電気自動車

世界のEVシフトが加速、内燃エンジンは消滅か

投稿日:

イーロンマスク

世界的なEV移行で、内燃エンジンは廃止に向けて一直線の道のりをたどっているという。

世界的な電気自動車(EV)移行の流れに、英豪系資源大手BHPビリトン(BLT.L)(BHP.AX)と掃除機が有名な英家電大手ダイソンも新たに加わろうとしている。BHPのアーノルド・ボールハイゼン最高商務責任者は26日ロイターに、EVにとって今年は転換点になると語った。

同じ日にダイソン創業者のジェームズ・ダイソン氏は、約400人の同社エンジニアがもう2年余りにわたってEV開発を進めており、2020年までの商業化を見込んでいることを明らかにした。テスラ(TSLA.O)やボルボ(VOLVb.ST)、ゼネラル・モーターズ(GM)(GM.N)、フォルクスワーゲン(VW)(VOWG_p.DE)などがおしなべて新型のEVを発売したり、披露しつつある状況を見ると、もはや内燃エンジンは廃止に向けて一直線の道のりをたどっているかのようだ。

確かに世の中にはEVへ積極的に切り替えようという意思が存在する。ドイツポスト(DPWGn.DE)、ユニリーバ(ULVR.L)(UNc.AS)やイケアなど大手企業10社は先週、ガソリン車をEVに転換する方針を表明した。ただし達成目標時期は2030年とされている。BHPのボールハイゼン氏の見立てでも、現在最大限に数えて200万台のEVが1億4000万台まで増えるのは2035年以降の話だ。またそうなっても、世界の全自動車の10分の1弱でしかない。

EVにとってはコストが大きな問題となる。エバーコアISIによると、バッテリーのみを動力とする自動車の価格は、ガソリン車よりも最大で2万ドル高い。一方で例えばGMの「ボルト」の運転者は年間で300ドルの燃料を節約できる。つまりある程度EVの割高な価格の元を取るまでには最低30年かかる。これは米国における自動車の平均使用期間のほぼ3倍の長さだ。

中略

さまざまな予測をまとめれば、50年後になればほとんどが自動運転機能を備えた電気だけで動く自動車が、市場で販売される一般的なモデルになるのはほぼ間違いないだろう。だとすれば内燃エンジンがなくなるまでにはまだ多くの時間が残されている。

続きはソース元から
https://jp.reuters.com/article/ev-combustion-engine-idJPKCN1C30H0


続きを読む

続きを読む

-電気自動車

執筆者:


関連記事

「テスラは1980年代の自動車業界の失敗を繰り返している」専門家が指摘

テスラのCEOであるイーロン・マスク氏は、生産ラインの過度な自動化に無理があったことを認めたが、専門家は「テスラの失敗は、1980年代の自動車業界と同じ失敗を繰り返している」と指摘している。
Navigant Researchの業界アナリストであるサム・アブエルサミド氏は「テス…

栃木のベンチャー企業、複数のEVを5分で充電できるシステムを開発。中国で実用化へ

宇都宮市のベンチャー企業「エネルギー応用技術研究所」(菅野富男社長)が開発した、電気自動車(EV)の超急速充電システムが中国で実用化される見通しとなった。
同国の大手自動車メーカーなどが出資して山東省で10月に設立された合弁会社が中心となり、充電施設への…

トヨタ、マツダ、デンソーの日本EV連合が誕生へ

トヨタ自動車とマツダ、トヨタグループの部品大手デンソーが、電気自動車(EV)の開発に向け新会社を共同で設立するという。
世界的な環境規制の厳格化を背景にガソリン車からEVへ移行する流れが加速しており、連携して基盤技術の開発を急ぐ。 トヨタとマツダは8月、…

【悲報】政府、自動運転中の事故は車の所有者に賠償責任を負わせる方針

政府は30日、自動運転中の車の事故について、原則として車の所有者に賠償責任を負わせる方針を決めたという。
一般自動車と同じ扱いとする。外部から車のシステムに侵入するハッキングで事故が発生した場合、損害は政府が補償する。自動運転に関する賠償制度の土台が固まり…

テスラ、1兆円超の調達が必要なほどヤバい状況か。ゴールドマンサックスが指摘

ゴールドマンサックスによると、テスラは1兆円超えの資金調達が必要な状態だという。
アメリカの電気自動車メーカー、テスラについて、1兆円を超える資本調達が必要になると、ゴールドマンサックスのアナリストが指摘しています。テスラが目指す中国での生産拠点の建設や新…



まつ毛育毛剤通販