知る

うつ病や不安神経症と高い知能に関連性があることが示唆される(米研究)

投稿日:

0_e22

 高い知能は心理学的・生理学的な過度激動(overexcitability)のリスク因子であり、過度激動の影響として高い知能指数と不安神経症・うつ病とに相関があることが発見された。

 これはアメリカ、ピッツァー大学の神経科学者、ルース・カルピンスキー率いる研究チームがMENSA会員3715名を対象にその心の健康を調査して得られた研究である。

 本研究は「才能ある芸術家の創作意欲を掻き立てる鋭敏な意識は、同時に深いうつ状態に引きずり込む可能性がある」ことを示唆している。
続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

各国政府によってUFOが回収されたと陰謀論者が信じて疑わない10の例

 上空に輝く奇妙な発光体の目撃証言は無数にあるし、コンタクト寸前だった事例すらある。結局のところUFOって地球に来てるの?来ていないの?という話になる。

 だが、政府が墜落した宇宙船を回収し、異星人の宇宙船やテクノロジー、あるいは遺体を回収したとい言われて…

ほんじゃオイラが店守ったるわ。傷だらけの野良猫を保護したところ店の用心棒となってくれた(アメリカ)

 アメリカ・デラウェア州に住むテレサさんは今から一年以上前、傷だらけの野良猫に出会った。近所で見かけるその猫は縄張り争いの果てボロボロになり、脚まで折れていた。

 これは放っておけないと、テレサさんは保護しようと試みた。だが野良生まれの野良育ち。警戒心の…

米国初、ヒト受精卵の遺伝子編集に成功

 倫理的な問題が叫ばれつつも、世界各国でヒトの受精卵を操作する研究が行われている。そんな中、アメリカで初めて、ヒト受精卵の遺伝子が編集された。

 悪用すると、とんでもない人間を生み出してしまいそうだが、有効に活用すれば、先天的な異常を抱えて生まれる子供を…

里子に出された猫、元家族をたずねて19km。折角再会できたのに、施設送りにされ安楽死寸前に(アメリカ)

image credit:Facebook
 犬は最初に飼ってくれた家族のことを決して忘れない(関連記事)なんて話もあるが、猫だってやっぱり最初に飼ってくれた家族が恋しいようだ。猫は家につくと言われているので、もしかしたら最初の「家」が恋しかったのかもしれない。

 アメリカ・ノ…

早く預けたはずなのに…空港で預け入れ荷物を早く受け取るための3つの方法【ライフハック】

 飛行機の普及により海外が身近となった。日本からの海外旅行者も年々増加しているという。様々な異文化に直接触れることができる海外旅行は、価値観を見直し、自分を大きくさせてくれる良い機会となる。

 だが旅には荷物がつきもの。何泊も宿泊するとなると、手荷物だけ…



まつ毛育毛剤通販