中国

日本製リニアの技術を『中国が勝手に使用宣言する』斜め上の展開が発生。パクるんじゃない!とツッコミ殺到

投稿日:

1:ねこ名無し ★:2017/10/25(水) 02:13:06.46 ID:CAP_USER.net

【北京共同】世界最大手の鉄道車両メーカー、中国中車の劉化竜董事長(会長)が24日までに共同通信などのインタビューに応じ、研究開発中の最高時速600キロのリニアモーターカーについて、2020年までに試作車を完成させる目標を明らかにした。

高速リニアは、政府の全面支援を受けながら、国有企業の中国中車が中心となって開発を進めている。JR東海が27年に部分開業を目指すリニアは走行試験では最高603キロを記録しており、これに匹敵する速さとなる。

劉氏は「日本やドイツの優れた技術と中国の強みを組み合わせたものになる」と述べ、日本の技術も活用する方針を明らかにした。

https://this.kiji.is/295497994744169569?c=247599509560559095

http://nordot-res.cloudinary.com/ch/images/295506929479009377/origin_1.jpg
インタビューに答える中国中車の劉化竜董事長(共同)



続きを読む

続きを読む

-中国

執筆者:


関連記事

現代版シルクロード「一帯一路」に参加する中国人労働者の警備に軍隊1万5千人…パキスタンの配慮に「異常だ」の声も!

1: たんぽぽ ★
 《 パキスタン南部カラチで、中国企業関係者が何者かに殺害された事件が波紋を広げている。パキスタンには、現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」参加に伴って中国人労働者の流入が続く一方で、“標的”となる事件が相次ぐためだ。 パキスタンは1…

愛撫されても感じなくなり……妻の豊胸手術が原因でおしどり夫婦が離婚!

愛撫されても感じなくなり……妻の豊胸手術が原因でおしどり夫婦が離婚!の画像1
イメージ画像(Thinkstockより)

 中国で豊胸手術を受ける女性は年間10万人以上に上り、アメリカ、ブラジルに次いで世界第3位の豊胸手術大国になっているという。

 とはいえ、この急激な需要上昇に対して、中国の美容整形業界は正しい知識と技術を持った外科医の数が圧倒的に不足しており、クリニックも玉石混交の状態となっている。中には、数日間の研修を受けただけでいきなり手術を行うニセ医師も数多く存在し、手術失敗の被害も後を絶たない。
 
 そんな中、豊胸手術が原因で夫婦が離婚するという悲劇が起こった。

 章さん(女性)は、浙江省杭州市の美容整形外科クリニックで、2度にわたる美容整形手術を受けた。1度目頬をふっくらさせるための脂肪注入手術で、2度目が豊胸手術。費用は合わせて12万元(約200万円)にも及んだという。

 おっぱいが大きくなって喜んだ章さんとその夫だったが、夜の営みをする段になって異変が起こった。夫におっぱいを愛撫されても、何も感じなくなってしまったのだ。

 そんな妻に対し、夫は次第に嫌気が差すようになり、ついに2人は離婚した。

 章さんは、手術に失敗したことが原因だとして、手術費用の返還を病院側に求めたが、病院側は手術の失敗を認めない。そこで警察に訴えたところ、ようやく費用の一部を返還することに同意したという。

 中国ではここ数年、豊胸手術で胸に入れたシリコンがいつの間にか移動して背中におっぱいができてしまったり(参照記事)、うつぶせになってゲームをしていたら、おっぱいのシリコンが爆発した──などという事件が多発。当局もそのような状況を危惧し、正規の資格を持つ整形外科医の施術を受けるよう人民に訴えかけているのだが、お上の言うことなどに聞く耳を持たない者は多く、料金の安さにつられて怪しい医師や病院で手術を受ける人は、まだまだ多いようだ。
(文=佐久間賢三)

平昌五輪の困窮ぶりに『中国専門家が追い討ちをかける』悲惨な状況に。東京と比べて駄目さを指摘しまくり

1:らむちゃん ★:2017/12/01(金) 21:29:12.05 ID:CAP_USER.net
サーチナ2017-12-01 11:12 http://news.searchina.net/id/1648988?page=1  来年2月の平昌冬季五輪の開催まであと70日ほどとなった。同五輪組織委員会はすでに必要なスポンサーが集まったことを発表し…

中国を侵略した国は25ヶ国もあるのに、なぜ中国人は日本人ばかりを恨み続けるのだろうか!

1: ニライカナイφ ★
 《 日本と中国の間には不幸な歴史が存在することは日中両国の誰もが知ることであり、多くの中国人が歴史問題を理由に日本に対して反感を持っているのもよく知られている。中国はこれまでに英国を始め、日本以外の国の侵略も受けているのだが、なぜ…

夫の両親との関係がうまくいかず……不倫・家出の末、1歳の息子の局部を切断した鬼畜母

夫の両親との関係がうまくいかず……不倫・家出の末、1歳の息子の局部を切断した鬼畜母の画像1
病院で手当てを受けている1歳の男児。まだ赤ちゃんなのに……

 厚生労働省が発表した最新のデータによると、全国の児童相談所が2016年度に対応した児童虐待の件数は12万2,578件で、過去最多を記録したという。日本同様、お隣の中国でも児童虐待は深刻な社会問題となっているが、最近は凄惨なものが増えてきているようだ。

「網易新聞」(8月23日付)によると、江西省南昌市の病院に1歳5カ月の男児が緊急搬送されてきたという。男児の性器は切断されており、出血が多く危険な状態で、緊急手術が行われた。幸い、一命を取りとめたが、どうやらこの事件の背景には、男児の母親Aと、舅姑との間における不和があったようだ。

 Aは現在19歳で、15歳のときに同じ村に住む男性とお見合い結婚。2人の子宝に恵まれた。ところが先日、突然、子どもたちと都市部へ出稼ぎに行っている夫を捨て、家出してしまったというのだ。Aは同居する夫の両親との関係がうまくいっておらず、最近は別の男性と不倫関係にあったようだ。その男性と暮らすため家出したものの、結局、うまくいかず、一旦は捨てた家族の元に戻ることになった。

 ところが、舅姑は裏切った嫁を受け入れることに大反対。そのため、Aは彼らに対して強い恨みを抱くようになり、最悪なことに自らが腹を痛めて生んだ我が子に怒りの矛先を向けたというわけだ。事件当日、Aは舅姑が留守中の家に侵入すると、寝ていた男児の性器を包丁で切断。買い出しから戻った舅姑は、陰部から大量の出血をして泣き叫ぶ孫と、その傍らに放置された性器を発見したのだった。

 男児の手術を担当した医師によると「生殖機能が完全に失われたわけではないので、今後成長と共にさまざまな処置を行う」と話しているという。Aは警察の取り調べに対し、「舅姑から嫌われていてつらかった。孫を溺愛していたので、困らせてやろうと思った」と、信じられない犯行動機を口にしている。母親に捨てられた上に、性器まで切断された男児にとって、心と体に受けた傷は一生消えないことだろう。

 一方でAは、15歳で結婚させられ、まだ10代ということもあり、精神的に未熟なことも確かだ。見方を変えれば、これも都市と農村の貧富・教育格差という歪みが生み出した犯罪なのかもしれない。
(文=青山大樹)



まつ毛育毛剤通販