知る

世界各地で恐れられている24の不気味なモノや風習の起源を探る

投稿日:

00_e0

 さて今宵はハロウィンだ。日本でもオレンジ色のカボチャが街を支配しはじめた。

 日本の風物詩的にはホラーは夏なのだが、海外では今まさにこの時期がイッツ・ホラータイムなのである。

 というわけで、ここでは世界各地で怖がられている25のモノや風習の起源についてさらっとみていくことにしよう。
続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

シュールな合わせ技。ぎょっとするトリックアートを生み出すコラ職人

 スイス出身のアーティスト、モニカ・カルヴァーリョは人々を混乱させることが好きだ。彼女は素材を慎重に選び、時間をかけてぎょっとするトリックアートをフォトショップで作り出す。

 ベルリンに拠点を置く彼女は、これらの作品を『不可能なシーン』(impossible scene…

1900年前のローマ軍司令官の遺体が現代のローマ地下鉄で発見される(イタリア)

 ローマの考古学者が、自宅で寝そべった1900年前のローマ軍司令官の遺体を発見した。その自室は、床に幾何学模様のモザイクが貼られ、プールや噴水を備えているそうだ。

 司令官の居宅だったと考えられる「ドムス(古代ローマの上流・中流階級の住宅)」は、ローマ市内の…

深い傷を負って獣医に助けられたフラミンゴ。危機に瀕している野生動物を救うための活動に参加(キュラソー島)

 車に乗り込み学校へと向かうフラミンゴ。え?フラミンゴ?思わず二度見してしまう光景だろう。

 ベネズエラから北に約60km。カリブ海に位置するキュラソー島で昨年10月、ひどい怪我を負い、獣医であるオデット・ドゥーストさんに助けられたフラミンゴのボブは、助けてく…

道路が穴ぼこだらけなのに行政が動く気配がまったくない。そこで市民は考えた「陥没穴に花を咲かせましょう」

 道路にボコッと空いた穴。見た目がよくないし、水は溜まるし、なによりタイヤが嵌ったりしたら危険でもある。これは何とかしたい。

 公道ならば、その道路を管理する国または自治体が修理しなければならない。だがなかなか対応してもらえないこともあるようだ。

 海外…

音の錯覚。映画の演出に用いられるシェパードトーン(無限音階)とは?

 無限音階(シェパードトーン)。聞きなれない言葉だが、それ自体はきっと聴いたことがあるはずだ。これは無限に音が上昇(あるいは下降)するように聞こえる音の錯覚だ。

 無限音階は、音の上下をオクターブ離れた音程で挟まれた複数の正弦波で構成される。高音程、中音…

最新ニュース



まつ毛育毛剤通販