知る

宇宙のミッシングパーツ「バリオン物質(重粒子)」がついに発見される(米研究)

投稿日:

11_e0

 暗黒エネルギーと暗黒物質の発見に気をとられるあまり、きちんと定義されている粒子のほとんども、いまだ欠けているパーツのごとく行方不明になっているという事実を我々は忘れがちだ。

 だが今、それが銀河同士をつなぐ宇宙の繊細な網の目に隠されているという史上初の確かな証拠が得られた。

 2つの独立した天文学者チームが、それぞれ似たようなアプローチで銀河の間にあるバリオン物質なるものの存在を立証したのだ。
続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

アメリカ軍に新たに宇宙軍を創設。トランプ大統領が国防省に指示

 ドナルド・トランプ大統領が、6月18日に開催された国家宇宙委員会の会議で国防省にアメリカ軍6番目の部門となる宇宙軍の創設を指示した。

 「我々は空軍と宇宙軍という、分離すれど同等の軍を保有するものとする。重要なものになるだろう」とトランプ大統領は発言した。…

周囲のあなたに対する否定的な意見を自分の強みに変える9つの方法【ライフハック】

 他人の意見はなぜ気になるのか? それは私たちが子供の頃から承認欲求を満たすよう条件付けられているからだ。

 他人から承認されれば気分が良くなる。要するに、他人から認められることで、自尊心を満たすことができるのだ。

 一方、進化論的に見れば、私たちの生存…

アメリカでは女性が馬に乗って本を届ける時代があった。女性図書館員「ブックウーマン」(1940年前後)【トリビア】

 第二次世界大戦前の1940年前後、アメリカでは女性図書館員たちが馬に書籍を積み、その本を読みたい人の元へ運んでいたという。

 彼女たちは"ブック・ウーマン"として知られていた。

 馬に鞍をつけ、たいていは夜明けに出発して、雪の積もった丘の中腹やぬかるんだ小川…

7000年前の人類に起きた奇妙な出来事。子孫を残せる男性が激減、女性17人に対してたった1人。その理由とは?

image credit:asunow
 およそ7000年前の新石器時代、人間の遺伝子の多様性に奇妙なことが起こった。

 それから2000年以上、アフリカ、ヨーロッパ、アジアで、Y染色体遺伝子の多様性が減少し、子孫を残せる男性が女性17人に対してたったひとりという状態になったという。

平行線が斜めに見える目の錯覚「カフェウォール錯視」を体感しよう!

 下の図の水平(横)のバーは曲がったり、斜めになっているように見えないだろうか?だが、ペンや定規などを当ててチェックしてみてほしい。

 バーは実際にはまっすぐで、すべて平行だ。

 これは「カフェウォール錯視」と呼ばれるもので、ターゲットパターン(ダーツの…





まつ毛育毛剤通販