電気自動車

韓国「電気自動車は遅れたがバッテリー技術は世界レベルだ」

投稿日:

電気自動車の普及速度を左右するものの一つがバッテリー技術だが、この分野で韓国企業が頭角を現しているという。

電気自動車のバッテリーはセル(Cell)、モジュール(Module)、パック(Pack)で構成される。多くのバッテリーセルをモジュールとパックという形態を経て電気自動車に搭載する。バッテリーセルをいくつか集めてモジュールを、またモジュールをいくつか集めてパックを構成する。

中略

このようなバッテリー分野で韓国企業ではLG化学、サムスンSDI、SKイノベーションが頭角を現している。今年1-7月、パナソニックが世界電気自動車バッテリー出荷量の24.9%を占め、1位にランキングされている。2位はLG化学(11.7%)で、サムスンSDIは5位(6.1%)だ。LG化学の出荷量は前年同期比160.7%、サムスンSDIは89.1%増加した。

LG化学はGM「ボルトEV」、ルノー「トゥイジー」などにバッテリーを供給している。サムスンSDIはフォルクスワーゲン「eゴルフ」、BMW「i3」などのバッテリーを生産する。SKエネルギーはダイムラーベンツとバッテリーセル供給契約を締結した。特にSKイノベーションは最近、世界で初めて1回の充電で450キロ走行する電気自動車バッテリーの量産に入ると発表した。世界初の中大型NCM811(ニッケル・コバルト・マンガン比率が8対1対1)で、今年12月からエネルギー貯蔵システム(ESS)に、来年7-9月期から電気自動車バッテリーに適用する計画だ。

以下ソース
http://japanese.joins.com/article/644/233644.html


続きを読む

続きを読む

-電気自動車

執筆者:


関連記事

イーロンマスクの無茶振りに嫌気、テスラからエンジニアの離反相次ぐ

多くの技術者が「イーロンマスクの下で働きたい」と考えていたが、現在では無茶振りの過ぎるイーロンマスクに嫌気が差し、エンジニアの離反が相次いでいるという。
米電気自動車(EV)メーカー、テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は昨年10月、今後生産する全て…

EVで出遅れてるトヨタ、全固体電池を20年代前半に実用化へ

トヨタ自動車のディディエ・ルロワ副社長は25日、電気自動車(EV)の航続距離を伸ばせるとされる次世代電池「全固体電池」を2020年代前半に実用化する方針を明らかにした。
EV投入で出遅れが指摘されるトヨタだが、実用化できれば競争力は一気に高まりそうだ。 …

テスラ、パナソニックから幹部を引き抜いていた

大規模電池工場「ギガファクトリー」をテスラと共同運営しているパナソニック。両社の関係は良好とみられているが、パナの元幹部を突然引き抜かれるなど、熾烈な攻防が繰り広げられているという。
パナ側から見て引き抜かれた人物は、元副社長で直前まで常勤顧問だった山田…

ヒュンダイのSUV、日産リーフ超え。EV航続500kmへ

2017年6月に発表された韓国ヒュンダイのクロスオーバーSUV『コナ』は、リーフの400kmを超える500kmの航続距離を可能にするという。
『コナEV』(仮称)は、エントリーグレードに39.2kwh、トップグレードに64.2kwhの2種の異なるバッテリーパックを搭載、航続距離は日産『リー…

世界中がEVシフトだけど、それでもPHVのトヨタが勝てる理由「テスラなどは敵ではない」

世界中でEVシフトが進んでいるが、それでもトヨタが勝つ可能性が高いという。なぜなのだろうか。
略 そもそも皆勘違いしていると思うのだが、トヨタもつくっているPHVというのは実はEVそのものにもなるのだ。ガソリンエンジンを回さなければ充電できないハイブリッドに対し…





まつ毛育毛剤通販