知る

世界各地で恐れられている24の不気味なモノや風習の起源を探る

投稿日:

00_e0

 さて今宵はハロウィンだ。日本でもオレンジ色のカボチャが街を支配しはじめた。

 日本の風物詩的にはホラーは夏なのだが、海外では今まさにこの時期がイッツ・ホラータイムなのである。

 というわけで、ここでは世界各地で怖がられている25のモノや風習の起源についてさらっとみていくことにしよう。
続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

500歳の吸血鬼を名乗り、ヴァンパイア・カルトを率いた当時16歳の殺人犯「ロッド・フェレル」に関する8つの事実

 アメリカ・ケンタッキー州マレーで生まれたロッド・フェレル(1980年3月28日生~)が10代の少年時代に起こした事件は、1990年代のホラーノスタルジアがそっくりそのまま現実になったような話だ。

 オカルティスト、カルト集団のリーダー、殺人犯、ゴス系、そして自らを5…

リアルにゾンビの襲来??真夜中に「ゾンビ警報」が発令されて停電。市民がパニックに陥るという事態に(アメリカ)

 国や地方公共団体からスマホ等に配信される緊急アラートは、危険をいち早く知って身を守るために重要なものである。

 日本で暮らしていると緊急地震速報が届くたびにドキッとするわけだが、それがアメリカの場合にはゾンビが原因だったりすることもあるようだ。

 フロ…

政府からの補償金を得るため。高齢者をトラの餌にしたインドの村

 日本ではかつて、口減らしなどのために高齢の親を山に捨てるといった棄老(キロウ)習俗が民間伝承などで伝えられている。だが、姥捨て(うばすて)の実際については、はっきりしたことは分かっていない。

 だがこれに近い行為が現代において行われているそうだ。インド…

ここに行くと危険。旅行者にとって危険な国を色分けした地図が公開される。

 旅行者にとって危険な国はなるべく避けたいものだ。命は限りあるものである。旅行は見聞を広げてくれる貴重な経験となるが、命をかけてまで行くようなものでもない。

 それでは今、どこに行くと危険なのか?旅行者に向けた地図「トラベルリスクマップ」が公開されている…

見知らぬ犬の無償の愛が奇跡を生む。怪我を負い、川に流されそうになったハイカーを2度救ったアラスカン・ハスキー

 6月中旬、アラスカ州アンカレジ郊外にあるイーグルリバー沿いのクロウパス・トレイルをハイキング中、1人の女性が滑落した。

 岩に衝突し、そのまま雪の上を滑り落ちた彼女はしばらくショック状態で動けなかったが、そこに突然1匹の白い犬が現れる。

 どこからともな…





まつ毛育毛剤通販