ニュース

ソフトバンク、ロボットによる業務自動化サービス「SynchRoid」を11月から提供開始へ

投稿日:

ソフトバンクは11月1日からRPAソリューション「SynchRoid」の提供をはじめる。プランは「ベーシックパック」(10ライセンス/月額60万円)と、まずは試してみたいという企業向けの「ライトパック」(1ライセンス/年額90万円)の2種類を用意。

「シンクロナイズとロボットで『SynchRoid』(シンクロイド)。1人1人の作業をシンクロさせ、ロボットで再現する」――ソフトバンクの上永吉聡志RPA推進室長は10月19日、11月1日から提供を始めるRPAソリューションについてそう説明した。

RPAは「Robotic Process Automation」(ロボットによる業務自動化)の略。工場などでブルーカラーの業務が機械に置き換わったように、ホワイトカラーのオフィス業務もソフトウェアロボットで自動化しようという取り組みだ。近年「働き方改革」や「労働人口減少」といった観点で注目を集めている。

SynchRoidは、RPAテクノロジーズのソフトウェアロボット「BizRobo!」をベースに開発した。パソコンでのデータ入力や登録といった時間がかかる単純作業を、「この画面ではこの操作をする」といった処理手順を登録することで、人間の代わりに短時間で処理してくれるという。プログラミングの必要はなく、それぞれの業務に合わせて任せたいことを「代行」させることができる。

続きはソース元から
http://www.itmedia.co.jp/news/spv/1710/19/news128_0.html

https://www.softbank.jp/corp/group/sbm/news/press/2017/20171019_01/


続きを読む

続きを読む

-ニュース

執筆者:


関連記事

三大メガバンク、個人の預金者から口座維持手数料を徴収する検討を始める…年数百円~数千円か

続きを読む

日本企業の6割がAIデータ不足、「動かない頭脳」続出で世界に出遅れ

日本の主要企業の6割が人工知能(AI)運用に欠かせないデータ活用で課題を抱えていることが日経と「xTECH」の調査で分かった。
製品やサービスの開発、事業開拓などAIの用途は新たな分野に広がりつつある。だが必要なデータが不足していたり、データ形式が不ぞろいで使えな…

中国「Googleを締め出したら国内企業がめっちゃ成長してワロタ。米企業に乗っ取られてる日本どんな気持ち?」

中国ではGoogleなどを規制しているが、これが起因して国内企業が急成長しているという。
中国ではGoogle、Facebook、Twitterなど、米国中心のネット検索大手やSNSにアクセスできない。LINE、インスタグラムも使えない。外敵の侵入を防ぐため築かれた「万里の長城」(GreatWa…

NTTデータ本間社長「外国人役員を半数以上にする」

NTTデータの本間洋社長は、フジサンケイビジネスアイのインタビューに応じ、「海外での売り上げを全体の半分以上に拡大し、役員の割合も同程度にする」と話し、23人いる執行役員の半数以上に外国人を起用する考えを示したという。
NTTデータは2017年度に42%…

「セクハラ発言」の財務省事務次官辞任「職責を果たすことが困難となった」

続きを読む





まつ毛育毛剤通販