中をカプセル型の乗り物が超高速で移動する次世代の交通システム「ハイパーループ」の技術を競う大会が、アメリカ・ロサンゼルスで開かれ、優勝チームの乗り物は最高速度が時速460キロに達しました。  「ハイパールー…

IBMが世界最小のコンピューターを開発中…岩塩の粒よりも小さく、製造コストが10セント以下!

1:
 《 3月19日から、カンファレンス「IBM Think 2018」を開催しているIBMが、現在世界最小のコンピューターを開発中だと明かしました。  詳細情報はまだ不明ですが、今週中にもう少し詳しい情報が出る可能性があります。現状判明している情報としては、コンピュータ…

「火星の土」でミミズが繁殖、NASAの模擬土を使って実験!

1: ハンバーグタイカレー ★
 《 私たちの地球に生命が存在しているのは、様々な条件がそろっているからにほかならない。そのうちのひとつが土である。そこでは、豊富な養分や細菌、菌類が複雑に混じり合っており、植物の成長を助ける。対して、火星の土では生命が見つか…

夢の「炭素フリー」燃料、大気で作るガソリンを開発、実用化へ道筋!

1: ごまカンパチ ★
 《 家の近くのガソリンスタンドで、「レギュラー、ハイオク、それとも炭素フリーにしますか」と聞かれる日が来るかもしれない。  カナダのカーボン・エンジニアリング社は、低コストで大気から二酸化炭素を回収し、それを水素と合成して液体燃料を製…




まつ毛育毛剤通販