宇宙

宇宙に隠れていた「ダークバリオン」の検出に成功…現在の技術で「宇宙マップ」をつくれる可能性!

投稿日:

1: ハンバーグタイカレー ★
 《 宇宙を構成する物質のうち、われわれが知覚できるとされる物質「バリオン」。これまで理論値の半分しか観測できていなかったが、その残りである「ダークバリオン」の検知に2つの研究グループが成功した。これにより、現在の技術で「宇宙マップ」をつくれる可能性が出てきた。

 われわれの宇宙には、クモの巣状に分布したダークマターの大規模構造がある。そして見えない網の目に沿うように、可視光で観測可能な銀河団が存在しているといわれている。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

ilc_9yr_moll1024BW_1240
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171029-00010001-wired-sctch
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1509315095/
続きを読む

続きを読む

-宇宙

執筆者:


関連記事

宇宙に打ち上げられたテスラの自動車、将来、地球と衝突して終わりを迎える可能性!

1: 岩海苔ジョニー ★
 《 米国時間の2月6日(日本時間の7日)に米スペースX社の新型ロケット「ファルコンヘビー」によって打ち上げられた自動車「テスラ・ロードスター」は、現在、太陽のまわりの惑星空間をのんびりと旅している。けれども運命のいたずらにより、将来、…

世界初の宇宙ホテル「オーロラステーション」が2021~2022年に開業、軌道高度320km…12日間滞在で約10億円!

1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [KR]
 《 世界初の宇宙ホテルのオープンは2021年~2022年を予定している。サイト「SpaceNews」が報じた。宇宙ステーション「Aurora」でホテルを開く事業を手がけるのは米企業「Orion Span」だ。  ホテルの面積は42平方メー…

地球に激突しそうな小惑星に重たい宇宙船を10年間に約50回ぶつければ安全な軌道に修正可能…NASA!

1: ガーディス ★
 《 地球に衝突しそうな直径500メートルの小惑星をはじいて安全な軌道へ移動させるには、重たい宇宙船を10年間に約50回ぶつける必要があるとの研究結果を、米航空宇宙局(NASA)などのチームが26日までにまとめた。  》 ここまで一部引用、続きは記事…

土星の衛星「タイタン」にドローンを送り込む計画「Dragonfly」…生命存在の可能性を事前調査!

1: しじみ ★
 《 米航空宇宙局(NASA)は現在、土星の衛星「タイタン」の探査をドローンで実行する計画「Dragonfly」について、実現可能性を検討中だ。  NASAは、惑星などの探査を実施するロボットを2020年代の中盤に打ち上げる方向で準備を進めている。Dragonflyは、…

火星で「ヘリコプター」、薄い大気中で飛行可能かを検証…NASA!

1: 自治郎 ★
 《 米航空宇宙局(NASA)は11日、地球以外の惑星で飛ぶ初めてのヘリコプターを2020年に火星に向けて打ち上げると発表した。21年に到着させ、地球よりもはるかに薄い火星の大気中でも、飛行が可能かどうかを検証する。.  火星の重力は地球の…



まつ毛育毛剤通販