知る

当時発禁処分にされた10冊の名著とその理由

投稿日:

0_e0

 アメリカでは毎年9月末の1週間、発禁本週間(Banned Books Week)がある。これは1982年に米国図書館協会によって制定されたもので、今年は9月24日から30日までだ。
 
 発禁本について闊達に意見を交わしあうことを目的としており、発売禁止や焚書となった理由や歴史的背景を改めて認識することができる。

 この世に不変なものはない。価値観や倫理観は書き換えられていくのだ。

 ここでは名著でありながら当時発売禁止となった10冊の本とその理由を見ていくことにしよう。現在はそのすべてを読むことができる。読書の秋、改めてかつての禁書に触れる良い機会かもしれない。
続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

油揚げがおいしいラスクに大変身!市販の材料で簡単につくれるカリカリパイの作り方【ひな祭り】【ネトメシ】

 3月3日はひな祭りだ。愛してる漫画「ヒナまつり」のコミックがこの時期に出るっていう理由で(今年は3月15日)ワクワクしちゃうわけども、女性にとってはいくつになっても、かつて雛を祭った少女時代が懐かしいものだ。たとえ行き遅れて行き倒れ寸前だとしてもね。ふんだ…

うつで不眠になるのではなく、不眠がうつを作る可能性。不眠治療で不安症やうつの症状が緩和されることを確認(英研究)

 不眠治療によって、不安症やうつの症状まで緩和されるらしいことが明らかにされた。

 睡眠の問題は、不安症やうつといった心を病んだ人たちに一般的だ。実際、睡眠障害はよく心の病の1症状だとみなされる。しかし新たに判明したことによると、正しくは実はその反対なの…

左利きの人が日々直面している、ちょっとうんざりな10の事実

 世の中はマイノリティに厳しく作られているんだよなー。人類の約10~15%は左利きだといわれている。10人に1人だ。

 日本だと子ども時代に矯正されるからもっと比率は低いかもしれない。

 かつては「悪魔憑き」だの「行儀が悪い」だのといったあからさまな差別を受け…

何故ここにきた?っていうか意味あんのか?ジムで見かけたおかしな人々

 スポーツジムでの過ごし方は人それぞれだ。筋力をつけるため、汗だくで本気のトレーニングに取り組んでいる人もいれば、常に鏡の前にいて、ポージングしながら自分の筋肉をうっとりと日がな一日見入る人など、私も3日坊主だったジム通いの中で目の当たりにしてきた。

 …

ドクロのような屍の小惑星「2015 TB145」が2018年、再び地球に接近

 2018年、小さな太陽系天体が2015年に発見されて以来となる二度目の襲来を果たす。正式名称を「2015 TB145」というそれは、「ハロウィン小惑星」、「スプーキー(不気味)」という別名でも知られている。

 炭のように暗い「2015 TB145」が一定の条件を満たすとそれはまる…



まつ毛育毛剤通販