知る

ユーザビリティまったく無視。使いづらい、ていうか使うことを躊躇してしまう世界のトイレ

投稿日:

08_e

 日常よく使うものは、使いやすさとか使い勝手といったユーザビリティに考慮されていることが多い。特に毎日必ずそこに入ることが自然の摂理となっているだろうトイレならばなおさらだ。

 日本の場合だと、使用している音が聞こえないような音姫システムや、さらには便座は適温に温められていたり、なんならお尻だって洗ってくれる多機能で心配りたっぷりのトイレが公的な場所でも採用されている場合も多い。

 使用する前に「いつもきれいに使ってくれてありがとうございます」という張り紙はちょっと括約筋が萎えたりする場合もあるわけだが...

 だが世界を見るとそんなトイレばかりじゃない。
 ユーザビリティ?何それとにかく使えればいいんじゃん?
 みたいな、投げやりで逆に面白いトイレがあったりなかったりするのだ。
 いやあるのだ。
  続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

アメリカ、西部開拓時代の無法者、ビリー・ザ・キッドの写真がフリーマーケットで発見される?

 我々日本人でも「ビリー・ザ・キッド」の名を知っている人は多いだろう。

 12歳の時に、母親を侮辱した男を殺してからは無法者となり、次々と強盗、殺人を重ねてきた犯罪者だが、映画や小説などでは弱きを助け、強きをくじく「義賊」として描かれたことで人気も高い。日…

世界各地で語り継がれる伝説の人型水棲クリーチャー10種

 水に棲む人型をしたクリーチャーで一番有名なのが人魚だろう。だが人魚以外の人型水棲クリーチャーも様々あり、その伝承は世界各地で語り継がれている。

 ここで紹介するクリーチャーは、ディズニー映画の主役になるような可愛らしさはないかもしれない。だが、それぞれ…

偶然か必然か?街で偶然出会い、薬物中毒のホームレスを救ったのはかつての同級生だった(ケニア)

 ケニアの首都・ナイロビで、薬物中毒のホームレスだった男性の身になんとも幸せなミラクルが起こったようだ。

 パトリック・ヒンガさんはタバコとマリファナを吸ったとして学校を退学になって以来、何年も何年も薬物中毒に苦しんできた。

 母親のナンシーさんは息子を…

ワニとギャンブルの意外な関係。2017年度イグノーベル賞10部門の受賞研究

 猫は個体でもあるが液体でもあるということは薄々みんな気が付いていたはずなのだが、それを物理学で証明した研究が、イグノーベルの物理学賞を受賞し話題となったことは記憶に新しい。

 他にはどんな研究が受賞したのだろうか?

 いろいろ気になるだろう?ではその10…

南極で古代文明の遺跡を発見か?氷が解けたことで人工構造物の正体が明らかに

 南極の氷が溶けるにつれて、そこに隠されたミステリアスな真実が明らかになるかもしれない。

 NASAはアイス・ブリッジプロジェクトにより南極で、最新のリモートセンシング・システム「アトラス」を搭載した飛行機で氷床をレーダー撮影しながらその調査を行っている。上…

最新ニュース



まつ毛育毛剤通販