宇宙

宇宙に隠れていた「ダークバリオン」の検出に成功…現在の技術で「宇宙マップ」をつくれる可能性!

投稿日:

1: ハンバーグタイカレー ★
 《 宇宙を構成する物質のうち、われわれが知覚できるとされる物質「バリオン」。これまで理論値の半分しか観測できていなかったが、その残りである「ダークバリオン」の検知に2つの研究グループが成功した。これにより、現在の技術で「宇宙マップ」をつくれる可能性が出てきた。

 われわれの宇宙には、クモの巣状に分布したダークマターの大規模構造がある。そして見えない網の目に沿うように、可視光で観測可能な銀河団が存在しているといわれている。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

ilc_9yr_moll1024BW_1240
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171029-00010001-wired-sctch
引用元: ・http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1509315095/
続きを読む

続きを読む

-宇宙

執筆者:


関連記事

「こうのとり」7号機が持ち帰る小型回収カプセル、11日に南鳥島沖に落下予定…宇宙基地から日本初の試料回収!

1: 鴎 ★
 《 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は6日、国際宇宙ステーションから実験試料を持ち帰る小型回収カプセルを、11日午前に太平洋上に落下させると発表した。 ステーションから試料を持ち帰る試みは日本初で、独自の回収手段を得られるか注目される。 》 ここまで…

世界最小級ロケット「SS-520」の打ち上げ再挑戦へ、重さ約3キロの衛星を搭載…JAXA!

1: 孤高の旅人 ★
 《 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は13日、今年1月に打ち上げに失敗した世界最小級のロケット「SS520」を、12月25日午前10時~午後2時15分に鹿児島県肝付(きもつき)町の内之浦宇宙空間観測所から再び打ち上げると発表した。 …

地球に激突しそうな小惑星に重たい宇宙船を10年間に約50回ぶつければ安全な軌道に修正可能…NASA!

1: ガーディス ★
 《 地球に衝突しそうな直径500メートルの小惑星をはじいて安全な軌道へ移動させるには、重たい宇宙船を10年間に約50回ぶつける必要があるとの研究結果を、米航空宇宙局(NASA)などのチームが26日までにまとめた。  》 ここまで一部引用、続きは記事…

イーロン・マスクの世界最強ロケット「ファルコン・ヘヴィ」は、いったいなにがすごいのか?

1: ノチラ ★
 《 (略) このファルコン・ヘヴィは、いったいどんな実力をもったロケットなのだろうか。そしてマスク氏は、この超大型ロケットでいったいなにをしようとしているのだろうか。ファルコン・ヘヴィの最大の特長は、現役のロケットの中で、最も打ち上げ能力…

宇宙を漂う「スペースデブリ」をハープーン(銛・もり)で突き刺して回収する方法を開発…エアバス!

1: ニライカナイφ ★
 《 壊れて動かなくなった人工衛星や、ロケット打ち上げ時に投棄されたロケットエンジン、そして人為的に破壊された人工衛星の破片など、宇宙空間には宇宙のゴミ「スペースデブリ」が無数に存在し、秒速数kmという超高速で飛びまわり続けています。 …





まつ毛育毛剤通販