電気自動車

世界のEVシフトが加速、内燃エンジンは消滅か

投稿日:

イーロンマスク

世界的なEV移行で、内燃エンジンは廃止に向けて一直線の道のりをたどっているという。

世界的な電気自動車(EV)移行の流れに、英豪系資源大手BHPビリトン(BLT.L)(BHP.AX)と掃除機が有名な英家電大手ダイソンも新たに加わろうとしている。BHPのアーノルド・ボールハイゼン最高商務責任者は26日ロイターに、EVにとって今年は転換点になると語った。

同じ日にダイソン創業者のジェームズ・ダイソン氏は、約400人の同社エンジニアがもう2年余りにわたってEV開発を進めており、2020年までの商業化を見込んでいることを明らかにした。テスラ(TSLA.O)やボルボ(VOLVb.ST)、ゼネラル・モーターズ(GM)(GM.N)、フォルクスワーゲン(VW)(VOWG_p.DE)などがおしなべて新型のEVを発売したり、披露しつつある状況を見ると、もはや内燃エンジンは廃止に向けて一直線の道のりをたどっているかのようだ。

確かに世の中にはEVへ積極的に切り替えようという意思が存在する。ドイツポスト(DPWGn.DE)、ユニリーバ(ULVR.L)(UNc.AS)やイケアなど大手企業10社は先週、ガソリン車をEVに転換する方針を表明した。ただし達成目標時期は2030年とされている。BHPのボールハイゼン氏の見立てでも、現在最大限に数えて200万台のEVが1億4000万台まで増えるのは2035年以降の話だ。またそうなっても、世界の全自動車の10分の1弱でしかない。

EVにとってはコストが大きな問題となる。エバーコアISIによると、バッテリーのみを動力とする自動車の価格は、ガソリン車よりも最大で2万ドル高い。一方で例えばGMの「ボルト」の運転者は年間で300ドルの燃料を節約できる。つまりある程度EVの割高な価格の元を取るまでには最低30年かかる。これは米国における自動車の平均使用期間のほぼ3倍の長さだ。

中略

さまざまな予測をまとめれば、50年後になればほとんどが自動運転機能を備えた電気だけで動く自動車が、市場で販売される一般的なモデルになるのはほぼ間違いないだろう。だとすれば内燃エンジンがなくなるまでにはまだ多くの時間が残されている。

続きはソース元から
https://jp.reuters.com/article/ev-combustion-engine-idJPKCN1C30H0


続きを読む

続きを読む

-電気自動車

執筆者:


関連記事

テスラ車の死亡事故、オートパイロット中だったことが判明

テスラは30日、米西部カリフォルニア州で発生した死亡事故を巡り、事故当時、事故車に搭載された半自動運転機能が作動していたと発表した。
テスラによると、事故は23日午前9時半ごろに発生。半自動運転機能が作動中だったのは、事故車に残された記録を分析して判明し…

日産とNEC、リチウムイオン電池事業を中国企業に売却すると発表

日産自動車は3日、リチウムイオン電池を手掛ける子会社を2019年3月29日付で中国の再生可能エネルギー関連企業のエンビジョングループに売却すると発表した。
NEC(6701)グループとの共同出資会社であるオートモーティブエナジーサプライ(神奈川県座間市)について、…

怒声に週末稼動、モデル3の生産目標を達成したテスラの舞台裏

米電気自動車大手テスラは、週5000台という「モデル3」の生産目標を達成したが、組立工場では、怒声が飛び交い、従業員は週末もシフトに入ることが義務付けられてたという。
米カリフォルニア州フレモントにある米電気自動車(EV)大手テスラ(TSLA.O)の組立工場では…

テスラ、中間管理職など400人をいきなりクビに

米電気自動車テスラ<TSLA.O>が9日以降に中間管理職など約400人を解雇したという。
元社員が13日、ロイターに語った。 テスラは電子メールを通じて、解雇が年次の全社的な評価作業の結果だと説明したが、解雇人数がおよそ400人だったかどうかは明らかにしなかっ…

東芝、EV用のリチウムイオン電池を開発。6分充電で320キロ走行可能の超急速充電

東芝は6分間で充電できる電気自動車(EV)用のリチウムイオン電池を開発した。
負極の材料にチタンとニオブの酸化物を使い、結晶がきれいに並ぶように合成することで、体積あたりの容量を2倍に高めた。短時間の充電で実用的な水準の320キロメートルを走行でき、EVの利…




まつ毛育毛剤通販