知る

ユーザビリティまったく無視。使いづらい、ていうか使うことを躊躇してしまう世界のトイレ

投稿日:

08_e

 日常よく使うものは、使いやすさとか使い勝手といったユーザビリティに考慮されていることが多い。特に毎日必ずそこに入ることが自然の摂理となっているだろうトイレならばなおさらだ。

 日本の場合だと、使用している音が聞こえないような音姫システムや、さらには便座は適温に温められていたり、なんならお尻だって洗ってくれる多機能で心配りたっぷりのトイレが公的な場所でも採用されている場合も多い。

 使用する前に「いつもきれいに使ってくれてありがとうございます」という張り紙はちょっと括約筋が萎えたりする場合もあるわけだが...

 だが世界を見るとそんなトイレばかりじゃない。
 ユーザビリティ?何それとにかく使えればいいんじゃん?
 みたいな、投げやりで逆に面白いトイレがあったりなかったりするのだ。
 いやあるのだ。
  続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

茹でて冷やして揚げて冷やしてまた揚げる。アメリカ人が伝授する、完璧なフライドポテトの作り方【ネトメシ】

 アメリカでフライドポテトはフレンチフライと呼ばれているが、ハンバーガーショップでもピザショップでも、とにかくどこにでもフライドポテトは存在する。

 付け合わせにフライドポテトはもはや常識なのだ。それゆえに、フライドポテトに対するおいしさの要求も奥深い。…

世界最強の特殊部隊ベスト10

 テロリストの攻撃から国民を守るには、高度に訓練され、国に命を捧げる覚悟のある精鋭中の精鋭がいなければならない。

 それは架空の世界の『ジャスティス・リーグ』や『アベンジャーズ』のことではない。脅威に対抗する力を備えた特殊部隊のことだ。

 高まるテロの脅…

前代未聞の異例な事件。患者2名の肝臓にイニシャルを刻んだ高名な外科医(イギリス)

 その外科医は、移植手術を行っている際、患者2名の肝臓にイニシャルを刻んだことを認めた。

 イギリス・バーミンガムの裁判所で実施された公判で、サイモン・ブラムホール(53歳)は2013年の2月9日と8月21日に患者の身体に傷をつけたことを認めつつ、その上で、身体に実…

シベリアで暮らす少数民族の今を撮影したポートレート「顔で見る世界」

 ウラル山脈分水嶺以東の北アジア地域にあるシベリアは広い。オーストラリアの2倍、アメリカやカナダ、またはヨーロッパ全域の3割ほどを占める広大な地域であり、世界に残る最後のフロンティアの一つでもある。極寒の地にありながら、およそ200ほどの民族が暮らしている。

ペットショップで日本スピッツの子犬を購入したところ、しばらくたってキツネであることが判明(中国)

 中国、山西省に住むワンさんという女性は、昨年の7月に、ペットショップから子犬を買った。代金は約2万円。日本スピッツの子犬だと説明された。

 しかし、この子犬、何だかおかしいのである。

 まずドッグフードを食べようとしない。それだけならまあ、好き嫌いとかの…



まつ毛育毛剤通販