知る

当時発禁処分にされた10冊の名著とその理由

投稿日:

0_e0

 アメリカでは毎年9月末の1週間、発禁本週間(Banned Books Week)がある。これは1982年に米国図書館協会によって制定されたもので、今年は9月24日から30日までだ。
 
 発禁本について闊達に意見を交わしあうことを目的としており、発売禁止や焚書となった理由や歴史的背景を改めて認識することができる。

 この世に不変なものはない。価値観や倫理観は書き換えられていくのだ。

 ここでは名著でありながら当時発売禁止となった10冊の本とその理由を見ていくことにしよう。現在はそのすべてを読むことができる。読書の秋、改めてかつての禁書に触れる良い機会かもしれない。
続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

ネットトラブル。あなたの心をむしばむ誹謗中傷に対処する8つのヒント

 人間生きてりゃ嫌な目にあうこともある。

 どんなに気を付けていても人は過ちを犯すものだ。それを指摘された場合、こちらに非がある場合にはそれを認め、前向きに善処しようとするのが大人の対応というものだ。

 だが中には身に覚えもないまったくのデマである場合も…

自らの体を実験台に遺伝子編集を行う元NASAの生化学者。腕の筋肉の質量を変化させる注射を打つ

 元NASAの生化学者、ジョサイア・ゼイナー(36歳)氏は、自分の遺伝子を変化させるために遺伝子編集ツール「CRISPR」を使用した最初の生体人間となった。

 彼はDNAなどを含んでいるという注射器を自らに注射した。それは筋肉の質量を劇的に増加させる細胞の遺伝子を変化…

飢饉や干ばつ、海面上昇など、気候変動により2050年までに1億4000万人以上が移動を余儀なくされる可能性(世界銀行)

 戦争や紛争、内戦などの影響で移民となる人々は多いが、いよいよその理由として気候変動が加わるかもしれない。

 地球温暖化の影響により、2050年までに1億4000万人以上が移動を余儀なくされる可能性があるとの報告書を世界銀行(World Bank)が発表した。

 飢饉や干ば…

そこは盲点だったわ。「この中にいるペテン師を探せ!」

 動物たちの写真や動画を集めて日々公開している、ポルトガル語のFacebookページににこんな質問とともに、1枚の写真が掲載された。

 「この中からペテン師を見つけ出せ(ハードレベル)」

 そしてすぐさま何千件もの反応があった。
 
 その写真は、部屋の床に置いた…

生後5か月になると売れない。という理由でブリーダーが放棄した犬が輝かしい第二の人生を歩むまで

 犬は人間の親友である。だが犬にとってはどうだろう?全ての人間が犬にやさしいわけではないのだ。虐待や飼育放置など、厳しい環境に追いやられることもある。

 ポメラニアンのバートラムは生後5か月になってしまった。売るには大きくなりすぎたという理由で、ブリーダ…




まつ毛育毛剤通販