知る

木は言葉を話し、私たちはそれを学習することができる(生物学者)

投稿日:

0_e14

 木はおしゃべりだ。ひっそりと静かではあるが、音、匂い、信号、振動を使って会話を交わす。あらゆるものとつながるネットワークを形成する性質があり、その中には人間であるあなたも含まれているのだ。

 生物学、生態学、林業、博物学など、こうした分野に携わる専門家はこれまでにも増して木々が会話をしていると論じるようになっており、しかも人間はその言葉を聞くことができるとまで主張している。
続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

この絵をパッと見て、最初に何が見えた?心の奥底を探る心理テスト

 我々はそれぞれの目を通して世界を見つめており、例え同じものを見てもみんなと同じようには見えているとは限らない。更には同じ人であっても状況や気分に応じて違って見えてくる。

 そしてその物の見え方は、あなたの現実を作り上げるだけであるだけでなく、心の奥底に…

5億年前の海に生息していた小さきプレデターの正体が明らかに(カナダ研究)

image credit:Joanna Liang/Royal Ontario Museum
 映画「エイリアンVSプレデター」のエイリアンとプレデターを合わせて小型にしたようなユニークな生物の正体が明らかとなった。

 ハベリア・オプタタ(Habelia optata)は指の爪ほどの大きさだが獰猛な海の捕食者で、5億8…

世界各地で語り継がれる伝説の人型水棲クリーチャー10種

 水に棲む人型をしたクリーチャーで一番有名なのが人魚だろう。だが人魚以外の人型水棲クリーチャーも様々あり、その伝承は世界各地で語り継がれている。

 ここで紹介するクリーチャーは、ディズニー映画の主役になるような可愛らしさはないかもしれない。だが、それぞれ…

なぜアメリカや日本ではフットボールではなくサッカーと呼ぶのか?

 現在ワールドカップが開幕中だ。4年に1度開かれるこの大会は様々なドラマが誕生し、世界中が悲喜こもごもの感情に包まれる。

 国際サッカー連盟(FIFA)によると、加盟国・地域のうち、約9割が「サッカー」ではなく「フットボール」と呼ぶそうだ。

 ヨーロッパや南米…

アインシュタインは正しかった! 遠く離れた銀河でも一般相対性理論が通用することが確認(英研究)

 最新の研究によって、アインシュタインの一般相対性理論が遠方の銀河でも正しいことが初めて確認された。

 これは重力に関する現在の理解を支持し、また間接的にしか知ることができないダークマターやダークエネルギーの存在を裏づけるさらなる証拠となる。
 



まつ毛育毛剤通販