社会

【朗報】ワイ、執行猶予を勝ち取る

投稿日:

tousa



1 :名無しさん@おーぷん:2017/10/25(水)11:45:46 ID:BZm
今回ばかりは生きた心地がしなかったンゴ…



【朗報】ワイ、執行猶予を勝ち取る
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1508899546/



2 :名無しさん@おーぷん:2017/10/25(水)11:46:00 ID:W5B
なにしたんや




3 :名無しさん@おーぷん:2017/10/25(水)11:46:20 ID:BZm
>>2
迷惑防止条例違反や




4 :名無しさん@おーぷん:2017/10/25(水)11:46:43 ID:Kwt
痴漢かな




7 :名無しさん@おーぷん:2017/10/25(水)11:47:04 ID:BZm
>>4
盗撮やで
しかも二回目




続きを読む

続きを読む

-社会

執筆者:


関連記事

海外「生まれる国を間違えたw」 日本の治安の良さが一目で分かる光景に南米人が衝撃

日本の治安を象徴する存在の1つと言える無人販売所。新鮮な野菜や果物を安価で買える点が無人販売所の魅力ですが、地域によっては、刺身、山魚、ラムネの無人販売所もあるようです。今回の翻訳元の記事では、無人販売所を写した写真に、以下のような言葉が添えられています。「この写真を見た人は、きっと思うことだろう。 『盗まれる心配はないのだろうか?』と。 しかし、日本ではそのような心配をする必要はない。 日本社会

海外「中国は日本が怖いんだよ」 護衛艦『いずも』の空母化を牽制する中国に非難の声

2019年度から始まる新たな中期防衛力整備計画に向け、政府は海上自衛隊最大のヘリコプター搭載護衛艦「いずも」を、戦闘機が発着できる空母に改修する検討に入りました。米海兵隊の最新鋭ステルス戦闘機F35Bが離着艦出来ることが念頭におかれ、将来的には空自機も搭載、運用する構想があることも伝えられています。(小野寺防衛相は26日に行われた記者会見で、「具体的な検討は現在行っていない」と述べている。この件に対し、中国

海外「誰もカンヌに興味ないから!」 カンヌ受賞者を祝福しない安倍総理を仏紙が批判

先日、フランスで毎年開催されているカンヌ国際映画祭で、是枝裕和監督が最高賞のパルム・ドールを受賞しましたが、受賞に対して安倍総理が祝福の言葉を贈らなかったことを、フランスの有力紙・フィガロなどが批判的に伝えています。記事では、「是枝監督はカンヌで権威ある賞を受賞したが、これまで日本人が海外で何か賞を受賞した場合、受賞者に賛辞の言葉を送ってきた日本の首相は、今回ばかりは口を閉ざしたままである」と解説

夫の両親との関係がうまくいかず……不倫・家出の末、1歳の息子の局部を切断した鬼畜母

夫の両親との関係がうまくいかず……不倫・家出の末、1歳の息子の局部を切断した鬼畜母の画像1
病院で手当てを受けている1歳の男児。まだ赤ちゃんなのに……

 厚生労働省が発表した最新のデータによると、全国の児童相談所が2016年度に対応した児童虐待の件数は12万2,578件で、過去最多を記録したという。日本同様、お隣の中国でも児童虐待は深刻な社会問題となっているが、最近は凄惨なものが増えてきているようだ。

「網易新聞」(8月23日付)によると、江西省南昌市の病院に1歳5カ月の男児が緊急搬送されてきたという。男児の性器は切断されており、出血が多く危険な状態で、緊急手術が行われた。幸い、一命を取りとめたが、どうやらこの事件の背景には、男児の母親Aと、舅姑との間における不和があったようだ。

 Aは現在19歳で、15歳のときに同じ村に住む男性とお見合い結婚。2人の子宝に恵まれた。ところが先日、突然、子どもたちと都市部へ出稼ぎに行っている夫を捨て、家出してしまったというのだ。Aは同居する夫の両親との関係がうまくいっておらず、最近は別の男性と不倫関係にあったようだ。その男性と暮らすため家出したものの、結局、うまくいかず、一旦は捨てた家族の元に戻ることになった。

 ところが、舅姑は裏切った嫁を受け入れることに大反対。そのため、Aは彼らに対して強い恨みを抱くようになり、最悪なことに自らが腹を痛めて生んだ我が子に怒りの矛先を向けたというわけだ。事件当日、Aは舅姑が留守中の家に侵入すると、寝ていた男児の性器を包丁で切断。買い出しから戻った舅姑は、陰部から大量の出血をして泣き叫ぶ孫と、その傍らに放置された性器を発見したのだった。

 男児の手術を担当した医師によると「生殖機能が完全に失われたわけではないので、今後成長と共にさまざまな処置を行う」と話しているという。Aは警察の取り調べに対し、「舅姑から嫌われていてつらかった。孫を溺愛していたので、困らせてやろうと思った」と、信じられない犯行動機を口にしている。母親に捨てられた上に、性器まで切断された男児にとって、心と体に受けた傷は一生消えないことだろう。

 一方でAは、15歳で結婚させられ、まだ10代ということもあり、精神的に未熟なことも確かだ。見方を変えれば、これも都市と農村の貧富・教育格差という歪みが生み出した犯罪なのかもしれない。
(文=青山大樹)

海外「なんて気高い国民なんだ」 W杯敗退後も変わらない日本人の振る舞いに賞賛の嵐

日本人のサポーター達が試合後に客席のゴミ拾いをする姿は、海外メディアでも大々的に報じられ、世界的におなじみの光景となりましたが、勝利すら見えていたベルギー戦に最終的に敗れてしまい、悲嘆に暮れている中でも、サポーター達の姿勢は変わることがありませんでした。多くの海外メディアがその様子を取り上げており、英BBCは「絶対的なまでに一流の振る舞い」との見出しで報道。米FOXは「勝敗に関わらず、日本のファンは一流



まつ毛育毛剤通販