知る

当時発禁処分にされた10冊の名著とその理由

投稿日:

0_e0

 アメリカでは毎年9月末の1週間、発禁本週間(Banned Books Week)がある。これは1982年に米国図書館協会によって制定されたもので、今年は9月24日から30日までだ。
 
 発禁本について闊達に意見を交わしあうことを目的としており、発売禁止や焚書となった理由や歴史的背景を改めて認識することができる。

 この世に不変なものはない。価値観や倫理観は書き換えられていくのだ。

 ここでは名著でありながら当時発売禁止となった10冊の本とその理由を見ていくことにしよう。現在はそのすべてを読むことができる。読書の秋、改めてかつての禁書に触れる良い機会かもしれない。
続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

睡眠中、体が動かなくなり悪魔に襲われる。実は多くの人が経験している「インキュパス・サキュバス現象」とは?

 真夜中に邪悪な存在に押し潰されそうになって目を覚ましたことがあるだろうか? それが男の悪魔(夢魔)の襲撃とされる「インキュバス現象」だ。もし女の悪魔の襲来だったら「サキュバス現象」となる。

 この現象は典型的な悪夢のものである。昔からインキュバスは眠る…

夏を涼しく過ごしたい人のための、最も怖い人形が出てくるホラーな映画7選

 そもそも人形は人を模した物体だし、無機物なだけに死の概念とかないし、物騒な魂を宿したら無敵なわけだし、顔の作り方で不気味度は突出するわけだし、ホラー映画の題材として使用されるのも無理はない。

 ということで、これまでの映画作品にでてきた人形で、特に恐ろ…

ネス湖の怪獣「ネッシー」にロマンを求めて。科学者らがネス湖に存在するDNA調査を開始予定(ニュージーランド研究)

 イギリス、スコットランドのネス湖に存在するとされる伝説のUMA、ネッシー。古くから目撃例があり、1934年、外科医のロバート・ケネス・ウィルソンがネス湖で撮影に成功したというネッシーの写真は大々的に報じられ、20世紀最大級のミステリーとして語られてきた。

 だ…

3Dプリンターで人工胎盤が作り出される。本物の胎盤と同じように機能(オーストリア研究)

image credit:Vienna University of Technology
 高解像度3Dプリンターで自然の臓器に似せた人工胎盤モデルが開発された。

 “オーガン・オン・チップ(チップ上の内臓)”と呼ばれる人造胎盤は、母体と胎児との重要な物質の交換を行いつつ、不要な物質の通過は阻害するこ…

天才的なIQを悪事に利用した10人の殺人犯

 ここで紹介する人物は天才的な頭脳に恵まれながらも、それを血も凍る犯罪のために使った殺人者たちだ。

 スタンフォード・ビネー法(スタンフォード改訂増補版ビネー‐シモン知能測定尺度)を用いた知能検査によれば、IQ130~144は天才であり、全体の2.3パーセントしか…





まつ毛育毛剤通販