知る

ユーザビリティまったく無視。使いづらい、ていうか使うことを躊躇してしまう世界のトイレ

投稿日:

08_e

 日常よく使うものは、使いやすさとか使い勝手といったユーザビリティに考慮されていることが多い。特に毎日必ずそこに入ることが自然の摂理となっているだろうトイレならばなおさらだ。

 日本の場合だと、使用している音が聞こえないような音姫システムや、さらには便座は適温に温められていたり、なんならお尻だって洗ってくれる多機能で心配りたっぷりのトイレが公的な場所でも採用されている場合も多い。

 使用する前に「いつもきれいに使ってくれてありがとうございます」という張り紙はちょっと括約筋が萎えたりする場合もあるわけだが...

 だが世界を見るとそんなトイレばかりじゃない。
 ユーザビリティ?何それとにかく使えればいいんじゃん?
 みたいな、投げやりで逆に面白いトイレがあったりなかったりするのだ。
 いやあるのだ。
  続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

まん丸フルーティー!透明なレモンティーで作る風味深い「九龍球」のレシピ【ネトメシ】

 香港スイーツ「九龍球」が何かと話題となっている。これはフルーツを入れたゼラチンや寒天などを丸い製氷皿で固めたものだ。

 様々なフルーツを入れることで、見た目も鮮やか、まるでビー玉みたい。目で楽しんでお口の中で楽しめる今の季節にぴったりのスイーツである。…

最近気分がすぐれない?10月から11月にかけて発症するうつ病に似た「季節性情動障害(ウインターブルー)」とは?

 「なんだか最近よく落ち込む。憂鬱な気分がする。体もだるいし疲れやすくなった。うつ病かもしれない。」そう感じている人はいないだろうか?

 ある季節にのみ発症する病気があるという。それは、ちょうどいまの時期、空がどんよりと暗くなる10月から11月にかけて発症す…

ピノキオは嘘をつくと鼻が伸びるが、人間は嘘をつくと鼻が縮むことが判明(スペイン研究)

image credit:pixabay
 童話に出てくる木の人形、ピノキオはウソをつくと鼻が伸びることで知られているが、人間はどうなのだろう?

 スペイン、グラナダ大学の研究者は、嘘をついたことで鼻に変化はあるのかどうかを調査した。

 その結果、ピノキオと真逆の反応がでてい…

繰り返し悪夢を見るのは「満たされぬフラストレーション」のサイン(英研究)

 夢は時に人の深層心理を映し出すといわれている。

 眠っている間、脳は記憶を整理しているといわれているが、心理学者、フロイトによれば夢の素材は記憶から無意識に引き出されており、とも夢は無意識による自己表現であるともいわれている。

 巷では見た夢が何を意味…

動物写真に絵心を加えてファンタジーの世界へ。不思議の国のアリス的世界観漂うフォトコラージュアート

 好きなものいっぱい背中に背負ったハリネズミ、ボストンバッグもってパイプをくゆらすウサギ、餌箱を爆破して丸ごと全部餌を頂こうとする鳥などなど、ファンタジーでどこかシュールなこれらの作品は、本物の動物の写真に手を加えて作り上げたものだ。

 これらの作品は、…





まつ毛育毛剤通販