電気自動車

韓国「電気自動車は遅れたがバッテリー技術は世界レベルだ」

投稿日:

電気自動車の普及速度を左右するものの一つがバッテリー技術だが、この分野で韓国企業が頭角を現しているという。

電気自動車のバッテリーはセル(Cell)、モジュール(Module)、パック(Pack)で構成される。多くのバッテリーセルをモジュールとパックという形態を経て電気自動車に搭載する。バッテリーセルをいくつか集めてモジュールを、またモジュールをいくつか集めてパックを構成する。

中略

このようなバッテリー分野で韓国企業ではLG化学、サムスンSDI、SKイノベーションが頭角を現している。今年1-7月、パナソニックが世界電気自動車バッテリー出荷量の24.9%を占め、1位にランキングされている。2位はLG化学(11.7%)で、サムスンSDIは5位(6.1%)だ。LG化学の出荷量は前年同期比160.7%、サムスンSDIは89.1%増加した。

LG化学はGM「ボルトEV」、ルノー「トゥイジー」などにバッテリーを供給している。サムスンSDIはフォルクスワーゲン「eゴルフ」、BMW「i3」などのバッテリーを生産する。SKエネルギーはダイムラーベンツとバッテリーセル供給契約を締結した。特にSKイノベーションは最近、世界で初めて1回の充電で450キロ走行する電気自動車バッテリーの量産に入ると発表した。世界初の中大型NCM811(ニッケル・コバルト・マンガン比率が8対1対1)で、今年12月からエネルギー貯蔵システム(ESS)に、来年7-9月期から電気自動車バッテリーに適用する計画だ。

以下ソース
http://japanese.joins.com/article/644/233644.html


続きを読む

続きを読む

-電気自動車

執筆者:


関連記事

ヒュンダイのSUV、日産リーフ超え。EV航続500kmへ

2017年6月に発表された韓国ヒュンダイのクロスオーバーSUV『コナ』は、リーフの400kmを超える500kmの航続距離を可能にするという。
『コナEV』(仮称)は、エントリーグレードに39.2kwh、トップグレードに64.2kwhの2種の異なるバッテリーパックを搭載、航続距離は日産『リー…

トヨタ、自動運転に必要なAIソフト研究開発で新会社を東京に設立。1000人体制、3000億円以上投資へ

トヨタ自動車は3月2日、自動運転に必要なAIソフトの研究開発などを手掛ける新会社「Toyota Research Institute Advanced Development」(TRI-AD)を3月下旬までに東京に設立すると発表した。 新会社は、エンジニアの新規採用も重視し1000名規模の体制を目標とするという。

テスラ、1兆円超の調達が必要なほどヤバい状況か。ゴールドマンサックスが指摘

ゴールドマンサックスによると、テスラは1兆円超えの資金調達が必要な状態だという。
アメリカの電気自動車メーカー、テスラについて、1兆円を超える資本調達が必要になると、ゴールドマンサックスのアナリストが指摘しています。テスラが目指す中国での生産拠点の建設や新…

トヨタ主導の日本EV連合にスズキ、スバル、日野、ダイハツが参加。7社に拡大へ

スズキやSUBARU(スバル)、日野自動車、ダイハツ工業はトヨタ自動車が主導する電気自動車(EV)の基盤技術の開発会社に合流することを決めたという。
新たに参加する4社は2018年1月から技術者を派遣する。最新のEV技術を共有し、小型車、中型車、商用車など各…

アウディ、 ハンドルから手を離した状態でも走行が可能な「レベル3」の実用化へ

世界の自動車メーカーが自動運転の開発を急いでいるが、ことしはドライバーがハンドルから手を離した状態でも走行が可能な「レベル3」と呼ばれる技術が海外で実用化される見通しだという。
自動運転の技術は5つの段階に分類され、このうち実用化されているのは衝突を回避…





まつ毛育毛剤通販